RSS | ATOM | SEARCH
随筆集「下町」から 蕎麦

虚誕堂は昨年末、ついに蕎麦好きが高じて食べ歩きから一歩進めて「蕎麦打ち」を趣味に加えた。

 

と言うことで、随筆集「下町」を開いてもついつい「蕎麦」のタイトルを探してしまう。

で、見つけたのが岡本綺堂「新旧東京雑題」。

そこに記されている著者の蕎麦への「想い」「歎き」をいくつか抜き書きしてご紹介する。

 

写真

 

「そば屋は昔よりも著るしく綺麗になった」

「私たちの書生時代には、東京じゅうで有名の幾軒を除いては、どこの蕎麦屋もみな汚いものであった」

「綺麗な蕎麦屋に蕎麦の旨いのは少ない、旨い蕎麦を食いたければ汚い家へゆけと昔から云い伝えたものであるが、その蕎麦屋がみな綺麗になった。そうして、大体においてまずくなった」

「われわれの子供などは蕎麦は包丁で切るものであると云うことを知らず、機械で切るものと心得て食っているが、確かに機械切りの蕎麦は旨くないようである」

「そば切り包丁などという詞はいつか消滅するであろう」

「人間が贅沢になって来たせいか、近年はそば屋で種物を食う人が非常に多くなった。

ほんとうの蕎麦を味わうものは盛か掛を食うのが普通で、種物などを喜んで食うのは女子供であると云うことになっていたが、近年はそれが一変して銭のない人間が盛、掛を食うと云うことになったらしい」

「種物では本当のそばの味はわからない。そば屋が蕎麦を吟味しなくなったのも当然である」

「そば屋では大正五、六年頃から天どんや親子どんぶりまでも売りはじめた。そば屋がうどんを売り、さらに飯までも売ることになったのである。こうなると、蕎麦のうまいまずいなどはいよいよ論じていられなくなる」

 

「わが意を得たり」の一文である。

ただ、これは岡本綺堂が1939年(昭和14年)没の人であることを考慮しなくてはならないだろう。

とは言っても彼の「想い」「歎き」には十分いまでも共感できる。

 

*上記は「綺堂むかし語り」 197812月旺文社文庫所収 38年前の発行

*岡本綺堂 18721939 劇作家、演劇評論家 

 

と言うことで虚誕堂は、旨い蕎麦を求めて「蕎麦打ち」修行始めたところである。

 

 

 

*今日は何の日:ハップル宇宙望遠鏡打ち上げ(1990)

*この日生まれの有名人:つかこうへい(劇作家・1948)

 

*今日の花:紋天竺あおい

*花ことば:決心

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 14:24
comments(0), -
手始めにドングリの木の伐採

虚誕堂の常用手帳にずっと以前から課題として庭木の伐採が記されている。

「槇」、「栗」、「柿」、「棕櫚」、「柘植」、「山茶花」などが対象でいわゆる老前(中)整理の一環として、、、、、。

 

高いところの枝の処理は年々しんどくなってきている。とりわけ不安定な脚立に登っての重いチェーンソウが扱いづらくなってきた。

で、要は背の高い木を半分の高さにしようと云う試みである。すでに「モチの木」は4本すべて地上高2メートルに伐採した。

 

今日は天気も良く気温もそこそこだったので、先ず手始めにドングリの木の高さを半分にした。

この2本は10年ほど前にHAMちゃんたちが手軽にドングリ拾いが出来るようにと、近所の神社から実を10粒ほど拾ってきて植えたものでそれなりに愛着があったのだが、、、、。

 

成長すると、となりの「百日紅さるすべり」に陽が当たらなくなり花の付きようが悪くなった。さらには落ち葉がひどく我が庭のみならず前の市道に落ちることから家人からうとまれていたのだ。

が、イヨイヨ庇いきれなくなって今日の憂き目に。チトつらい作業であった。

 

写真.咼侫ー

写真▲▲侫拭

       

写真チェーンソウの哀れ

 

途中脚立に上って無理な姿勢で作業を続けたが、どこをどうしたものかチェーンソウが幹に当たって、はじけてご覧の状態に。アジャー。

 

しかしこの程度の事故で済んでよかった。

明日は買ったホームセンターへ持ち込みメーカーに入院させねばならない。

 

退院してきたら、一番難儀な「棕櫚の木」にチャレンジするつもり。果たしてどうなりますやら。

 

 

 

*今日は何の日:渋谷駅前、忠犬ハチ公像建立。ハチ公本人(本犬)も除幕式に列席(1934)

 

*この日生まれの有名人:エリザベス女王(女王・1926

*今日の花:やなぎ

*花ことば:胸の悲しみ

author:Jさん, category:-, 10:51
comments(2), -
わが意を得たり

見ても聞いても不愉快になる記者の「質問」がある。

それは長年○○に傾注し功なり名を遂げた人に向かって「あなたにとって○○とはなんですか?」と云うなんとも間抜けな、無意味な、やる気のない、失礼な質問である。

また質問された方も馬鹿正直に一生懸命応えようとする。
見ていてイライラする。そういう馬鹿な質問は無視すれば良いのにといつも思う。

415日の毎日新聞のコラム「記者有情」に我が意を得たり!の一文をみつけた。こう思っている人もいるんだと嬉しくなった。紹介する。

写真

ついでにもう一つ。
子供を殺された父親に「現在のお気持ちを聞かせてください」と言う馬鹿。
こんな質問をした奴には何も応える必要はない。聞いた瞬間、殴り倒せばいいと思う。

こんな人情を解せない記者は即クビにすべきである。
もっとも上記を厳格に適用したら"誰もいなくなった"という会社続出だろうが、、、、、。

 

 

 

*今日は何の日:徳川家康、大往生(1616年 元和2

*この日生まれの有名人:なし

*今日の花:ドイツ菖蒲

*花ことば:快挙

author:Jさん, category:今日の新聞から, 18:44
comments(4), -
今年の花見

昨日「白山神社」の前を通った折にチラと眺めたらもうすっかり散ってしまっていた。

 

9日の日曜に、まだ早いかなと思ったがとりあえず“今年の花見”として行っておいてよかった。

福岡にいたころの花見と言えば大濠公園の福岡城祉が定番スポットであった。開花に合わせて近所のコンビニにはチャント花見弁当が用意されていたものなのだが、ここ大牟田ではいわゆる花見用の華やかな弁当は置いてなかった。

結果、貧しい「助六」ということに。トホホ

 

ここ白山神社は参道に桜のトンネルが出来て見ごたえあるところで、吉野校区では地域一番の名所だが、世間的には無名で大牟田のミニコミ誌でも未だ取り上げたことはない。残念。

 

写真1772トンネル

写真1810神社

写真1791神社

写真1797狛犬

写真1803

写真1789

写真1852

 

うす曇りのなか何枚かの写真は撮ったがパッとしない。

今年も三脚は持って行かなかった。毎年反省しているのだが、、、、。

 

帰り道で、見かけたら必ず押さえておく「風」を拾ったので場所ふさぎにアップする。

 

 

 

*今日は何の日:熊本地震(2016)

今日で1年。避難なお4万7725人と毎日新聞が報じている。

*この日生まれの有名人:桜田淳子(元歌手・1958)

この方にはお世話になった。
その昔、虚誕堂の氏名の「名」を他人に告げるとき、年配者には伴淳三郎の「淳」といい、若い人には桜田淳子の「淳」と云っていたのだ。
近々復帰なさるとのこと、ご同慶の至り!

 

*今日の花:あさがお(白)

なぜ4月に「あさがお」?とは思うのだが、、、、、

*花ことば:喜びあふれ

author:Jさん, category:-, 12:50
comments(3), -
随筆集「下町」から 「かわたれ時」

このところ暇が出来ると随筆集、日本の名随筆「下町」(作品社 沢村貞子編)に手が出る。

 

随筆集の良いところは、まずそれぞれの作品が短い。短編小説よりはるかに短い。

もちろんどこから読み始めてもよい。だから細切れ時間の暇つぶしに最適なのである。

 

写真

 

虚誕堂は東京に住んだことはないが、ないからこその強い憧れがある。とりわけ下町に。

パラパラとページをめくるうちに「路地」(野口冨士男 著)と云うタイトルに惹かれて読み始めた。するとすぐに「かわたれ時」に出会った。はじめてみる言葉だった。

 

文の前後から「夕刻」「薄暮のころ」と推測できた。

ならば「たそがれ時」じゃないかと思ったところで、「誰(た)そ彼(かれ)」の引っくり返しの「彼(か)は誰(たれ)時」ではないかと気がついた。

 

初めて出合った言葉だが、こういう表現もあるのかと調べてみた。

しかしそこには、「たそがれ時」は夕刻に使い、「かわたれ時」は多くは明け方に使うと出ていた。でもこの用法も間違いではないようだ。

 

せっかく知った言葉なので、近々、何かの折に使ってみようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:日本女性が初めて選挙権を行使し、女性代議士39人誕生(1946)

*この日生まれの有名人:和田アキ子(タレント・1950)

虚誕堂がポンプメーカーの京都営業所で仕事をし始め、京都府乙訓郡長岡町に居を移した昭和43年のころ、和田アキ子の「どしゃ降りの雨の中で」が流行っていた。

 

*今日の花:つるにち草

*花ことば:楽しき思い出

author:Jさん, category:気になることば, 18:54
comments(6), -
落語の構造

「老前整理」なることばがある。

いまそれに倣って身の回りの整理に勤しんでいるのだが、虚誕堂の場合はさしずめ「老中整理」といったところ。

 

その一つに、今後使うか見るか分からないファイルの整理(廃棄)がある。

このPDFもゴミ箱行き寸前に、ブログにアップしてから捨てても遅くはないと思いなおしたものの一つ。

 

「構造」とは分かりにくいだろうとは思うが、少なくとも一人芝居との違いの説明にはなっている。なるほどそういうことか。

 

写真

 

虚誕堂は新作系の人は苦手だったが、この一文を読んで春風亭昇太を見直したし積極的に聴くようになった。

 

PCの中のファイルを捨てるには、いちいち開いて見てみなければならないのが難儀。

ただ日付とタイトルだけ見て エイ、ヤッと捨てる勇気は今のところはない。

 

マァぼちぼちやるしかないようだ。トホホ。

 

 

 

*今日は何の日:労働基準法公布(1947)

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:アジアンタム

*花ことば:上機嫌

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 09:39
comments(4), -
Mちゃんの作品

AちゃんとMちゃんは始業式まで結構、日数が残っているのに31日福岡に帰った。

1日にドッジボールの試合がるとあるとのことで、、、、。

 

オセロや囲碁にも飽きたのか、虚誕堂が新陶会の例会から戻ると自分も何か作りたいとノタマッタ。

作陶の一から教えるのはチト難儀だな、と思ったがムゲニ断るのもナンだから、粘土とロクロを与えてしばらく様子を見ていたら、ナント器を一つ作ってしまった。

「玉造り」と言うこともあるが、手際もよかった。

 

ビックリして聞いてみた。

保育園の年長さんのころいくつも作ったことがあるとの答え。

その時から2年以上は過ぎているだろうに、覚えているものらしい。感心した。

 

写真

写真

写真

 

次回の来訪から、オセロ、囲碁に続いてこの時間は定番化することになったようだ。

ただ見ているだけでよいのだからお安い御用ではある。

 

 

 

今日は何の日:「仮面ライダー」放映開始(1971)

*この日生まれの有名人:金田一晴彦

*今日の花:ラッパ水仙

*花ことば:尊敬

author:Jさん, category:身辺雑記, 16:18
comments(5), -
もう一人の「祖父」

先日24日、安倍晋三の祖父は「悪人」と断じたが、よくよく考えると祖父に当たる人はもう一人いたのだ。ここに先日の安倍の祖父「悪人」説を少し訂正する。

 

気付かされたのは青木理 著「安倍三代」(朝日新聞出版 1728円)の毎日新聞326日朝刊の書評(中島岳志 評)であった。

安倍首相の祖父と言えば、母方の岸信介が思い浮かぶし、また安倍首相自身が繰返し言及して来たが、しかし、彼にはもう一人、祖父がいる。父方の安倍寛(かん)である。

 

「安倍三代」には

『寛は戦前・戦中に衆議院議員を務め、平和主義者で反戦を貫き、東条内閣の方針に真向から刃向かった。庶民目線で「富の偏在」に憤り、権力の専横に全力で抗う反骨者として地元から敬慕された』

と記されている。

 

勿論、先日「悪人」と断じたのは母方の「岸」を想定していたのだが、もう一人、悪人どころか立派な祖父がいたと知った。

ここに、安倍晋三の祖父の一人は「悪人」、もう一人は「善人=正義の人」と訂正させていただく。

しかし、安倍晋三に「寛」のかけらも伝わっていないのは本当に残念なことである。

 

この書、青木理 著「安倍三代」は是非読んでみたいがチト高価。さっそく大牟田市立図書館にリクエストさせてもらうことにした。

<書評に興味をお持ちの方は、PDFを添付しますので拡大してお読みください>

 

写真

 

 

 

*今日は何の日:福岡ドーム完成(1993)

*この日生まれの有名人:デカルト(哲学者・1596)

近代哲学の父。ただ虚誕堂にとっては「でかんしょ節」の「デ」としてのみ知る人。

*今日の花:くろたね草

*花ことば:夢路の愛情

author:Jさん, category:身辺雑記, 09:14
comments(6), -
春休み AM来訪

春休み。AちゃんとMちゃんが来た。

 

Hくんは部活と塾で残念ながら4月3日から来ることに。

二人を連れて畑に出てみたらなんと「蕗の薹」が、、、、。

今年はもう終わったとばかり思っていたが折角なので収穫体験をさせた。

これくらい大きくなると美味しくはないのだがチョットした思い出作りになるのかと、、、、。

 

ひと回りしたらニラやセリも出ていた。ニラ玉を作ろう。

 

写真

忘れたころに出てくる

 

写真

記念写真

 

写真

大きな栗の木の下で

 

写真

畑の隅にラッパ水仙が、、、、

 

 

明日はまだ少し早いのかもしれないが二人を連れて南関の桜の名所「大津山」まで。

車で行くと飲めない。しかし歩いて行けるところではない。残念。

 

 

 

*今日は何の日:日本が国際連盟脱退(1933)

*この日生まれの有名人:遠藤周作(作家・1923)

*今日の花:きんちゃく草

*花ことば:援助

author:Jさん, category:-, 22:09
comments(7), -
連日の「珍獣の闘い」鑑賞 それもテレビで無料!

イヤナニほかでもない例の「籠池泰典」と「安倍晋三」の闘いである。

ハブとマングースの闘いと言ったら、ハブもマングースも嫌な顔をするだろうが、、、、。

 

今展開中のこの闘いがユニークなのは、闘いと言えば普通、「正」と「邪」の闘いで、キット正義が勝つ!と手に汗を握るのだが、この闘いは「邪」と「邪」の闘いである。

 

8億円もの値引きをさせ、園児を虐待する異常者・ペテン師「籠池」も憎いが、祖父の代からの悪人「安倍」も許し難い存在。

やることなすこと皆おかしい安倍だが、「私人」である夫人に公務員5人を秘書としてつけているなどこれも許せない。

 

虚誕堂にとってはどっちが勝ってもクルシューナイのだが、連日の証人喚問での野党の追及の甘さにはイライラが募る。

 

どっちも負けて欲しいのだが、さてどういう結末になるのやら大いに楽しみにしている。

 

 

 

*今日は何の日:壇ノ浦の合戦。平家滅亡(1185)

*この日生まれの有名人:なし

*今日の花:はなびし草

*花ことば:希望

 

author:Jさん, category:-, 20:20
comments(1), -
とあるデタラメ幼稚園の「功罪」

いま、例のでたらめな幼稚園の騒動で喧しい。

 

閑に任せてその功罪を考えた。
「罪」はあきれるばかりに枚挙にいとまがないが、よくよく探せば「功」もあった。


即ち「忖度」「おもんぱかる」の意味を世の中学生に広めたことは大きいと思う。
これ以上の教材はないと言える。
早い話が、役人がいかにヒラメであるかを再認識させてくれたのだ。

 

これ以外に何かないかをいま考えているが、思いつかない。
ただ、この事件、本当のところは「忖度」ではなく最高権力者の「指示」だったとの結論になるような気がしているのだが、、、、。果たして。

 

 

 

*今日は何の日:地下鉄サリン事件、死者12人(1995)
*この日生まれの有名人:上岡龍太郎(タレント・1942)
*今日の花:チューリップ(紫)
*花ことば:感謝

author:Jさん, category:-, 23:59
comments(4), -
県名

図書館でHAM兄妹の「Mちゃん」に読ませようと手に取ったのがこの絵本。

 

虚誕堂は「県名」に関してはいつも二つのことを思い出し悔しい思いをしている。

一つは、行ったことがない県が4つあること。

四国の「愛媛」と北陸の「福井」、「石川」、「富山」の4県。これが残念でならない。

昔、京都に住んでいたころ行けば良かったのに、の後悔がある。

だがよくよく考えるとその頃は社会人になりたてで、時間もお金もなかったのだからショウガナイのだ。

 

虚誕堂の余命は10年と思い定めているのだが、なるべく早く上記4県の豪遊をしたいものだと考えている。

ただその前に「宝くじ」に当たることが必要なのでその時期は定まっていない。

 

もう一つが、行ったことはあるのだがなぜか縁が薄くそれぞれ1、2回訪れただけなので、その位置関係がゴチャゴチャして未だに頭の中でチャンと並べることが出来ないのが関東の「栃木」、「群馬」、「茨城」の3県。

ただ埼玉、神奈川、千葉は東京隣接と言うこともあり、また再々訪れたのでこれはチャンと並べることが出来る。

 

 

写真

写真

写真

 

この絵本を発見したので、今コピーして机の前に貼り付けて眺めている。

今日中には頭の中の整理を完了したいと思っているのだが、、、、。

 

 

 

*今日は何の日:太平洋戦争下、硫黄島の日本軍全滅(1945)

*この日生まれの有名人:土井健郎(精神医学者『甘えの構造』・1920)

*今日の花:豆の花

*花ことば:必ず来る幸福

author:Jさん, category:-, 09:55
comments(1), -
気にはなっていた「蕗の薹」

もうそろそろかな?と思ってはいたが寒さに負けて一日延ばし。

 

ぽかぽか陽気に誘われて畑へ出てみた。

じっと目を凝らしてみてみたらアチコチに蕗の薹が立っていた。

今年も適期を逃してしまったようだ。

見ると15本ほどの蕗の薹が恨めし気にこちらを見ていた。

4、5日遅れたのだろうか。

 

写真

写真

写真

写真

 

昨年の失敗を今年も重ねてしまった。

畑に出たついでに、何かを植えるあてなど無いが、とりあえず「コマメくん」を動かしてみた。

 

明日にでもホームセンターで今どんな苗を売っているのか眺めてみよう。

 

 

 

*今日は何の日:近藤勇ら、新選組を結成(1863)

*この日生まれの有名人:吉永小百合(女優・1945)

*今日の花:野かんぞう

*花ことば:愛の忘却

author:Jさん, category:-, 16:39
comments(0), -
もぐもぐ蕎麦

カクテイシンコクを含めて煩わしいことがいくつか片付き、やっと蕎麦を打つ気になった。

 

127日以来の2回目だが手順は忘れていなかったし、前回の約2/3の時間で打ち上げることが出来た。少し前進。

ただ400gの「そば粉」と100gの「小麦粉」に215CCの水を用意していたのだが、何故かそば粉が纏まらない。仕方がないので追加の水20CCを加えて凌いだ。

 

写真

あるべき姿は長方形だが、、、、

 

写真

重い「蕎麦切り包丁」をまだまだ自在には扱えない  

で、等間隔には切れない

 

写真

等間隔に切れてもその幅が広い

 

写真

前回同様の麺の固さとなった

虚誕堂にとっては固すぎる  盛岡の「食道園」の冷麺並みの固さである  トホホ

「二八そば」の二に中力粉を使ったが、次回は薄力粉に替えてみよう

 

前回も記したが、麺の細さ(太さ)の問題そしてその固さも手伝い、お店の蕎麦のように“つるつる”とすすることは出来ず、今回もまた、もぐもぐとしっかり噛んで食べる蕎麦となった。

残念な気もするが、コレはコレで素人らしさ満載の、お店では味わえない「味」と言える。

とは、マァ負け惜しみではあるが。

 

蕎麦を美味しくいただくには、「挽きたて」「打ちたて」「湯がきたて」の“三たて”を良しとするが、自分で打てばそのうちの「二たて」までは手に入る。

まだ「そば粉」は残っている。引き続き明日も400gを打って見ようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:道昭和尚、わが国初の火葬に(700)

道昭和尚は、653(白雉4)年5月に遣唐使の第一船で渡航し、『西遊記』の三蔵法師のモデルになった玄奘三蔵のもとで法相宗を学び、多くの経典とともにこれを日本に招来した。

 

*この日生まれの有名人:渥美清(俳優・1928)

*今日の花:にれの木

*花ことば:高貴

author:Jさん, category:-, 14:18
comments(1), -