RSS | ATOM | SEARCH
今日の川柳・俳句(毎日新聞 朝刊)から

まず最近かじり始めた「俳句」から、、、、、。

 

選者の櫂未知子さんが書いておられた。

この頃、気になっていることがある。それは、「とにかく心配性な句が増えたこと」。

場所も時刻も全部特定しないと不安である、というように。

俳句は新聞の記事ではないから、あれこれ情報を盛り込む必要はない。ただ、何をつかんでくるか、のみだろう。

俳句は情報を伝える手段ではなく、声高に自分をアピールするための舞台でもない。

 

こう主張される選者が選んだのが次の句。

春の月 良書に出合ひたるごとく  友岡子郷

 

次は「川柳」。

刑務所の五年は省く立志伝  川越 麦そよぐ

お上からかたじけなくもはした金 取手 崩彦

 

朝から「俳句」も、「川柳」も好きな句に出合えて何か得した気分となり、つい酒に手が出そうになったが、今日は近くの団地集会所での「囲碁」の日。

思い出してよかった。

 

 

 

*今日は何の日:天皇・皇后、戦後初の靖国神社参拝(1952)

*この日生まれの有名人:阿川泰子(じゃず・シンガー・1951)

*今日の花:こけバラ

*花ことば:無邪気

author:Jさん, category:気になることば, 17:26
comments(6), -
「しかしながら」

「しかし」に似たことばで「しかしながら」があるが、現在、この二つのことばは同じ意味で使われている。

 

そりゃそうだろう、「しかしながら」から「ながら」を省略しただけだから、、、、、と思って読み進めるとこれが大間違いだった。

 

写真

文春文庫 高島敏男 著

 

確かに「しかし」は「しかしながら」の縮小形ではあるが変な切り方の「縮小形」であり、それはtele-vision テレジョン を「テレビ」としたのにさも似たりであるとのこと。

つまり「しかしながら」は「しかながら」であり、「全部ひっくるめて」という意味となる。

「しか」は「そのように」の意。

「しながら」の「し」は「す」の連用形、、、、、、、などの文法の話が続くが省略する。

<詳しくは同書の304ページをご覧ください>

 

また「全部ひっくるめて」の「しかしながら」が「それはそうだけれども」の意味に変化するについても詳しく述べられているが、これも長くなるので省略。

 

面白いと思ったのは、上記の短縮のやり方と、「しかし」が必ずしも逆接ではない使い方もあり、即ち「しかしよく降るねえ」とか「会社やめたんだってね。しかしこれから何でメシ食うの?」などの使用例が挙げられていたこと。

 

「週刊文春」連載をまとめたもので、この他、面白いはなし満載である。お勧めする。

 

 

 

*今日は何の日:国民唱歌、放送を開始。第1回「海ゆかば」(1937)

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:しもつけ草

*花ことば:整然とした愛

author:Jさん, category:気になることば, 15:54
comments(8), -
「わび」と「さび」

この二つの言葉はよく聞く言葉だが、似た感じであり、何かしら近い言葉だとはぼんやりと理解していたがその意味は良く分かっていなかった。

 

辞書で「侘び」を引くと茶道・俳句が理想の境地として求める質素で落ち着いた趣とあり、おなじく「寂」は古びたものに感じられる、落ち着いた趣、とでる。

が、あまりピンと来ない。

 

ところが最近教えてもらったピンタレストPinterest をヒマに任せて眺めていたらたまたま遭遇した図解が良く出来ていた。よく理解できた。

 

写真

 

ということで虚誕堂の無知を、恥をさらしつつ、雑記帳にアップすることにした。

ところで「ピンタレスト」なるもの暇つぶしにはモッテコイです。雑学の宝庫です。

 

まだの方はぜひインストールされることをお勧めしたい。

 

 

 

*今日は何の日:革命家チェ・ゲバラ、ボリビア山中で射殺された(1967)

*この日生まれの有名人:ジョン・レノン(音楽家・1940)

ここ大牟田の虚誕堂事務所から徒歩10分のお寺にジョン・レノンの親戚のお墓がある。

 

*今日の花:ういきょう

*花ことば:賞賛

author:Jさん, category:-, 16:31
comments(4), -
最初の「柱のキズ」

千葉の双子ちゃん一行は29日(金)の夕方大牟田入りして3日(火)の朝、次の訪問先糸島市へ。

 

最終日の2日は満1歳を記念して最初の柱のキズを印した。ついでに体重も測定。

Tくん 70センチ 8.75

Uくん 73センチ 9.75

身長も体重も二人の差はなかなか縮まらない。

マアこれが二卵性双子の個性なんだろうと考えることにした。

 

写真

柱のキズ

 

昨日あたりから何やら肩に違和感が、、、、。

言うまでもないが、「ベビーサークル」に抱えて入れたり出したり、そして抱っこをしての外歩きの影響がジワリと出てきているようだ。

 

写真

Tくん

 

写真

Uくん

 

そのレンタルのベビーサークル『キッズランド』を朝から久留米市まで返却に行ったが、帰り道、筑後市に入ってすぐに気になるたたずまいのお蕎麦屋さん「蕎麦DINING・禅」を発見した。

もちろん素通りは出来ない。時計を見ると1220分。時分時。

 

カンは当たった。メニューに「十割そば」もあった。が、事前予約制だった。残念。

単品で「ザル蕎麦」をチェックするつもりで入ったが、猛烈な空腹感あり。つい「定食」を注文していた。

 

写真

そば定食

 

ところでその双子ちゃんたち、夕方、千葉から無事着いたとの連絡あり。一安心した。

彼らに長旅の疲れが出ないことを祈っている。

 

 

 

*今日は何の日:世界初のトーキー映画『ジャズ・シンガー』封切り(1927)

*この日生まれの有名人:孫文(中国の政治家・1866)

*今日の花:はしばみ

*花ことば:仲直り

author:Jさん, category:身辺雑記, 23:08
comments(4), -
「深夜食堂」のレシピから

双子ちゃんがやって来ていて、いまだドタバタが続いている。

 

29日の前夜祭、30日の「祝い」本番、その夜のMママの「三菜屋」デビュー、昨日も今夜も普通の飲み会と続いている。いささか以上に飲み過ぎているナア。

 

飲み過ぎで頭が回らない。何も書くことがない。そこで「深夜食堂」で学んだ「シメの簡単料理」レシピをいくつか紹介させていただくことに。

いくら簡単の冠を載せても「料理」とは言い難いものではあるが、、、、、。

 

写真

写真

 

  • 猫まんま 

炊き立てのアツアツごはんに、かつ節を乗せて醤油をタラリ。

「魚沼産のコシヒカリ」、「枕崎の本枯れ節」であればこれはもうサイコー。

 

  • バターライス

炊き立てのアツアツごはんの中にバター大匙一杯を入れて、上からごはんでフタをして30秒じっと待つ。そしてキッコーマンの辛い醤油を数的たらす。

おそらくバターは「有塩バター」であろうからもうすでに辛い。したがって醤油は数滴にとどめるヨロシ。

 

  • 卵かけごはん

前日から辛いキッコーマンなどの醤油に漬けておいた卵黄をご飯を掘って埋め込みフタをして30秒待つ。できれば本枯れ節を削っておいたものを乗せる。

 

今日はこのどれかを試してみよう。

 

 

 

*今日は何の日:オリンピック記念千円硬貨発売(1964)

*この日生まれの有名人:ガンジー(思想家・1869)

*今日の花:あんず

*花ことば:はにかみ

author:Jさん, category:-, 15:58
comments(2), -
おたんじょうびのうた

千葉から双子のTくんUくんがやって来た。飛行機と新幹線を博多で乗り継いで初めての大牟田入り。

 

明日は彼らの満1歳の誕生日。

嬉しい楽しい誕生会の日とすべく、いろいろ準備を重ね指折り数えて待っていたのだがやっとその日が来た。

 

あす「誕生祝いの会」の席で歌う「おたんじょうびのうた」を彼らの大伯父である京都山科の「hama」さんから贈っていただいた

 

写真

おたんじょうびのうた

 

1番の○○○はTちゃん、2番の○○○はUちゃんと歌うことに、、、、、。

 

「楽譜」だけでなく、HAM兄妹のAちゃんMちゃんのピアノ伴奏もアップしたいところだが、演奏のMP3をいったんYou Tubeにアップしてそれをこのブログに取り込むという作業が必要とのことで、残念ながら虚誕堂のスキルでは叶わなかった

 

明日祝いの席にAちゃんMちゃん姉妹がいたらピアノで伴奏となるのだが、あいにく運動会との関係でムリ。といって虚誕堂もピアノはムリ。

となると、ショウガナイまだ人前で吹くのは恐れ多いことだが「篠笛」での伴奏となりそうである。

 

写真

到着直後の「ふたり」

 

歩き始めてすでに1カ月。彼らの手が届くところの危険物は取り除いたつもりだが、目は離せない。

 

明日は美味しい酒になりそう。もちろん虚誕堂のハレの日の酒「浦霞 禅」を用意している。

 

 

 

*今日は何の日:富士通ゼロックス初の国産電子複写機を完成(1962)

*この日生まれの有名人:林隆三(俳優・1943)

*今日の花:林檎

*花ことば:名声

author:Jさん, category:-, 19:56
comments(5), -
「深夜食堂」

いま「深夜食堂」にハマっている。

 

ことの発端は毎週金曜日にTSUTAYAは虚誕堂に(正確には60歳以上の人に)DVD1枚無料にしてくれるので、その1枚をどれにするか店内をウロウロしていて、たまたま「深夜食堂」のタイトルが目に入ったことからである。

 

それまで何の予備知識もなかった。ただ主演が好きな俳優 小林薫だったので借りた。

1枚はすでにシリーズの途中まで来ている(観ている)「刑事コロンボ」を決めていたので仮にこれが駄作であっても無料だから、、、、と気軽に借りた。

ところがこれがメッポウ面白い。

映画版の 正・続を観て、次にテレビドラマのシリーズのDVDを借り続けている。

 

店の主人は「小林薫」、常連さんに「オダギリジョー」、「不破万作」、「松重豊」などが脇を固めてのシッカリした作り。

毎回ゲストの客にまつわる話が展開されて、その客が注文する料理が美味しそうに出てくる。

一言で言って「三丁目の夕日」の世界。

 

少し調べたところ原作は「ビッグコミック」に連載された安倍夜郎「深夜食堂」。

ドラマはTBS系の、福岡ではRKBで将に「深夜」放映されていたようだ。

毎回客が注文する料理のネタ本が飯島奈美「『LIFE』なんでもない日、おめでとう!のごはん」と知った。

 

さっそくブックオフに走り「原作のマンガ」を、アマゾンで「レシピ本」を入手した。

 

写真

DVD「深夜食堂」

 

写真

原作のマンガ

 

写真

毎回紹介される料理のレシピ本「LIFE

 

毎週金曜日に、2枚(1枚は有料、1枚は無料)を借りているが、シリーズは4部まで製作されているので今しばらくは楽しめそうである。

 

未見の方には ゼヒお勧めしたい。

 

 

 

*今日は何の日:アイヌ文化研究家の更科源蔵、81歳で没(1985)

*この日生まれの有名人:石橋湛山(政治家・1884)

*今日の花:カラス麦

*花ことば:音楽が好き

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 19:38
comments(5), -
今年の栗

今日、もうそろそろかナと思って畑に出てみたら案の定、畑のアチコチにそれも、今年は落下する前に栗の木の下の草を刈らなかったので、草丈3040センチの雑草の根本にハジケタ栗のイガが落ちていた。だからパッと見には分からない。

 

よく見ると栗のイガは弾けているがその付近に栗の実は見当たらない。

何者かが持って行ったに違いない。

栗と云えば「リス」だが、この辺でリスが出るとは聞いたことがない。

毎年不思議に思っていたので今年はいよいよネットで調べてみた。

 

「栗を食べる動物」で検索すると同じような疑問で投稿した人があった。

 

『 リス以外にも栗を食べる動物はいますか?自然公園内に栗の木を植えて収穫ができるようになりました。
何者かが地面に落ちた栗か樹上の栗か分かりませんが、地面にイガだけの中身の無い栗が残されています。
中身をとったのは誰なのかしらと知りたいのですが、人間の他はリスさんでしょうか?
りすさん以外でも栗を食べる動物・鳥類はいますか? 』

 

いくつもの回答があった。

それによると犯人は

クマ、リス、イノシシ、タヌキ、サル、キツネ、ハクビシンなど挙がっていたがどうもピンとこない。我が畑で見たことがない。

引き続き探すとカラス、ネズミ、ネコがあった。これならあり得る。

特にネコは、畑をわがもの顔に歩く「ノラネコ2匹」、「飼い猫1匹」がいる。

 

で、今朝草をかき分け拾ったのはコレだけ。

 

写真

 

今後も落ち続けるだろうが、探すのに難儀するし今年は裏年のようで実も小さい。ということで今年の残りはカラス、ネズミ、ネコ達にプレゼントすることとした。

 

来年は早めに下草刈りをして、さらにブルーシートを広げていっぱい収獲することにしよう。

 

 

 

*今日は何の日:会津若松松城(鶴ヶ城)、降伏開城(1868)

その昔、雪の降る日に訪れたことがあった。

その時の写真を探しているが未だ見つからない。

 

*この日生まれの有名人:吉田茂(政治家・1878)

*今日の花:こばん草

*花ことば:興奮

author:Jさん, category:身辺雑記, 16:44
comments(3), -