RSS | ATOM | SEARCH
随筆集「下町」から 蕎麦

虚誕堂は昨年末、ついに蕎麦好きが高じて食べ歩きから一歩進めて「蕎麦打ち」を趣味に加えた。

 

と言うことで、随筆集「下町」を開いてもついつい「蕎麦」のタイトルを探してしまう。

で、見つけたのが岡本綺堂「新旧東京雑題」。

そこに記されている著者の蕎麦への「想い」「歎き」をいくつか抜き書きしてご紹介する。

 

写真

 

「そば屋は昔よりも著るしく綺麗になった」

「私たちの書生時代には、東京じゅうで有名の幾軒を除いては、どこの蕎麦屋もみな汚いものであった」

「綺麗な蕎麦屋に蕎麦の旨いのは少ない、旨い蕎麦を食いたければ汚い家へゆけと昔から云い伝えたものであるが、その蕎麦屋がみな綺麗になった。そうして、大体においてまずくなった」

「われわれの子供などは蕎麦は包丁で切るものであると云うことを知らず、機械で切るものと心得て食っているが、確かに機械切りの蕎麦は旨くないようである」

「そば切り包丁などという詞はいつか消滅するであろう」

「人間が贅沢になって来たせいか、近年はそば屋で種物を食う人が非常に多くなった。

ほんとうの蕎麦を味わうものは盛か掛を食うのが普通で、種物などを喜んで食うのは女子供であると云うことになっていたが、近年はそれが一変して銭のない人間が盛、掛を食うと云うことになったらしい」

「種物では本当のそばの味はわからない。そば屋が蕎麦を吟味しなくなったのも当然である」

「そば屋では大正五、六年頃から天どんや親子どんぶりまでも売りはじめた。そば屋がうどんを売り、さらに飯までも売ることになったのである。こうなると、蕎麦のうまいまずいなどはいよいよ論じていられなくなる」

 

「わが意を得たり」の一文である。

ただ、これは岡本綺堂が1939年(昭和14年)没の人であることを考慮しなくてはならないだろう。

とは言っても彼の「想い」「歎き」には十分いまでも共感できる。

 

*上記は「綺堂むかし語り」 197812月旺文社文庫所収 38年前の発行

*岡本綺堂 18721939 劇作家、演劇評論家 

 

と言うことで虚誕堂は、旨い蕎麦を求めて「蕎麦打ち」修行始めたところである。

 

 

 

*今日は何の日:ハップル宇宙望遠鏡打ち上げ(1990)

*この日生まれの有名人:つかこうへい(劇作家・1948)

 

*今日の花:紋天竺あおい

*花ことば:決心

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 14:24
comments(4), -
落語の構造

「老前整理」なることばがある。

いまそれに倣って身の回りの整理に勤しんでいるのだが、虚誕堂の場合はさしずめ「老中整理」といったところ。

 

その一つに、今後使うか見るか分からないファイルの整理(廃棄)がある。

このPDFもゴミ箱行き寸前に、ブログにアップしてから捨てても遅くはないと思いなおしたものの一つ。

 

「構造」とは分かりにくいだろうとは思うが、少なくとも一人芝居との違いの説明にはなっている。なるほどそういうことか。

 

写真

 

虚誕堂は新作系の人は苦手だったが、この一文を読んで春風亭昇太を見直したし積極的に聴くようになった。

 

PCの中のファイルを捨てるには、いちいち開いて見てみなければならないのが難儀。

ただ日付とタイトルだけ見て エイ、ヤッと捨てる勇気は今のところはない。

 

マァぼちぼちやるしかないようだ。トホホ。

 

 

 

*今日は何の日:労働基準法公布(1947)

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:アジアンタム

*花ことば:上機嫌

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 09:39
comments(4), -
玉をくわえた「狛犬」

虚誕堂はこれまで多くの師匠に教えを受けて今日に至っている。

 

PCおよびWEB”のI 山師匠はじめ“畑作”の、“陶芸”の、“剪定”の、そして“写真および写真機”の師匠には福岡のMさんがおられる。

 

そのM師匠のもう一つの顔は「狛犬」研究家であり、その分野では有名な方である。

で、M師匠の影響を受けた虚誕堂は神社に行くとお参りするより先に「狛犬」を撮るようになった。

その中でビックリの発見をしたのが近所、大牟田市白銀にある「天満神社」の阿吽の「阿」であった。

 

なんと!ここの「阿」はくわえている「玉」が動くのである。

しかし狛犬の口より中の玉が大きくて取り出せない。これには驚いた。ということは口の中に「玉」を彫り出しているのである。

 

熊本・大牟田地方の狛犬は大昔の阿蘇山の噴火で降った灰が固まった石で出来ているらしい。

従って、比較的柔らかく彫刻には向いているとのこと。

上記の「玉」造りもやってやれないことはないとは思うが、気が遠くなるような作業であることは間違いない。また、どういう技術が必要かは想像もつかない。

 

写真

 

写真

写真

動く様子を動画で撮ると分かり易いのだが、、、、、

 

というように、虚誕堂の狛犬への興味・関心はもっぱら狛犬「阿」の口の中の「玉」が動くかどうかという狭いものだが、今のところ、この狛犬にしか行きあたっていない。

 

もう少し暖かくなったら、神社巡りに精を出しもっと多くの動く「玉」を見つけようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:気象協会がスギ花粉の飛散状況の予報を開始(1990)

*この日生まれの有名人:矢野顕子(歌手・1955)

*今日の花:カナリーグラス

*花ことば:辛抱強さ

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 14:00
comments(6), -
初めての蕎麦打ち

そば打ちの教室や観光地のそば道場での“介助あり”の「そば打ち」は何度か体験しているが、初手から独りで蕎麦を打つのは初めてであった。

 

道具やそば粉は年末に準備していたが、気にかかることが三つあり、それがそれぞれ片付いて、やっと打つ気になった。

結果はご覧の通り、蕎麦包丁と駒板をズラすタイミングが合わず、麺の幅が一定しなかった。ただ、これは想定内のこと。

また蕎麦粉を丸めよく練り、平たく伸ばす工程は陶芸の粘土練りの経験が役に立った様だ。

 

で、反省点の最大のものは時間がかかり過ぎたこと。

蕎麦粉と中力粉を混ぜてから、捏ねて広げて麺を切るまで35分を要していた。

工程がちゃんと頭に入っておらず、指南書を見ながら恐る恐るの作業であったことが原因。

時間はかかったが、乾燥しすぎて麺がぶつぶつ切れる事態にはならなかったのは幸いだった。

 

写真

写真

写真

 

作ったのは栃木産の蕎麦粉400gに小麦粉(中力粉)100gを混ぜたいわゆる八割蕎麦。

ざっと4人前出来た。

 

もちろん先日の蕎麦打ち体験教室のH先生の作には遠く及ばなかったが、それでも木曽福島の「くるま屋」の蕎麦に似た、ツルツルではなくモグモグ食べる蕎麦が出来ていた。

マアこれはこれで良しとした。

が、あくまで目標は香り高いツルツルの細麺を目指したい。

 

まだそば粉は600gある。手順の記憶が薄れないうちに明日にでも、作業時間短縮を課題としてチャレンジしたいと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:国旗制定記念日(1870)

明治3127日、太政官布告第57号によって、日の丸の旗を国旗と制定したことにちなむ。

なお、国旗の規格は縦横の比率は23、日の丸の直径は縦の長さの5分の3、そして日の丸の中心は風上に100分の1ずらすとしている。

これは大昔、ボーイスカウトに入ってすぐ暗記させられたこと。今でも上記の数字はスッと出てくる。

 

「日の丸」「君が代」には様々な議論があるが、虚誕堂はこの「日の丸」は世界に誇る素晴らしいデザインだと思っている。君が代はともかくとして、、、、。

 

戦時中の記憶から、日の丸の旗に違和感、嫌悪感を持つ人もいるだろうが、そんな人々ももうすぐ死に絶えるだろう。

この日の丸は大事にしてほしい。

 

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:ななかまど

*花ことば:怠りない心

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 16:30
comments(3), -
そば打ち体験教室

昨日は地域公民館が募集していた「そば打ち体験教室」に当選したので受講料1300円を握りしめていそいそと出席した。

 

虚誕堂は昔から蕎麦が好きだが、もっぱらアチコチの名店を訪ねて食べるだけで、そば打ちを体験するのは確かこれで4回目のハズ。

熊本は阿蘇・久木野の「そば道場」で3回、お隣の和水町の十割蕎麦「木阿彌」さんの教室で1回という貧しい体験しかない。

 

公民館の料理室では16人が4つのシマ(調理台)に分かれて受講したが、虚誕堂のシマにつかれた講師のHぐち先生は世間話の中で、先にあげた「木阿彌」さんの甥御さんとわかりビックリ。

 

わずか4時間の受講時間だったが、H先生の分かり易い丁寧な指導で、教室終了時点ではこの「そば打ち」を虚誕堂の最後の趣味とすることを決意していた。

 

写真

写真

写真

虚誕堂謹製 二八そば

 

で、さっそく「そば打ち道具」の選定だが、今朝は郊外のホームセンター「コメリ」にある5点セット(めん台、めん棒、駒板、麵切り包丁、こね鉢)を見てきた。

 

ただ、道具が考えていたよりかなり安価(1280028800円)だったのでチト心配になり、これからネットでの調査を始めようと考えている。

習い事はなんでもそうだが初心者ほど良い道具が必要と言えるので、、、、、。

 

今年の「年越しそば」には間に合わないだろうが、来年の「年越しそば」には期するものがある。マア12カ月あれば何とかなるのではないだろうか。

 

 

 

*今日は何の日:日本初の海難通信SOSを汽船「第2電信丸」が発信(1908)

ちなみに、モールス信号のSOSは ・・・ ・・・

 

*この日生まれの有名人:スティーブン・スピルバーグ(映画監督・1947)

*今日の花:セージ

*花ことば:家庭の徳

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 17:13
comments(0), -
窯出し

10月22日(土)が「素焼き」、25日(火)が「本焼き」そして昨日29日(土)が「窯だし」という運びであった。

 

今年最後の窯出しとて、毎週火曜日の例会には頑張るつもりだったが何やかやで休みが多くなり、とうとうこれだけの数しか焼けず、双子ちゃんの「スープカップ」や随筆仲間への「焼酎カップ」は年明けの窯入れの課題となった。

 

写真

素焼き

 

写真

釉薬かけ作業

 

写真

本焼き前

 

写真

窯開き

 

写真

窯出し作品

 

写真

不出来な結果

 

多少の期待があっただけに出来上がったブツを見て意気消沈。

陶芸を始めてかれこれ10年になろうとしているが全然進歩がない。

釉薬が流れてしまったモノ、思った色が出ていないモノ、そもそも形が悪いモノ、、、、。

 

いよいよキッパリと作陶をあきらめる時が来ているのかも知れない。

が、急ぐこともないので正月にゆっくり考えてみることにした。

 

 

 

*今日は何の日:オウム真理教に解散命令(1995)

*この日生まれの有名人:東海林さだお(漫画家・1937)

*今日の花:ロベリア

*花ことば:悪意

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 10:02
comments(3), -
囲碁の時間

今日の午前中は野暮用で外出の予定であったが、ちょっとした行き違いで没となった。

 

で、久しぶりにNHKの囲碁を観戦した。良かった。

苑田勇一九段VS新垣朱武九段の一戦。いつも以上に楽しく見ることが出来た。

というのはプロ独特の感性でネジリ合うような難解な場面はなくて、虚誕堂のような低級位者にもわかる闘いの展開だったことがまず挙げられる。

しかし、それもあるが結城聡九段の懇切丁寧な解説があったからこそではある。

 

普通の解説者なら「シチョウ当たり」ですで終わるところを、なんと石を並べて確認させてくれる。

 

前々から好きな碁打ちなのだが、ここ九州にはない独特のイントネーションも好感が持てる要因の一つでもある。

Wikipediaでは神戸出身とあるが普通の関西イントネーションではない。きっとご両親がどっか山奥の出身なのであろう。

 

ホントに今日は楽しませてもらった。

 

 

 

*今日は何の日:109から「塾の日」、「トラックの日」どれもクダラナイのキワミ

 

*この日生まれの有名人:ジョン・レノン(音楽家・1940)

奥さんのオノヨーコの先祖の墓が、ここ虚誕堂事務所から歩いて8分の新幹線「新大牟田駅」の前のお寺にある。数年前彼女が墓参りに来た記事を見た記憶がある。

 

*今日の花:うら菊

*花ことば: 追憶

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 17:07
comments(0), -
別人28号

人は皆、大なり小なり「変身願望」を持っている。

 

大がかりな変身には、お金と時間を要するが、お手軽なものもあるにはある。

別名を名乗るというのもその一つ。いわゆる「ペンネーム」のたぐい。

 

もちろんペンネームの作り方には様々な方法があるのだろうが、自分の本名の文字を並び替えて作るというものがあり、アナグラムと言うらしい。

 

例えば、京都は乙訓郡の西法寺「草閑人」住職は、「瓜保仁吉」を名乗っておられる時代があった。今もこれをお使いだろうか?

 

ということで虚誕堂の本名から考えてみた。

「柿山授南 かきやまじゅなん」」「金山欣授 かなやまきんじゅ」などなど。

作ろうと思えば、いっぱい出来るが、人の名前らしさを考えると結構難しい。

大いなる暇つぶしが出来るというもの。

 

とりあえず作ったもののこれを何に使うかはこれから考えることにする。

「あらたふと・・・・・」シリーズの“俳句もどき”にでも使うことにしようかな、、、、。

 

 

 

*今日は何の日:日清食品がカップヌードル発売(1971)

*この日生まれの有名人:中井貴一(俳優・1961)

*今日の花:あざみ

*花ことば:厳格

 

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 15:12
comments(1), -
仕上げ砥石が届いた

先日、京都は乙訓の西法寺 草閑人住職からレターパックがとどいた。

 

レターにしてはヤケに重いなァと思いながら開封すると、なんとレターのみならずツートンカラーの石が出てきた。

レター一読、貴重な石であることが分かった。即ち「仕上げ砥石」であった。

 

この砥石ただ者ではなかった。

まずは「名倉」として砥泥を出して研ぐもよし、そのまま砥石としても使えるように、水平を出すべく石膏の細工が施されているのである。

 

で、今朝は少々早起きをして、2年前八女市の盛弘鍛冶で鍛えた自作の包丁を研いでみようとやってみた。

 

写真

写真

写真

写真

 

せっかく研いだのだから今晩は何か小魚を相手にイタズラしてみようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:後楽園球場開場(1937)

*この日生まれの有名人:サトウサンペイ(漫画家・1929)

*今日の花:アロエ

*花ことば:信ずるこころ

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 12:03
comments(1), -