RSS | ATOM | SEARCH
大牟田「夏祭り」即ち「大蛇山」

先週の土曜日からAちゃん、Mちゃんが来ている。

土曜日の祭り初日は遅い到着だったので間に合わず、二日目の昨日日曜日に「大蛇山」見物に出かけた。

 

前回の祭り見物はたしかHくんが小学3年生だった。

その日、彼は見物の最中に体調を崩し、祭り会場からバス停まで背負って歩いたのを覚えている。

もう6年経っているのだ。

 

写真

写真

写真

 

この祭りには「大蛇に子供を噛ませると丈夫に育つ」という言い伝え(迷信)があり、毎年各所で(今年は21の山車が出た)泣き叫ぶ子供を大蛇の口に入れる光景が展開される。

マア親がしていることなので余計なことは言わないが、どう見ても子どもへの「虐待」としか言いようがない。

 

この祭り、博多の「どんたく」と同じく、二日間のうちどちらか一日、スコールに逃げまどうというジンクスがあるが、幸い今年は初日は小雨ですみ二日目の昨日は「雨ナシ」ですんだ。ただただ夜とは云えども暑かった。

 

 

 

*今日は何の日:帝銀事件第1審で平沢貞通に死刑判決(1950)

*この日生まれの有名人:谷崎潤一郎(作家・1886)

*今日の花:えんれい草

*花ことば:奥ゆかしい心

author:Jさん, category:身辺雑記, 10:51
comments(2), -
「共謀罪」法の強行採決を忘れない

四日前の古新聞(毎日新聞717日朝刊)だが、、、、。

 

投稿者である京都府宇治市の主婦 伊藤みさ子さんに大いに共鳴する。

虚誕堂が言いたかったことをキッチリ述べてある。文章に無駄がない。

 

毎日新聞の読者でない限り読めないだろうからここに転載させていただく。

 

写真

毎日新聞717日朝刊

 

ついでと云ってはナンだけど、、、、。内容は紹介できないが「結論」だけをご紹介

 

写真

通販生活2017盛夏号 

 

「安倍晋三」の支持率も20%台になった。もう一息。

「内閣改造」で胡麻化そうとしてもそうは行かない。大切なことは「忘れないこと」である。

 

「国政」選挙に限らない。いろんな選挙の度に「自民党」の暴挙を思い出そう。

 

 

 

*今日は何の日:ジョン万次郎救助された日

1841天保126月4) - 操業中に遭難した土佐の漁師・万次郎(ジョン万次郎)がアメリカの捕鯨船に救助される。

ついでアながら、グレゴリオ暦で年始から202日目にあたり、年末まであと163日ある。

*この日生まれの有名人:ナシ(・)

*今日の花:バラ(黄)

*花ことば:高貴

author:Jさん, category:身辺雑記, 07:34
comments(2), -
藤沢周平没後20年

近所のかかりつけのM内科に定期検査とクスリを貰いに行った。

 

行けばたいてい1時間は待たされる。その覚悟、準備はできている。

が、今日は待合室の本棚の「サライ」20172月号の“藤沢周平の特集”が目に飛び込んできた。こうなりゃもう、もちろん持参の「文庫本」はそっちのけ。

 

周平に関する書籍はかなり読んだつもりだったが、やっぱり初めて知ることが多く載っていた。

 

写真

ずいぶん若いころの周平

写真

一読。御意!虚誕堂の「理想」を的確に短い文章で、、、、

 

虚誕堂も70歳を機にフェード・アウト fade out を心掛けているが、まだ年賀状のやり取りを卒業しただけで、手を付けていない課題は多い。

 

この「サライ」2月号は虚誕堂にとっては「お宝」。是非所蔵したい。

さっそくこれから「スーパー源氏」の古書検索で手に入れようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:フランス革命記念日(1789年7月14日)

 

*この日生まれの有名人:久米宏(司会者・1944)

*今日の花:フロックス

*花ことば:温和

author:Jさん, category:身辺雑記, 16:14
comments(4), -
七夕 ねがいごと

七日吉野地区公民館を訪れると今年もちゃんと「七夕飾り」が出迎えてくれた。

 

ただ今年は例年に比べて派手さがなかったように感じた。

公民館の方に聞くと、山から切り出してきた笹竹が若かったようで、よくよく見ると笹の左右への張りが少なく、つまり枝を広げていないせいでしょんぼりしているように見えるとのこと。

 

だが飾られた短冊はいつものように、元気、ユーモアそしてなにより「優しさ」があふれていた。

いくつかご紹介する。

 

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

 

虚誕堂も小学生のころ何度も短冊に願いごとを描いたはずだが、何を書いたか全く思い出せなかった。マア60年以上も昔のこと無理もないか、、、、、。

 

来年は早めに行って、この「短冊づくり」に参加しようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:「ウルトラマン」放映開始(1966)

*この日生まれの有名人:松島トモ子(女優・1945)

*今日の花:ふうりん草

*花ことば:感謝

author:Jさん, category:身辺雑記, 07:59
comments(4), -
都議選告示日  自民党議席の激減を期待する

東京では都議会議員の選挙が始まった。

 

国民を舐めきった民主主義の破壊者、あの「安倍晋三」が党首を務める自民党を惨敗させなければならないと思っている。

 

これまで自民党を支持してきた人も、今回ばかりは是非、考えてほしい。このまま安倍の好き勝手を許せば日本は壊れる。いまはもう半分くらいは壊れている。

白票を投じるかいっそ棄権をしてほしい。

 

自民党の議席が減った分、その分どこの党が増えようがそれは構わない。どこでもいい。

ただただ自民党の議員が少なく成ればいいと考えている。

 

写真

 

「モリ」も「カケ」も安倍晋三個人のわがままから引き起こされた事件である。ここまで事態が明白になった以上、本人が明言した通り、一日も早く議員を辞職し総理もやめることを待っている。

その背中を押すのが今回の選挙結果である。

 

これは多くの国民の願いでもある、と思う。

東京が近ければ馳せ参じて、「落選運動」の前線に立ちたいのだが、、、、。チト遠い。

 

 

 

*今日は何の日:沖縄守備隊の全滅(1945)

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:たちあおい

*花ことば:熱烈な恋

author:Jさん, category:身辺雑記, 07:04
comments(3), -
好きな歌を試しに

1月に手に入れた富士フィルムのミラーレス一眼レフ XPro2の操作に手こずっている。

 

先日もあちこちファンクションボタンを押しているうちに1回シャッターを切ると同じ構図の絵がカラーで2枚(VELVIA調PROVIA調)、モノクロで1枚(ACROS調)保存されることになった。

最近のカメラには、この手の便利なようでイラナイ機能がいっぱい付いている。

解除の仕方が分からず、とうとうメーカーへ電話して教えてもらうハメに。トホホ。

 

で、思ったのはこの雑記帳をアップしている「JUGEMブログ」の機能も何か変わった機能があるのではなかろうかと、、、、。

調べてみるとYOU TUBEの動画がアップできることが分かった。

知った以上は試してみようと思ったが、さて何をアップするものやら、、、、。

で、この際だ虚誕堂が好きな歌にしよう、それも好きな歌手が歌っているものにしようと探して決めたのがコレ。

 

「港が見える丘」323秒のご辛抱を!

歌っているのは天才「美空ひばり」。曲はひばり調に少しアレンジされている。

 

http://www.uta-net.com/movie/99565/ ←クリックしてみてください

 

この曲を平野愛子が歌ってリリースされたのは昭和224月。虚誕堂は1歳と10カ月。

その頃我が家には蓄音器などなかったので、ラジオ(NHKしかなかった)で流れた曲を母親が聞きおぼえたのだろう。虚誕堂は小学生のときには3番までちゃんと歌えた。

 

それはともかく、このブログも調べると文字のフォントを換えたり、色を付けたりといろいろ出来るようだ。

そのうちヒマにまかせてやって見ようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:東名高速道路全線開通(1969)

開通時は名古屋にいたが初めて走った高速道路は怖かった。

*この日生まれの有名人:ジョン・ウェイン(俳優・1907)

*今日の花:オリーブ

*花ことば:平和

author:Jさん, category:身辺雑記, 08:14
comments(3), -
鬼平の「原型」を発見

今日は朝から在庫の書棚整理というチョット面倒な作業をやっつけた。

 

予定を完全に終わらせたわけではないが、一段落ついたので昼からは「骨やすめ&暇つぶし読書」に勤しむことに、、、、、。

亡父の愛読書を収納した蔵書の書棚から適当に、池波正太郎「谷中・首ふり坂」新潮文庫 を抜き出して来たのだがこれが大正解だった。

 

写真

 

短編集とて適当に開いた文庫本の真中あたりの「看板」から読み始めたのだが、なんと「鬼平」が出てきた。

読後、「解説」を読むとこの短編集は昭和35年から45年までの10年間に発表された短編小説10篇と歴史随筆「内藤新宿」が収められているが、これは作者の三十代後半から四十代後半の作品で、中でも「看板」は「鬼平」こと長谷川平蔵が主役ではないが初めて登場する、後の「鬼平犯科帳」の原型ともいえる作品であるとのこと。

 

ついでに紹介すると、鬼平がまぎれもない主役で登場するのは、「オール読物」昭和4212月号の「浅草・御厩河岸」でこれが大評判となり、昭和43年正月号から「鬼平犯科帳」の通しタイトルでの連載が始まったようだ。

 

せっかくの大当たり、これを機に、鬼平犯科帳(一)から(二十四)までを読み通してみようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:鎌倉幕府滅亡(1333)

*この日生まれの有名人:アーサー・コナン・ドイル(シャーロック・ホームズの父・1857)

*今日の花:つりうき草

*花ことば:熱烈な心

author:Jさん, category:身辺雑記, 17:14
comments(7), -