RSS | ATOM | SEARCH
始まったようだ

まだ決めつけてはいないが、どうやら始まりつつあるようだ。

マアつまり「耄碌」(もうろく)というものが、、、、。

 

今年に入って4日にAちゃんMちゃんを夕方、西鉄大牟田駅に送ったが、その時まであった「読書用メガネ」が翌日には見当たらない。

気が付くのが遅れたのは、運転用の眼鏡に「ハズキルーペ」を重ねて文字を読んでいたため。どこで紛失したのか見当もつかないのが情けない。

ショウガナイ翌々日の6日、近所に出来た「眼鏡市場」へ走って事なきを得た。

 

昨日も市内南部の駛馬地区公民館で開催された「画像処理講座」に出席して、その足で隣りの荒尾市でランチを摂って帰宅したのだが講座の「メモ」がないのに気が付いた。

講座終了から帰宅まで寄り道した、ランチ屋、本屋、カメラ屋、TSUTAYA と電話を掛け続けたがナイという返事だった。疲れた。

メモ自体はボリュームが少なかったのでナントか記憶を呼び戻して別のノートを作った。ヤレヤレ。

 

今日は今日とて所用で外出し、新幹線「新大牟田駅」から歩いて30秒のところにあるチキン南蛮の店「クレタ」での食事としたが、昨日のお昼に何を食べたのか思い出せない。

思い出せないからっと言ってべつに困りはしないが、ただただ不愉快。

 

写真

写真

写真

写真

 

ここで注文したのは「酢鶏定食」だったが、運ばれて来た皿を見て昨日は「チキンかつ定食」であったことを思い出した。かぶってしまった。

 

ということで暫らくの間、スマホで昼食を記録しようと決めた。

耄碌が軽減するとは思えないがマアやってみようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:日米新安保条約調印(1960)

以来、対等ではない悲惨な同盟が続いている。

 

*この日生まれの有名人:松任谷由実(歌手・1954)

*今日の花:松

*花ことば:不老長寿

author:Jさん, category:身辺雑記, 15:54
comments(7), -
散歩で拾った「はり紙」

去年のスケジュールにあわせて昨日から確定申告の準備を始めた。まずは昨年1年分の領収書の整理から、、、、。

 

1年分の領収書を一つの箱に放り込んでいるので、まずは費目別に束ねることから作業は始まる。

仕入費、荷造り運賃、租税公課、通信費、車両費などなど細々としたもの。

それをクリップでまとめ、出来たその束毎に今度は電卓をたたいての計算となるのだが、ある種「神経衰弱」の要領での作業。クタクタ。

費目別に保管するとか、せめて月別にまとめるとかしておけばよかった、と毎年思うのだが、、、、。

で、気分転換の散歩へ。

 

この辺りは街ではないので人通りも少ない。看板や張り紙を撮って歩いた。

これはご近所の八百屋の壁で拾った。

「お買い上げの野菜を配達します」というサービス。

 

写真

写真

 

2千円以上!ではなく「2千円ぐらいから」というのがナントも味がある。

この八百屋のオヤジの柔軟さはいい。

 

 

 

*今日は何の日:俳優・勝新太郎、コカイン所持で逮捕される(1990)

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:ヒヤシンス(黄)

*花ことば:勝負

author:Jさん, category:身辺雑記, 11:08
comments(3), -
とうとう正月が来てしまった

子どもの頃は迷信深い母親に育てられたこともあって、「元日」は特別な日であった。

 

その昔「初日」を拝みに早起きをして、大牟田の霊峰・三池山の山頂に登ったこともあったが、年を経た今は、元日は1231日の翌日であり昨日の太陽と今日の太陽に何の違いもないことを知っている。

で、昔と比べると、いろんな正月行事・風習をそぎ落としてきている。

三社参りなどへは行かない。おみくじも引かない。

神社経営のお手伝いをする義理はない。

 

それでも元日には特別の酒を飲む習慣は未だ残っている。

今年は、恩人からの頂きものの「獺祭の三種セット」であった。

 

写真

 

これは単に日頃良い酒を飲めないでいることを表しているだけで、ちょっと情けない話ではある。

 

24日から福岡のAMが来て31日は受験生のHが来た。喧噪の中にいる。

その一つが「吹き矢大会」。的と矢を新調した。賞品も用意した。

 

写真

吹き矢A

 

写真

吹き矢的

 

で、第1回吹き矢大会は5回戦の結果、Mが最高得点で他の参加者4人の出資金400円をGETした。明日も開催の予定である。

 

千葉のツインズ TくんとYくんはLINEで写真がやってきた。

この5人がスクスク育つことを祈っている。

 

そんなこんなで、相変わらずのドタバタのスタートです。

皆さま 今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

*今日は何の日:初夢(毎年)

日本では、古くから1年の吉凶を占うという習わしがある。初夢をいつにするかについては諸説あるが、一般には2日の夜となっている。

いい夢を見るには、縁起の良い宝船に乗った七福神の絵を枕の下に入れて眠ったり、この絵に「永き世の遠の眠りの皆めざめ波乗り船の音の良きかな」という回文歌を書くと良いとされている。

 

*この日生まれの有名人:立川談志(落語家・1936)

*今日の花:黄水仙

*花ことば:愛にこたえて

author:Jさん, category:身辺雑記, 14:30
comments(4), -
まずAとMが来た

昨日の日曜日、先乗りのAMがやって来た。

 

通知表を見ると二人とも学科にはいくつかの「がんばろう」があった。

で、帰り道、積文館書店の「学参コーナー」へ。

Aが苦手な社会、算数、漢字のドリル。そしてMは小学3年の総復習ドリル<国語・算数・理科・社会>を、、、、。

 

ただ学校生活の評価では、Aは「よく友達のサポートをし、責任感を持ってもくもくと清掃を行っている」。Mは「大変そうな人を見ると自分から声をかけて手伝うなどいつもまわりのこと見ていて授業の準備を確実に行っている」と記してあり、これにはちょっと安心した。

 

昨日はイブとてケーキを買って帰ろうか、と水を向けたところ、ナント自分で作りたいとのこと。

で、スーパーで材料を仕込んで出来ましたものがコレ。

 

写真

 

写真

 

好きこそもののナンとやら。

なかなかの出来であり、正月4日までの滞在中にもう一度なにかべつのケーキを、と所望したところである。

 

 

 

*今日は何の日:大正天皇崩御、昭和に改元(1926)

ということで、昭和元年は1225日、26日、27日、28日、29日、30日、31日の7日間であった。

明治以降で初の一夫一妻制を採った天皇。

 

*この日生まれの有名人:植木等(尊敬するタレント・1926)

*今日の花:そよご

常緑で、木いっぱいに葉が茂り、風にそよぐと、そよそよと金属音を立てるから、この名がついた。

*花ことば:先見の明

 

author:Jさん, category:身辺雑記, 15:23
comments(6), -
きのうの読書から

西舘好子、聞いたことある名前だと図書館で何気なく手に取ったのがこれ「修羅の棲む家」。

 

写真

西舘好子 著 1998年10月30日 初版第1刷 蠅呂泙僚佝如1600円

 

たまたま開いたページが、ひさし(井上)が好子の髪の毛をつかんで引き回し、腫れあがるほど顔を殴り、骨折させるというDV(家庭内暴力)の場面だった

 

これがあの「ひょっこりひょうたん島」の、「吉里吉里人」の「井上ひさし」なのかと疑ったが、実名で書かれた「出会い、結婚、離婚」を綴ったこのノンフィクション作品はこれまで虚誕堂が持っていた「井上ひさし」のイメージをすっかり壊してしまった。

 

文藝春秋や講談社の編集長、編集者も実名で登場することから全くのデタラメではないような気がするのだが、、、、、。

念のためWikipediaを覗いてみると彼は「ほとんど人格破綻者ともいうべき」と断じてあった。

 

凄まじい内容だったが、この本で知ったことが四つある。

1. 「井上ひさし」とは実に情けない、男らしさのカケラも無いマザコンであったということ

2. 大江健三郎が実は「酒乱」であったということ

これを知って彼がデビュー間もないころ先輩作家である阿川弘之、遠藤周作らに取った無礼な態度、引き起こした事件というものが大いに納得できた。

3. 直木賞の中味(選考方法)のからくり

出版社の販売促進策の一つであることから、選考委員の作家たちがいろいろ言っても出版社の意向が100%通るのは当たり前と言えば当たり前なのだが、、、、。

4. 作家は付いてくれる編集者次第だな、ということ

文春の専務、車谷弘氏によると「編集者にも二通りあって、書くことに自信があっていつか自分もモノを書きたいと思うタイプ。一方書かなくてもいいから書かせたいと必死に思うタイプ、つまり読み手として優秀な編集者がある。作家は後者につくのが良いですね」とのこと。

 

この西舘の作品は文章もコナレてなくてお勧めするわけではない。

嫌いな大江健三郎が「酒乱」であったという発見がうれしくてここにアップした。

 

 

 

*今日は何の日:“生きている化石“シーラカンス発見される(1938)

*この日生まれの有名人:東郷平八郎(軍人・1847)

フィンランドでもっとも有名かつ尊敬されている日本人

*今日の花:ひゃくにち草

*花ことば:幸福

author:Jさん, category:身辺雑記, 13:34
comments(3), -
ふれあい食堂

いま話題の「こども食堂」で昼食@吉野地区公民館 を頂いた。ここ吉野校区では「ふれあい食堂」という名で営業している。

 

この「食堂」はここ吉野校区の社会福祉協議会が開くもので、毎月1回開催されており約20名のボランティアの手で運営されている。

 

「子どもたち」だけでなく「お年寄り」も対象だということで、誘われて出かけてみた。

エッ私が、、、、、?と思ったが、考えてみると虚誕堂は十分「お年寄り」なのであった。

 

今日はクリスマスが近いこともあり、ミニケーキも添えられていた。校区内のケーキ屋さんの好意らしい。スパゲティからケーキ、蜜柑まで、どれもなかなかのお味であった。

 

写真

写真写真

 

100食を用意されたようであるが、見届けたわけではないが1130分から1300までの時間内に少し残ったのではないだろうか。少し心配。

 

折角の企画なのでぜひ成功させなければならないと思った。

子どもに知り合いはいないが、次回の121日には、剪定ボランティア仲間や囲碁仲間に声をかけてみようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:戦後初の国産旅客機YS-11完成(1962)

*この日生まれの有名人:スティーブン・スピルバーグ(映画監督・1947)

*今日の花:セージ

*花ことば:灼熱の恋

author:Jさん, category:身辺雑記, 16:01
comments(0), -
10月11月の画像ファイルの整理から

昨日は寒かった。寒いとつい家にこもる。で、室内での暇つぶしは?と考えて標記の作業に勤しんだ。

 

10月と11月に取った画像フォルダから不要なファイルをどんどん「ゴミ箱」行きを繰り返すのだが、作業の途中にデスクトップにこぼしたものがいくつか出た。

マア行ってみれば覚悟していたのに絞首台のロープが切れたようなもので、これも何かの「縁」拾って供養することにした。その中から幾つかを、、、、。

 

写真

写真

写真

写真

 

もちろんこの2カ月でお気に入りの画像もいくつかあった。

しかし上記のような助かり方をしたものと一緒掲載というわけにも行くまい。

これは別の機会に。

 

今年の柿には参った。

裏年だろうとは思っていたが、それに日当たりの所為で実がついたのは5、6個。

そのうち色づいたら、、、、と思っているうちにカラスにやられたのであろう、久しぶりに畑に行くとこれが一個ポツンと。驚いたが遅かった。

 

来年は表年でもあり、早めに手を打とうと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:「中小企業の倒産自殺もやむを得ない」と池田隼人通産相が失言(1952)

*この日生まれの有名人:村田兆治(野球の人・1949)

*今日の花:ぬるで

*花ことば:信仰

author:Jさん, category:身辺雑記, 10:51
comments(6), -