RSS | ATOM | SEARCH
今年も連休がやって来る

連休が来ると云うことは福岡からHAMちゃん兄妹がやって来るということ。

 

AちゃんとMちゃんは、所属のドッジボールチームの試合が4日にここ大牟田市の体育館で開催されるのでチーム仲間と借り切りバスで来て、その後7日の日曜までの滞在。

Hくんは4日の「博多の森 陸上競技場」での試合(陸上の100メートル、200メートルを試合と言うのだろうか?チト疑問)が済んで翌日5日電車で来て合流とのこと。

 

楽しみは彼らとの食事。

いまだ連れて行ったことのない荒尾市にある「小じゃれたレストラン」を予定しているが、果たして「コジャレ」を理解してくれるのかどうかは不明でチョット心配。

 

もう一つは前回の来訪時に打てなかった「二八蕎麦」をふるまおうと思っている。

粉屋の主人からはそろそろ「十割」で打って見ては?と勧められるが未だ自信がない。

あと10回は中力粉2割の「二八」で続けようと思っている。

 

さらに、一方的に虚誕堂の楽しみだが、新しいカメラFUJIの X-PRO2 35F1.4での3人のポートレート@大牟田市立「動物園」。

それまでに1655F2のズームレンズが届けばコレの試し撮りも出来るということに。

 

今日が28日と言うことは、4日はあっと言う間に来る。

少なくとも2回は打っておかなければならないだろう。

と言うわけで、土・日の昼食は蕎麦と決まった。

 

 

 

*今日は何の日:大坂夏の陣始まる(1615)

*この日生まれの有名人:東郷青児(画家・1897)

*今日の花:さくら草

*花ことば:顧みられない美

author:Jさん, category:身辺雑記, 09:44
comments(2), -
Mちゃんの作品

AちゃんとMちゃんは始業式まで結構、日数が残っているのに31日福岡に帰った。

1日にドッジボールの試合がるとあるとのことで、、、、。

 

オセロや囲碁にも飽きたのか、虚誕堂が新陶会の例会から戻ると自分も何か作りたいとノタマッタ。

作陶の一から教えるのはチト難儀だな、と思ったがムゲニ断るのもナンだから、粘土とロクロを与えてしばらく様子を見ていたら、ナント器を一つ作ってしまった。

「玉造り」と言うこともあるが、手際もよかった。

 

ビックリして聞いてみた。

保育園の年長さんのころいくつも作ったことがあるとの答え。

その時から2年以上は過ぎているだろうに、覚えているものらしい。感心した。

 

写真

写真

写真

 

次回の来訪から、オセロ、囲碁に続いてこの時間は定番化することになったようだ。

ただ見ているだけでよいのだからお安い御用ではある。

 

 

 

今日は何の日:「仮面ライダー」放映開始(1971)

*この日生まれの有名人:金田一晴彦

*今日の花:ラッパ水仙

*花ことば:尊敬

author:Jさん, category:身辺雑記, 16:18
comments(5), -
もう一人の「祖父」

先日24日、安倍晋三の祖父は「悪人」と断じたが、よくよく考えると祖父に当たる人はもう一人いたのだ。ここに先日の安倍の祖父「悪人」説を少し訂正する。

 

気付かされたのは青木理 著「安倍三代」(朝日新聞出版 1728円)の毎日新聞326日朝刊の書評(中島岳志 評)であった。

安倍首相の祖父と言えば、母方の岸信介が思い浮かぶし、また安倍首相自身が繰返し言及して来たが、しかし、彼にはもう一人、祖父がいる。父方の安倍寛(かん)である。

 

「安倍三代」には

『寛は戦前・戦中に衆議院議員を務め、平和主義者で反戦を貫き、東条内閣の方針に真向から刃向かった。庶民目線で「富の偏在」に憤り、権力の専横に全力で抗う反骨者として地元から敬慕された』

と記されている。

 

勿論、先日「悪人」と断じたのは母方の「岸」を想定していたのだが、もう一人、悪人どころか立派な祖父がいたと知った。

ここに、安倍晋三の祖父の一人は「悪人」、もう一人は「善人=正義の人」と訂正させていただく。

しかし、安倍晋三に「寛」のかけらも伝わっていないのは本当に残念なことである。

 

この書、青木理 著「安倍三代」は是非読んでみたいがチト高価。さっそく大牟田市立図書館にリクエストさせてもらうことにした。

<書評に興味をお持ちの方は、PDFを添付しますので拡大してお読みください>

 

写真

 

 

 

*今日は何の日:福岡ドーム完成(1993)

*この日生まれの有名人:デカルト(哲学者・1596)

近代哲学の父。ただ虚誕堂にとっては「でかんしょ節」の「デ」としてのみ知る人。

*今日の花:くろたね草

*花ことば:夢路の愛情

author:Jさん, category:身辺雑記, 09:14
comments(6), -
お世話になった「淳子」と遭遇

今日はチョットした探しものがあり「リサイクルショップ」を3店巡った。

 

探しものは見つからずガッカリして最後の店を出かけたが、出口近くのコーナーにレコードが並んでいるのに気が付いた。

見ると「ドーナツ盤1枚50円」のはり紙が、、、、。

 

安いのか高いのか分からないまま適当に1枚抜き出したら「気まぐれヴィーナス」桜田淳子 であった。4曲入っていて当時800円。今、50円。

 

写真

 

これを見て最近テレビで彼女が芸能界へ復帰か?と報じていたのを思い出した。

時の人となりつつあるようだ。

また虚誕堂は昔、彼女にお世話になっていたころもあった。買うことにしよう。

 

と言うのも、電話で氏名を伝える際に、姓の中山は簡単だが名の「淳貴」が難しい。で、桜田淳子の「淳」と説明していたのだ。

ただ、その桜田淳子も知る人が無くなり困っていたのだが、復帰してくれたらメデタイことであり、虚誕堂にとってもありがたい事である。

 

50円の支払いで店を出るのも気が引けたのでもう1枚を探した。

出てきたのが「およげ!たいやきくん」。迷わず購入。

 

写真

 

ただ買ったはいいが、「レコードプレイヤー」はとうの昔に処分して無い。

ということで明日からは「プレーヤー」探しのリサイクルショップ巡りを始めることとなってしまった。トホホである。

 

 

 

*今日は何の日:映画「何が彼女をさうさせたか」公開(1930)

*この日生まれの有名人:やなせたかし(漫画家・1919)

*今日の花:いわれんげ

*花ことば:家事に勤勉

author:Jさん, category:身辺雑記, 20:13
comments(4), -
大切な書類が届いた

昨日は午後に来客があり、持参された3、4枚の書類に印鑑を押したが中の1枚には実印が必要とて探しに探したががなかなか見つからない。

 

結局、実印はあるべきところにあったのだが、何故か何度も見落としていて発見までに結構な時間がかかった。

最近この手の思い込みの強さから来るドタバタが多い。早い話しが「老化」のなせるワザ。困ったことだ。

その後、「印鑑証明書」も必要と分かり、今度はまたそのカード探しに一苦労。

 

へとへとになって押印が終わったのは18時で、外はもう真っ暗。

来客を送り方々、ご近所居酒屋「三菜屋」へ案内。

情けなさも手伝いついつい深酒となってしまった。

 

今朝は朝一番で市役所に行き「印鑑証明書」を取り、先方へ郵送し一段落がついた。

しかし、そんなこんなでX-PRO2の「取り説」熟読が遅れている。

 

明日こそは取りあえずのモノクロ「1枚」を撮りたいのだが、、、、、。

 

 

 

*今日は何の日:八甲田山で210人の兵士遭難。死者199人(1902)

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:がま

*花ことば:従順

author:Jさん, category:身辺雑記, 23:38
comments(4), -
フレンチトースト

最近「スキレット鍋」の出番がない。鍋の棚に3枚ジッと待機している。

 

いま料理のレパートリーを広げようと「Tファール」鍋のセットを購入しようと考えているのだが、ウッカリするとスキレットのような「待機鍋」状態になることを心配している。

 

と言うことで、今日は無理にも使うことで待機状態脱出を試みて「Tファール」購入にハズミを付けようとしたのだ。

 

スキレットを使うのを決めたのはいいが朝から肉でもあるまい。では何を?

で、お手軽に「フレンチトースト」ということにして、とりあえず2枚のスキレットを用意した。

 

写真

写真

 

 

料理はなんといっても「味」が大切。そして「ビジュアル」も無視できない。

トッピングに何か赤いモノはないかと冷蔵庫を探したが、あいにくミニトマトも苺ジャムもなかった。

 

バタバタ探してもないモノはないのだ。ショーガナイ。梅干を乗せてみた。

が、着色料不使用のモノとて見映えしないことオビタダシイ。こういう時は生協のモノはチト困る。

 

肝心の味は、バターとミルク、砂糖、卵黄、そして蜂蜜にマーマレード、これに梅干をミックスした味だが意外にも乙なものだった。

 

次回の「和風フレンチトースト」は真っ赤な梅干しにしなければと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:米爆撃機B-29東京を初空襲(1944)

*この日生まれの有名人:ロートレック(画家・1864)

*今日の花:がまずみ

*花ことば:愛は死より強し

author:Jさん, category:身辺雑記, 11:45
comments(4), -
初めて見た演武 手裏剣

今日は手鎌公民館の文化祭の日。

 

多少の義理もあって見に行った。

行ったがあまり時間がなく、水彩画や手芸品はパスしてお目当ての「陶芸作品」の部屋へ直行。

 

なぜか知人の作品は見当たらなかったが、いくつものグループからの出品作品のレベルは高く楽しめた。

 

写真

写真

写真

 

時間の余裕は無かったがせっかく来たからにはと、何をやっているかは知らなかったが3階へ上がってみた。

行ってみてよかった講堂では「古武術」の演武が行われていた。

「状術」、「居合」などはすでに終わり、「手裏剣」の演武に移ったばかりのようだ。

 

写真

写真

 

終わった後に希望者に投げさてくれるというのでもちろん並んだ。

だが「時間が15分も押している。次の出演者「マジック」のために会場を明け渡してください」との進行係からのお達しで、虚誕堂の前に並んだ小学生をもって実技指導は終了。残念。

 

投げることは出来なかったが、会場を出たところで演武の先生からいろいろと手裏剣について教えてもらった。

棒手裏剣の流派による違いを現物で示してもらったのはありがたかった。

中でも「根岸流」の手裏剣は身近にある「目打ち」を大きく重くしたような、実践的な形状をしていた。

 

初めて手裏剣の技に接したが、あまり体力は要しないようなので、次の趣味に良いようだ。

少し考えてみようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:帝国ホテルの落成パーティ(1890)

*この日生まれの有名人:萬屋錦之助(俳優・1932)

むかしむかし「笛吹童子」を観た。当時の子供たちは錦之助派と東千代乃介派に分かれていたナア

 

*今日の花:うしのしたくさ

*花ことば:真実

author:Jさん, category:身辺雑記, 18:17
comments(0), -
不吉な蜘蛛とのどかな山羊

今朝ちょっとした用事で里山のふもとのお宅まで、、、、、。

 

出がけに何の気なしに玄関の金木犀の横を見たら此は如何に!

マアなんと言う雑な仕事であることか!こんな乱れた仕事は初めて見た。

何か不吉なこと、そう[地震の前兆]などではないだろうね。チト心配。

 

写真

 

里山でのヤリトリはすぐ終わって、車を停めた空き地に戻ったところ、いつのまにか山羊がつながれていた。

山羊と言えば子供のころ近所の原っぱに短い期間だったが山羊が放たれていたことがあり、角を掴んでよく押し相撲をしたものだ。

 

久しぶりにやってみようと思ったが、子ども頃は互角だったが今はわからない。万一負けて足をくじいても恥ずかしい。思いとどまった。

 

写真

 

しばらくのどかな山羊の顔を見ていたが、出がけに見た不吉な蜘蛛が気にならなくなっていた。

良かった。

 

 

 

*今日は何の日:プロ野球第1回ドラフト会議(1965)

虚誕堂は奴隷市を連想させるこの制度が嫌い。

*この日生まれの有名人:井上ひさし(作家・1934)

*今日の花:ふき

*花ことば:公平

author:Jさん, category:身辺雑記, 11:28
comments(6), -
柿の品種判明?

リサイクルに出すべく紙類の分別作業をしていてたまたま生協のカタログに目が行った。

農産のページに「柿」が載っていた。

 

 

写真

カタログ

 

見たような形だと目を凝らしたら品種「太秋柿」とあり、「表面の黒スジは甘みがのったしるしです」とも出ている。

確かに我が家の柿は黒く汚れていて、言われてみるとスジもあったような、、、、。

気になって今年撮った写真のファイル「撮りたて写真2016」を開いてみたらあった。

 

写真

今年の写真

 

よくよく見ると少し形は違うし甘みも強くはなかったが、「黒スジ」は一緒である。

カタログには「福岡県産」ともあり、ひょっとすると同じ品種かも知れない。

 

長い間、単に畑の「柿」としか呼んでこなかったし、品種名を気にしたことはなかった。

が、これからは「太秋たいしゅう柿」と呼ぶことにしよう。

 

今年は大きさも、甘みも物足りないものであった。

来年は「表年」になることを祈っている。

 

 

 

*今日は何の日:軍艦三笠の進水式(1900)

*この日生まれの有名人:糸井重里(コピーライター・1948)

*今日の花:芙蓉

*花ことば:繊細な美

author:Jさん, category:身辺雑記, 14:57
comments(0), -
朝もや

朝6時半に打ち上げ花火の連発音で目が覚めた。

 

直線距離200メートルにある吉野小学校の校庭からのもの。

ビックリしたがそうか今日は運動会の日だと気が付いた。

と同時に、その音は場所取り開始の合図でもあることも。即ち校門が開いたのだ。

 

良い場所をとるために親は極めて早朝の1時から校門の前に並び始め、3時に到着した人はすでに60人が並んでいるのを数えたという。

これはご近所居酒屋「三菜屋」の女将から聞いた話。

 

明治、大正時代の「秋季大運動会」を彷彿とさせる話である。

そして、ここ大牟田には運動会が最大の娯楽なのか?と誤解されそうな話ではある。

ただその頃と少し違うのは学校から校庭での「飲酒」を禁じられていること。

 

6時半に起こされてしまって新聞取りに表に出たら、「朝もや」が立ち込めていた。

もやの水滴のおかげで真っ先に気が付いたのは蜘蛛の巣。

 

写真

写真

 

 

まさに 秋空高く澄みわたり  となるのであろう。

運動会最中の気温が上がらないことを祈った。

 

 

 

*今日は何の日:オリンピック記念千円銀貨発売(1964)

虚誕堂も郵便局で一枚購入した。

*この日生まれの有名人:ガンジー(思想家・1869)

虚誕堂の小学校5年6年時代は、ガンジーがあだ名だった。

*今日の花:あんず

*花ことば:はにかみ

author:Jさん, category:身辺雑記, 12:15
comments(2), -
結果連絡とお知らせ

ここ大牟田でちょっと楽しみにしていたイベントがある。

 

それは10月16日に行われる公開収録「開運なんでも鑑定団 出張!IN大牟田」のこと。

さっそく往復はがきを出していたのだが、昨日なんと次のハガキが!!

 

写真

 

連絡:「あたなは選に漏れました」

お知らせ:放送予定日11月8日(火)2054からテレビ九州(TVQ)見なはれ!

 

というもの。ガッカリ。

この1年、くじ運に見放されていたのでこれは当選だと勝手に決めていたのだった。

 

応募はがきを出した後、多くの人に「鑑定団IN大牟田」応募はがきの話をしたが、その大半は「お宝」をもって駆けつけるものと思い込んでいた様子。

あえて訂正はしなかったのだが、、、、、。

 

11月8日に放送をみた知人は、虚誕堂が登場しないことで、テッキリ持参した「お宝に価値がなく、結果予選落ち」だと思うだろうなァ。

 

誤解されることの多き人生。また一つ追加されてしまいそう。マアいいか。

 

 

 

*今日は何の日:富士ゼロックス初の国産電子複写機を完成。コピー時代到来(1962)

*この日生まれの有名人:徳川慶喜(15代将軍さま・1837)

*今日の花:りんご

*花ことば:名声

author:Jさん, category:身辺雑記, 12:58
comments(0), -
栗もそろそろ終わりか

今朝も畑に出てみた。

いつもとコースが違っていたのでプレハブの前に黄色い花が咲いているのに今日気が付いた。

 

確か去年も咲いていたような気がする。

この花の正確な名前は知らない。リコリスだろうか?ネリネだろうか?

黒い蝶々が蜜を吸っているのでそれなりに美味しい花なのだろう。

 

写真

写真

写真

写真

写真

 

今年は柿も栗も小さいし、糖度が低いのでガッカリだった。

でも小鳥や栗鼠は喜んでくれたであろうと思っている・

 

来年に期待しよう。

 

 

 

*今日は何の日:田中首相が訪中。日中国交樹立へ(1972)

*この日生まれの有名人:楳図かずお(漫画家・1936)

*今日の花:カラス麦

*花ことば:音楽が好き

author:Jさん, category:身辺雑記, 22:52
comments(1), -
所用で田主丸へ

昨日、ちょっとした買い物でとなりの隣の久留米市田主丸町へ赴いた。

 

お目当ての品はネットで見て、その効能書きに魅かれたのだが手触りを確かめたくて出かけたのだ。

ただあろうことか、そのメーカー(タオル屋さん)はかなり分かりにくい所にあった。

 

きちんと地図は頭に入っていたハズなのに散々道に迷ってしまい、とうとうギブアップ。

JR田主丸駅にあった観光案内所で電話番号と道順を教えてもらった。

 

写真

JR田主丸駅

言うまでもないが、ご覧のとおり、ここ田主丸は有名な河童伝説の郷であり、またぶどうの町でもある

 

道に迷ったその分時間がかかり、時分時を越えてしまった。

あまりの空腹に途中で見つけた「あずみうどん」に飛び込んでしまい予定していた蕎麦屋さんへは行けずじまいとなったのは残念。

 

こういう時は、強くカーナビGETを考えるのだが、のど元過ぎた今日はもうどうでもよくなっている。いつものパターン。

折角近くまでは行ったのだから、次回は、まずくだんのお蕎麦屋さん「そば処 みのり」に立ち寄ってからの買物にすべきだと反省している。

 

なお手に入れた「タオル」および「タオル地の服」は大いに満足できるものであった。

 

 

 

*今日は何の日:徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍との関ヶ原の戦い(1600)

*この日生まれの有名人:アガサ・クリスティー(推理作家・1890)

*今日の花:ダリア

*花ことば:華麗

 

author:Jさん, category:身辺雑記, 14:13
comments(1), -
秋が来た

台風が来ると云うので脚立や鍬、スコップを片づけようと畑に出た。

 

見ると柿が、栗が、、、、。律儀に、、、、。

でもよくよく見るとその粒は小さい。昨年はそれなりの大きさだった様な気がする。

であれば今年は何か含むところがあるのだろうか?イヤ単に裏年なのであろう。

 

柿はそのいくつかは熟柿になっている。

とりあえず採って来たが今年の柿は小鳥たち、栗はリスたちに差上げようと思う。

 

写真

柿たち

写真

柿たち

写真

栗たち

写真

地面に落ちた栗

写真

笑ってしまうほどの大きさ Sサイズの卵に負けている

 

台風は夜に上陸して翌朝には抜けるとの予報であったが、上陸した長崎からかなりの距離があったので、とうとう雨も降らず風も吹かず、静かに夜が明けた。

 

でも今年の台風はこれでオシマイとはならない。

飛ばされそうなものは小屋に入れたが、しばらくはそのまま入れておこうと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:イタリア無条件降伏(1943)

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:からしな

*花ことば:無関心

 

author:Jさん, category:身辺雑記, 11:54
comments(4), -