RSS | ATOM | SEARCH
思い違い
朝、昨日やっと植えた“小ネギ”と“大根”“三池高菜”に水やりに出た。

やり終ってぼーっと畑のスミを見ていて、昨日、畑にまだ”槇の木”が3本あると記したがホントに3本だったのかなと、側まで行ってよくよく見たら、畑の境界を示してL字形に9本も立っていた。



永年の放置で、枝は伸び放題、それに蔦も絡まりちょっと見には”槇”に見えないのだが、まさしく槇の木。
写真で見える範囲に5本あり栗の木の向うに、これまた槇には見えない槇が4本あった。

槇の残りは”そのうちに”と思っていたが、9本もあるのではそんな悠長なことは云っておれない。
さっそく脚立を持ち出して取り掛かった。

午前1時間、昼から1時間の2時間かけて2本を粗く仕上げることが出来た。

疲れて引き上げるとき、畑の隅に黄色い花を見つけた。



植えた記憶はないが(風に乗って来た?)、毎年咲く花だが名前は知らない。何となく西洋っぽい感じでハデハデしいのが気になるが嫌いではない。

今日の作業への”ご褒美”だと思うことにした。



*今日は何の日:「笑っていいとも!」がスタート(1982)
*この日生まれの有名人:北島三郎(歌手・1936)
*今日の花:エノコログサ
*花ことば:愛嬌
author:, category:植木・剪定, 18:37
comments(0), -
Comment