RSS | ATOM | SEARCH
最後のボランティアとしての剪定@港倶楽部のハズだったが、、、、、
定刻前に会場である旧三井の迎賓館「港倶楽部」に到着。

すでにY尾さんが来ておられた。
二人で世間話をしながら待つが、定刻を10分過ぎても誰も現れない。オカシイ。
会長、事務局長をはじめとして知っている限りのTELをした。誰も出ない。
最後の最後にやっとY田さんにつながり、11月30日をもってここ「港倶楽部」の剪定は終了したことが判明した。アジャー。

このまま帰るのもシャクであり、せっかく三池港に近くまで来ているのだからと、海岸へ行って剪定のあと刃物の樹液を取る“軽石”を拾ってきた。
車で5分のところ。
折よく引き潮で、レジ袋×2の収穫であった。これだけあれば来年1年間分の量である。

帰り着いて考えた、いわば“天からもらい水”ならぬ“もらい時間”、有効に使わねば、、、、。
で、考えるまでもなく“道具・イデタチ万全”であるところから、我が家の“槇の木”の剪定に充てることにした。
正月も近いことだし、通りから見える2本だけを済ませた。


2本のうちの1本


今日活躍の刃物たち

午後は、いつもの逆で「虚誕堂ルーティン」に勤しんだ。

実は、畑の境界線代りに未剪定の槇の木が4本残っているのだが、見えないところとて急ぐ必要もない。来年、暖かくなっての作業としよう。



*今日は何の日:池田勇人蔵相「貧乏人は麦を食え」と発言(1950)
*この日生まれの有名人:西郷隆盛(九州の偉人・1827)
*今日の花:いのもと草
細長い葉が、根元からいくつも分かれている常緑性の植物。
井戸の足もとに生えているので「井の元草」。都会では、石垣の間などに生えています。
*花ことば:信頼
author:, category:植木・剪定, 18:49
comments(0), -
Comment