RSS | ATOM | SEARCH
三井三池「三川坑跡」の一般公開に遭遇した
昼過ぎ、荒尾の「キタムラ」からカラーF現のネガを受け取っての帰りに、三川町の旧道を通って北上し三池港をGS645Sで撮ろうと「旧 三井港倶楽部」の手前を左折したらナント標記の「見学会」の看板があった。
全く予期せぬことだったがこれを見過ごすわけには行かない。
旧三川坑の敷地内には多くのOBおよび家族がつめかけていた。テレビも3局ほど。


大牟田・荒尾の近代化遺産一斉公開のチラシ


旧三川坑正門


表札


人車


三川坑坑口

入り口でもらったチラシを見ると「世界遺産登録の事前活動の一環」であったようだ。もっとも今日の主役は三池港の様で、この後行ってみたが、こちらには大掛かりな舞台が設置されており、にぎやかな祭りとなっていた。

敷地内の要所々々に配置されている事務局の人に聞くと、一般公開は今日が初めてとのことで、ゆくゆくは「万田坑」の様に整備するつもりとのこと。

しかし、万田坑、宮の原坑、宮浦坑の所在地は知っていたが、三川坑は何処だろうとうかつにも永年疑問に思っていたところだったが、ナント三井の迎賓館「旧 港倶楽部」に柵ひとつで隣接していたとは!ちょっとビックリ。

幸いGS645Sも携行していたので、滅びゆく「人車」を撮ることが出来た。
次回のF現が楽しみである。



*今日は何の日:文化の日(1848)
1946年11月3日、日本国憲法の公布を記念し、1948年に制定。
*この日生まれの有名人:手塚治虫(偉大な漫画家にして動画家・1926)
*今日の花:ブリオニア
*花ことば:拒絶
author:, category:大牟田ちょい自慢, 18:55
comments(0), -
Comment