RSS | ATOM | SEARCH
窯出しの日

先々週の土曜日に「素焼き」、翌週の火曜が「本焼き」そして先週の土曜日が「窯出し」の運びとなった。

 

ずいぶんと長い間、釉薬の手入れを怠っていたので、どの釉薬も劣化がひどかった。

つまりはどの釉薬も適正な濃度に対する過不足が目立った。

 

マア何とかなるサ、と濃い目の釉薬には目分量で水を足して釉薬かけを続行したが、結果は想像どおり。

 

前回も濃すぎる釉薬が流れて陶板にくっついたものがいくつも出たが、今回もそれが出たし、そして薄め過ぎた釉薬で思ったような発色がなかったものも、、、、、。

 

 

これから釉薬かけ作業

 

 

窯出し 粘土と釉薬の相性チェック

 

 

見込みに釉薬のムラ 失敗

 

 

蕎麦猪口(そばちょく)

 

 

コーヒーカップ大 

 

 

コーヒーカップ小 

 

教則本

 

さっそく来週の例会では釉薬の棚卸を行い、新たな釉薬の購入計画と適性濃度への調整を実施しなければならない。

 

このショックを機に上記の陶芸の基本書「陶芸実践 100のポイント」を再読して、焼き物づくりの基礎知識をまじめにオサライしようと思っている。イヤ本当にまじめに、、、、、。

 

 

*今日は何の日:江戸が東京となる(1868)

1868年(慶応4)のこの日、江戸を東京と改称、西の京都に対し、東の京という意味で東京となった。

*この日生まれの有名人:徳川家光(将軍・1604)

*今日の花:しろつめ草

*花ことば:感化

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 09:40
comments(3), -
Comment
虚誕堂さま

「隠しごと つきつぎ漏れる 網タイツ」草閑人
草閑人, 2017/07/20 7:26 PM

虚誕さま

文字が抜けてたり多かったり申し訳ありません。

これも暑さのせいとお思いくださいね。


夏さなか窯だしの器手のなかへ
竹女, 2017/07/18 4:51 PM
虚誕さま
猛暑のなか陶芸教室お疲れさでした。
このように手を掛けられて完成するのですね。
完成した時の喜びもひとしおであろうかと存じます。
どの作品も愛着があられると思います。
釉薬はとても繊細のようですね。
これからも益々ののご精進お祈りいたします・
竹女, 2017/07/18 3:15 PM