RSS | ATOM | SEARCH
大牟田「夏祭り」即ち「大蛇山」

先週の土曜日からAちゃん、Mちゃんが来ている。

土曜日の祭り初日は遅い到着だったので間に合わず、二日目の昨日日曜日に「大蛇山」見物に出かけた。

 

前回の祭り見物はたしかHくんが小学3年生だった。

その日、彼は見物の最中に体調を崩し、祭り会場からバス停まで背負って歩いたのを覚えている。

もう6年経っているのだ。

 

写真

写真

写真

 

この祭りには「大蛇に子供を噛ませると丈夫に育つ」という言い伝え(迷信)があり、毎年各所で(今年は21の山車が出た)泣き叫ぶ子供を大蛇の口に入れる光景が展開される。

マア親がしていることなので余計なことは言わないが、どう見ても子どもへの「虐待」としか言いようがない。

 

この祭り、博多の「どんたく」と同じく、二日間のうちどちらか一日、スコールに逃げまどうというジンクスがあるが、幸い今年は初日は小雨ですみ二日目の昨日は「雨ナシ」ですんだ。ただただ夜とは云えども暑かった。

 

 

 

*今日は何の日:帝銀事件第1審で平沢貞通に死刑判決(1950)

*この日生まれの有名人:谷崎潤一郎(作家・1886)

*今日の花:えんれい草

*花ことば:奥ゆかしい心

author:Jさん, category:身辺雑記, 10:51
comments(2), -
Comment
虚誕さま
おはようございます。
山車がたくさんですね。お孫さん喜ばれたでしょう。成長が早いですね。可愛いです。
お神楽などでもやはり頭をかみますね。そういうものだと思います。ご自愛の程お祈りします。
竹女, 2017/07/25 10:48 AM

「河童忌や 御簾の向こうに見えながら」
草閑人, 2017/07/24 10:22 PM