RSS | ATOM | SEARCH
気になるバス停

先日紹介した「藤沢周平」の記事を載せていたサライ20172月号に「気になるバス停」の連載が始まっていた。大いに気になる。

 

虚誕堂もバス停の名前ではないが、その土地の名前が苗字だという人を何人か知っている。

その一人に、昔、仕事で知り合った全国4大紙のA新聞の記者で「泗水(しすい)」さんという方がおられた。

珍しいお名前なのでご出身はどちらですか?とお聞きした。熊本県泗水(しすい)町とのこと。

 

「町名」と「名字」が同じとは、マア早い話、先祖が豪族だったのであろう。

ということは、ご先祖さまは広い土地を囲い込んだり、年貢を取ったり、それなりに悪人だったのであろうが、目の前の記者さんは温厚な方で、われわれ広報の人間を相手に文章の書き方とりわけ「起承転結」のテクニックを伝授していただいたのだ。

それ以来、地名と氏名について関心が深まった。

 

で、バス停の名前である。

 

写真

写真

写真

 

もちろん虚誕堂は熊本県南関町の「中山」地区とは何の関係もないがハズだが、ひょっとしたら?と、ちょっとした「ミニミニ豪族」の気分は味わえた。

 

次のバス停まで約3劼世辰拭

ということは「中山」はせいぜい半径1.5キロ程度の面積だろう。

 

上記のミニミニを付けたとしても豪族の「豪」は言い過ぎであろう。反省。

 

 

*今日は何の日:世界初のジェット旅客機コメットが初飛行に成功(1949)

*この日生まれの有名人:ナシ(・)

*今日の花:ゼラニウム

*花ことば:真実の愛情

author:Jさん, category:気になることば, 11:57
comments(0), -
Comment