RSS | ATOM | SEARCH
どこで切るのか

昔、浪曲も講談も盛んであったころよく聞いた言葉に「きらほしのごとく、居並ぶ」があった。

 

家康招集の会議に拠点の大大名が参集する、あるいは真田幸村の作戦会議に十勇士がうち並ぶなどのさまを描写する際に盛んに使われた。

 

「綺羅星の如く」であるが、綺羅は、“あやぎぬ”と“うすぎぬ”のことで、美しい衣装のこと。美しい衣装、転じて華やかさをあらわす。つまりあでやかさは「星」のようだの意。

上記の武家集団であれば「あでやかさ」というより武人のオーラとでもいうべきものであろうが、、、、。

 

で、この文の切り方だが言うまでもなく「綺羅星、のごとく」ではなく、「綺羅、星の如く」でなければならない。

先日13日に「しかしながら」の切り方を記したので、引き続いて同じような話で気が引けるのだが、、、、。

 

今朝たまたま昔の「講談本」をパラパラとめくっていて遭遇したのだが、懐かしさのあまりここにアップすることにした。

 

 

 

*今日は何の日:ハンガリー事件(1956)

*この日生まれの有名人:土井晩翠(詩人・1871)

「つちい」か「どい」か?

生まれたときは「つちい」本名、後に詩人となって「どい」と改称。

 

*今日の花:ちょうせん朝顔

*花ことば:愛敬

author:Jさん, category:気になることば, 10:44
comments(9), -
Comment
草閑人さま
現在のところ「ごるごじゅうさん」に依頼しようと思っている極悪人が3人いる。
モシその武器が使い勝手が良いモノなら「ごるご」に依頼することなくこの手で成敗することも出来る。
安上りである。
ということで、3カ月待つことにする。完成、到着が楽しみである。
虚誕, 2017/10/26 3:42 PM
賢翁

Eight.tea 依頼の武器はでけたが、賢翁のは3年かかることが判明。
ほやけど(然しながら の使用も可)多分戦場には出かけないと思うので無理矢理3ヶ月でつくる。
黒檀か紫檀か鉄刀木(タガヤサン)か黒柿、落としたとして黒柿、桃の木か桜の木が必要と判明した。桃の木は庭にあるのでそれで我慢。
もうちょっと待っとくれやすな。
草閑人, 2017/10/26 1:39 PM
虚誕堂さま
こんにちは。ひばりファンの一人としてとても嬉しいです。そういう思い入れのある書籍を偶然とは言え光栄に存じます。勿論私も読めませんでした。でも欲しい本を選ぶ時はわくわくいたします。装丁とか色々吟味します。説明の文章もとても良いです。これからも宜しくお願いします。良い一日を。
竹女, 2017/10/25 12:08 PM
竹女さま
わたしがこの森繁の「左見右見」に思い入れがあるのは、13年前に東京西荻窪の古本屋さんで見つけたのですが、まず「とみこうみ」が詠めませんでした。もちろんその意味も分からずでした。
自分の蔵書ではなく、仕入れの1冊として購入したのはよく覚えています。

中に「ひばり」について、あれは不世出の歌手だ。イギリスに生まれていたら”ディムひばり”と呼ばれるようになっていたかも知れない。と出てきます。「ご同慶の至り」であります。
虚誕, 2017/10/25 10:30 AM
虚誕堂さま
おはようございます。
次男さまの随筆もお心遣い恐れいります。
楽しみにしています。良い一日を。
竹女, 2017/10/24 9:02 AM
虚誕堂さま
前のブログで申し訳ありません。左見右見はずっと前よりリストに入れてました。森繁さんの似顔絵が何とも言えず愛嬌があり先ずそれに魅かれました。エッセイもいつもウイットに富んでいて読み応えがあります。プロの方よりそう言われるととても嬉しいです。
大切にいたします。「本が好き、、、。」もしかしながらの著者だったのですね。それは存じませんでした。寒くなりました。ご自愛の程を。
竹女, 2017/10/23 4:36 PM
ひめ様

アヴェ・マリアはどれも素敵。プッチーニは地中海の匂いがする。シューベルトはドイツの子守唄を聴いている感じがする。グノーは何というか深い海の中にいる感じがする。

声が出なくなって自殺をしたが運悪く助かり、愚僧と一緒の病院で療養していた女性が、歌ってくれた歌がグノーのアヴェ・マリアでした。
悲しいわけではなかったのですがその時、涙が止まらなかった思い出があります。

退院後マリアカラスのシーデーを買って何度も何度も聞きました。
グノーのアヴェ・マリアは愚僧にとって般若心経以上に心の浄化曲なのであります。
グリークは力強くかつ繊細で優しくて語りかけてくるようで大好きな作曲家の一人。
音楽はナマモノですからナマモノを聴きたいです。
ひめさまKAWAIでもYAMAHAでもよいのでピアノを小脇に抱えて弾きに来てくれませんか?
草閑人, 2017/10/23 3:14 PM
草閑人さま

選挙のお話の後、すみません。綺羅、星でなく一つだけ!。11月24日新潟市の音楽文化会館のリレーコンサートで弾きます。23〜25日まで一人10分でピアノや声楽やほらを吹くのです。そこのピアノがスタインウエイD型なのですよ!20年後を夢みてグノーのアベマリアとグリークのピアノ協奏曲テーマを弾きます。

そうそう選挙の話し追加!  高校3年の生徒が6月生まれで選挙権あり行くと。同じクラスでも誕生日で選挙権が有ったり無かったりです。まだまだ親がかりで未熟な感じです。20歳で良かったのではないか!と。

そうそう生徒の話しを追加。小学1年生に「音は出したと同時に消えるけど、どこかに残ってるよね」と。「耳に残ってる」と言うかな!と思ったら「こころにのこっているよ」と言いました。私の想いが通じて超嬉しいでした。ママにメールしたら喜んで「先生のおかげです」と。親子で喜ばせてくれよりました(九州弁)
かぐや姫, 2017/10/23 2:15 PM
賢翁

ただ今いま猊下はご起床なされた。
「綺羅星」の如く、まさに「綺羅、星」の如くやと思う。
同じようなものに「間髪を入れず」がある。これも「間、髪(ハツ)を入れ」やと思うボルト。

辻本清美ちゃんが当選し、山尾が受かってうれしい。枝野ちゃんの決断に賛辞をおくる。

ほやけど(然し乍らをつこうても良い)、アベの北朝鮮の脅威は若者たちに結構効果があったとおもう。
「日本もミサイルを作るべきや」
「日本も原爆つくったらええやん」
「先制攻撃に勝る防衛はないのちがう」
などの意見も多々聞いた。

使い古されたナショナリズムの高揚と形成に役立つパホーマンスやったとおもう。

志位ちゃんは誤りを指摘されて、熟慮後間違えていると判断したらすぐに謝る。かつ即改善する、かつてのアイツやアイツ等とは違う。

有田芳生は大阪・京都まで来ていたが大山崎の実家に寄る間もなく帰ってしもうた。ヨシフちゃんの怒りと奮闘も高く評価。

自民・希望・公明・維新の「戦争推進派」対、立憲・共産・社民・国民の二局対決やと思うが、「三極対決」と報じ本質を隠蔽してきたマスコミの罪は大きいと思う。海外報道は正直に「二局対決」と書いていたのに。

2/3を取った与党との闘いは全て賢翁の肩にかかっている。
まあ〜これからこれから(^^)
草閑人, 2017/10/23 11:53 AM