RSS | ATOM | SEARCH
雑学

今朝は今年一番の冷え込み。水道が凍って出ないほどの、、、、。

ただ台所と洗面所は蛇口を調節して細い細い水を一晩中出していたので凍結をまぬがれた。

 

今日はFUJIFILM X-Pro2 18-5535を下げていくつかの神社を巡って狛犬の撮り比べを予定していたのだが、こう寒くては外出の気は失せてしまった。

 

となると、今日のブログのネタがない。困ったナアととりあえずお茶を一杯。

ふと茶うけの菓子の袋を見ると何やら、、、、。

 

写真

 

この「ちょんまげ」は、大昔から、それこそ武士が月代(さかやき)を剃り始めたころからの言葉だと思っていた。

対比する「散切り頭」が世に出てからの言葉だったのだ。

 

これを知ったからと言って何のプラスにもならないが、この種の「雑学」はちょっとウレシイ。

亀田製菓さんありがとう。

 

 

 

*今日は何の日:青森、宮城、岩手の東北3県の士族を募り、北海道屯田兵に(1875)

 

*この日生まれの有名人:村上春樹(作家・1949)

イワズトシレタ大作家。ただこの人の作品を未だ1冊も読んだことはない。

この話をしたら、ある人から「それは可哀想」と言われた。

ノーベルをもらったらますます読みたくなくなるだろうから急がねば、、、、。

 

*今日の花:にわなずな

*花ことば:優美

author:Jさん, category:-, 13:04
comments(6), -
Comment
淳ちゃん

知らないこは沈黙を守り、自分が良く知ってることだけを言ってると如何にも物知りに見えたりします。(ホトケの道を説く者はこれに限ります)

京雀が舞妓にならないのは、襟変(芸者になる)までの修行がどんなにしんどいか、また舞妓(江戸では半玉)までの仕込みまでに大半が落ちこぼれて行くか、花街で生きていくことの厳しさをようよう知っているからやと思います。事実舞妓まで残るんは3…4割なのです。


日本最大の遊郭「吉原」が「アチキに☆☆してくんなまし」など吉原言葉を修行習得させたののは、出生を糊塗するためでしたが、同じく京都の花街も仕込みの内に徹底して花街ことば(京ことば)を完全習得させます。

ほやから、「花街のことば」と「京ことば」思うてもろうたら困りますねん。

室町や西陣の女子衆が花街弁を使こたはるドラマ観たりするとムカムカイライラします。

「…ダス」は難波ことば
「…ドス」は京ことば。

京都は何度も火災や戦で壊滅・半壊滅になり、その影響で多くの京衆が船場あたりに流れて、難波ことばとの混合系大阪弁ちゅうのが生まれます。

河内弁こそ大阪弁の原型・古典やないかと思うネジボルト。



草閑人, 2018/01/15 11:59 PM
ご正解!答えは3でした。
1億円を送ります。

昨年の除夜の鐘を聞きながら、2年越しの姫はじめ!
参ったか〜!姫じゃからのう!
かぐや姫, 2018/01/15 9:46 AM
竹女さま
ピアニストの江戸京子さんの父君でしたか。勉強になりました。

次男さま
こう寒いと熱燗ですね。
丁髷も月代も草閑人住職が答えを出してくれました。

姫さま
今年の姫初めはいかがでしたか?
こたえです。正解多数の場合もみなにお年玉お配りください。

草閑人さま
イツにカワラヌ博識・博学おそれ入谷の鬼子母神ダス。
ダスは大阪カナ?
ところで昨日、周防正行監督作品で草刈民代の「舞子はレディ」をTSUTAYA から借りてきた。観た。

おおきに すんません おたのもうします

アクセントもイントネーションも難しいナア。
舞子さんは他所の産が多いのやナア。
ということは舞子はみんな苦労しているのやナア。

お勉強になりましたドス。


虚誕, 2018/01/14 9:10 AM
姫さま

ご無事でなによりです。
お年玉ください。
とします。


虚誕堂さま

亀田製菓さんには申し訳ないのですが、「チョンマゲ」は広辞苑からの引用された結果の間違いかと思うぞなもし。
チョンマゲは「丁髷」と書きます音は同じでもが江戸末期に流行った「ゝ髷」とは違うのであります。蔵書で、なければ図書館で「有職故実(ゆうそくこじつ)髪型の変遷」を見てくだされば明らかかと。

平安期には総髪で兜(helmet)を被りましたが、武士が台頭してきた鎌倉末期室町期に月代を剃り髷を伸ばして丁字に前へ曲げるようになりました。
長い間兜を被っていると頭が蒸れて痒くなり不潔になるのと、兜との通気性「逆息」を得るために考えられた髪型でした。
戦さに出ない農民たちの多くは総髪でしたが、次第にこれが流行り町民にも広がります。
武士にとって丁髷は必要不可欠でしたが、江戸末期には長い髷は不必要で月代だけを剃った「ゝ髷」が流行ります。

また、広辞苑には「応仁の乱以降武士の逆上を防ぐために月代を剃った…」と草閑人の真似をして実しやかに記載していますが、真っ赤な嘘であります。

月を頂く・月のように白いの意味で「月代」は字の通りツキシロといいました。しか〜し、上記のように武士が髷を丁字に折り曲げ「逆息」をつくったのでサカイキ→サカヤキと字を変えずにそのまま使われるようになったのであります。

広辞苑に間違いがあるはずはないと思われる御は「善哉」や「雑炊」など引いてみてくだされされ。
あははははははは、ヨウイウワであります。


「ただいまも 言わずに寒さ のたまへり」
広辞苑大好き草閑人



草閑人, 2018/01/13 3:27 PM
今年も生きています。山のような雪で家自体が⛄状態。今日は水道管も凍って水が出ません。
10日「夢」お題の川柳が採用されました。

1、無我夢中 走り続けて 一服し
2、夢見てた 幼きころが 愛おしい
3、くしゃみして ステキな夢が 覚めた朝

当てた方にはお年玉をさしあげます。
かぐや姫, 2018/01/13 11:30 AM
今年もよろしくお願いします。
「ちょんまげ」知りませんでした。
ところで、なんで「月代」なんでしょう。
Wikipediaを見てもよくわからない。
ご住職はご存じないかな。

ケロロ丸さんの文を久しぶりに
読ませていただきました。
淡々とした語り口はさすがです。
年が始まったばかりなのに
もう終わった感じです。
次男, 2018/01/12 6:48 PM