RSS | ATOM | SEARCH
「酒なし」の花見

『酒なくて何の己が桜かな』

古典落語「長屋の花見」を聞いたことがない人でもこの川柳は知っている。

 

この間、花見をしない年もあったが、行って飲まなかったのはここ10年で初めてのこと。

と云うのも、最近通い始めた「デジタル写真教室」の教えに従い重い三脚を車で運んだからである。

 

せっかく酒なしという辛い体験をしたのにいい桜は撮れなかった。残念。

 

写真

写真

写真

写真

 

ついでに酒にまつわる「ことわざ」をひとつ。

「酒を飲むと死ぬ 飲まなくても死ぬ どうせいつかは死ぬ運命ならば飲まないのはもったいない」ドイツのことわざ

 

何となく「阿波踊りの文句」(踊らにゃそんそん)に似ていて好きなことわざである。

 

 

 

*今日は何の日:「仮面ライダー」放映開始(1971)

*この日生まれの有名人:金田一春彦(国語学者・1913)

*今日の花:ラッパ水仙

*花ことば:尊敬

author:Jさん, category:身辺雑記, 11:31
comments(5), -
Comment
虚誕さんすみません。
本文とは関係のない話題が続きますが、
せっかくケロロ丸さんが書いてくれたので。
私の場合、狙うとだめです。
特に外した時のショックが大きい。もうやめようかと思う。
4月分の「フキノトウ」は多分だめでしょう。狙いました。
5月分は女性の反発が大きいと思われるので
ボツかもしれません。
次男, 2018/04/17 12:53 PM
わけあって 週1しか新聞を開けない環境におります。奇しくも私の誕生日の紙面に月間賞発表の記事を見つけました。少しも狙っていないようなのに、読者がなぜか心惹かれるのは、園田次男さんご夫妻のお人柄ゆえでしょうか?その昔、ケロロ丸が卒論で専攻したかった、でも断念した井原西鶴の代名詞でもある、まさに「軽妙洒脱」を、園田次男様の作風は兼ね備えておられる。ですから毎回畏れ入るのであります(_ _)
ケロロ丸, 2018/04/15 7:40 PM
次男さま
そうだったのですか。2次会は「銀のスプーン」だったのですか。復帰されたようですね。ケロロ丸さんの作品を楽しみにしています。5月の「飲み会」楽しみです。

草閑人さま
ロウドウシャと言えば荒木栄を歌えねばならないス。
「地底の歌」を歌えて初めてロウドウシャです。
虚誕, 2018/04/08 7:27 PM
本文と関係なくて申し訳ありません。
昨日(7日)のはがき随筆、ケロロ丸さんの作品は、
集いの後の銀のスプーンの風景でした。
長姉へのリスペクトと拝読しました。
次男, 2018/04/08 11:25 AM
双六は振り出しに戻るというのがある。
遊びではアチャーとなるのんやが、愚僧はその振り出しに戻り再びロウドウシャになってしもうた。これはアチャーではなくなかなか楽しいのである。
もう一度だけ学童保育所の指導員になれ!というのと、車椅子リフト付きマイクロバスの運転手になりまへんか?の2つに1つ。
もうガキドレンには勝てへんので、ドライバーになった。こちらは月・水・土の3日だけ。
朝に町内の老人を収集して午後に宅配するだけ。敬意と細心の注意と明るく爽やかにやってます。

「歳きけば ユビ立て答ふ 花の下」
草閑人, 2018/04/06 10:42 AM