RSS | ATOM | SEARCH
ぺんぺん草

いつもの暇つぶしの「ぱらぱら読書」で「ぺんぺん草」に出会った。それも二日連続で。

 

昨日出合ったのが志水辰夫の短編集「いまひとたびの」所収の「忘れ水の記」にあった次の三行。

『わたしは墓地の横にひろがる未造成地の草むらへ入って行き、目につく草花を手当たり次第摘みはじめた。キンポウゲ、アマドコロ、ギボウシ、ユウスゲ、そのほか名を知らない野草。ナズナだってペンペン草と言われているほど悪い花ではない。

ギョッとした。“セリナズナゴギョウハコベラホトケノザ”のナズナである。

また「悪い花」は「○○が通ったあとにはぺんぺん草も生えない」と言われるかららしい。二つとも知らなかった。

 

今日は日本の名随筆別巻68 沢村貞子編 「下町」所収の池田彌三郎「下町の芸能風土」にあった次のフレーズ。

『花柳界というものと、下町の生活とは、これも今では考えられないほど、ちかいつながりがあったようだ。

 

いやだよ、と言ってことわると、すぐそのことばにひっかけて、

――いやならよしゃがれ。よしべの子んなれ。ペンペンひきたきゃ、芸者の子んなれ。とあくたいをつかれた。

しかし、「ペンペン」も、ペンペン草に名を留めるだけになってしまったが震災前の泰明の同級生には、芸者の子や、たいこ持ちの子がかなりいた。花柳界は近かったのだ。』

で、ネットで検索をしてナズナの三角形の葉を三味線のバチに見立てたのだと知った。

これも知らなかった。

 

この随筆が刊行されたのは19711月のこと。

47年後の今日、大先輩の池田先生もまさか泰明小学校がイタリアの「アルマーニ」を制服にするとは思いもよらないことだろうと思う。化けて出てくれるといいのだが、、、、。

 

 

 

*今日は何の日:ハップル宇宙望遠鏡打ち上げ(1990)

*この日生まれの有名人:堀尾正明(アナウンサー・1955)

*今日の花:天竺あおい(ゼラニウム)

*花ことば:決心

author:Jさん, category:-, 16:17
comments(0), -
Comment