RSS | ATOM | SEARCH
陶芸卒業

2006年から始めた「陶芸」だがとうとうモノにならなかった。

 

で、残念ながらほかに時間を使いたいこと(デジタル写真と篆刻)が出来たこともあり、10年続けた陶芸サークルを自主卒業することとなった。

 

先週、最後の「窯出し」を行った。

全部で9個を焼いたが内3個はHAM兄妹のMちゃんが昨年の夏休みに作ったもので、それなりの出来となっていたのでホッとした。

 

 

写真。佑舛磴鵑3作品 素焼き

写真完成品

 

ただ「素焼き」の状態ではそれなりの迫力があった作品が、なまじ釉薬をかけたために勢いを削いでしたまったようである。申し訳ないことをしてしまった。

 

写真A脳討の状態の「魔物」?と言っても沖縄の「シーサー」のようなもの

写真ゎ慳堯米明)をかけた結果

 

これからは、一応の道具は揃っていることとてMが希望するなら家庭用のオーブンを窯にして焼ける「オーブン陶芸」で焼物づくりを続けようと思っている。

 

さてMはこの連休4日に福岡からやって来るが上記の結果を怒られそうで、いま慄(おのの)いている。

 

 

 

*今日は何の日:世界一のビル「エンパイアステート・ビルディング」381m完成(1911)

*この日生まれの有名人:阿木燿子(作詞家・1945)

*今日の花:さくら草(カウスリップ)

*花ことば:若い時代と悲しみ

author:Jさん, category:身辺雑記, 08:53
comments(1), -
Comment
HAMちゃんではなくMちゃんだけ来るのか。
シーサー様の焼物なかなか佳いではないかいな。陶芸にしろ、絵画にしろ楽しければそれで充分やないか。
役に立たんもんが一番面白いとワシは思うなぁ。
おやじ殿の雑記帳を読んで《慄く》という漢字を覚えた。
赤毛の愛人が病魔に伏せっておったが漸く健康を回復したので、またぞろ風狂の念が湧いてきた。天気続きということもあるんやが。
草閑人, 2018/05/06 12:00 PM