RSS | ATOM | SEARCH
「みんなの党」がらみの大笑い  滋賀県選管はバカである
滋賀選管困った・・・、使えない 新党「みんなの党」と重複(京都新聞朝刊をリライト)

滋賀県選挙管理委員会が決めた衆院選啓発用の統一標語、6月末に公募作品の中から選ばれた「きみの夢 みんなの未来 かなえる選挙」の一部が、渡辺喜美元行革担当相(無所属)が結成予定の新党「みんなの党」の名称と重なることが6日、分かり、県選管は、標語を使用しないよう県内各市町選管に通達したとか。←バカである
が、すでに多くの選管が標語入りの啓発備品や入場券の作成を済ませており、発注のやり直しなど対応に追われている。←アホである

大津市選管は、7日から順次予定していた標語入りののぼり旗230枚の設置を急きょ中止し、標語を削除したのぼりをあらためて作り直すことにした。
彦根市選管は、標語入りのティッシュ1万個やうちわ3000枚を作成しており、標語の部分を隠す方法などについて業者と協議を開始。
草津市選管は、すでに納品されていた標語入りの投票所入場券約6万枚の作り直しを決め、再発注した。
とのこと。

何をバタバタしているのだろうか。バカどもアホどもは!

決めたのは滋賀県選管が先なのだから、アワテル事は何もない。
せいぜい「真似されて困っている」ぐらいのコメントを出すぐらいで十分である。

それでもマァ標語を隠すぐらいは“可愛い”と云えるが、作り直すとは“論外”である。
絵にかいたような税金の無駄遣い。

問題が発生するのは「みんなの党」が比例区で当選したときだけ!
デモ、この“標語のお陰で当選する”などマズ考えられない。

もし、万が一、ひょっとして「当選するかも?」などと考える者は、ヒドク滋賀県民をバカにしていることになるのに気が付かないのだろうか。

もう一度言う!滋賀県選管はバカである。



*今日は何の日:鼻の日(1961〜)
8(ハ)7(ナ)でこの日が選ばれた。日本耳鼻咽喉科学会が1961年より実施。
*この日生まれの有名人:アベベ(速い人・1932)
*今日の花:ざくろ
*花ことば:円熟の美
author:, category:今日の新聞から, 18:29
comments(0), -
Comment