RSS | ATOM | SEARCH
100万本の「ひまわり」と「石炭の塊」
今月27日から始まった大牟田市観光協会主催の「ひまわりフェスタ」に出かけた。

去年も行ったのだが、見ごろが過ぎていて撮るのに苦労した。
で、今年は開幕直後に訪れたノダ。

5ヘクタールの敷地に咲いた100万本の「ひまわり」を楽しもうと、平日と云うのにけっこう家族連れが多く、賑わっていた。
花も見ごろで撮影はそれなりにスムーズに、楽しく進行した。


5ヘクタールの会場全景





つぼみ

会場を出ようとしたら入口のチラシを押さえる文鎮代りの“石炭の塊”に気がついた。

大牟田で生まれ、石炭のお陰で成長させていただいた虚誕堂である。前々から石炭の塊を入手したいものだと考えていた。
もっともJR大牟田駅には直径1メートルほどの石炭の塊が展示してあるが、あの大きさはチョット持て余す。この位の大きさで良いのだ。

で、恐るおそる、この様な“石炭”はどこで入手できるものでしょうか、と受付の方に聞いてみた。
「さて、閉山から11年。もう掘っていないからネエ」とのお答。ガッカリ。

ちょうどその時、大牟田観光協会の方が通りかかられ「それなら私が持って来たものだから、気に入ったらお持ちください」とのお言葉。ナ、ナ、ナント!

と云うことで、最後の写真は、虚誕堂事務所へやって来た“石炭の塊”。
云うまでもないが元々は“メタセコイア”である。


我家の“家宝”の仲間入りをはたした“石炭の塊”

永年の夢が叶った嬉しい日となった。



*今日は何の日:日中国交正常化、北京で調印、日中戦争状態終結(1972)
*この日生まれの有名人:ピーター・デニス・ミッチェル(イギリス生化学者・1920)
*今日の花:りんご
*花ことば:名声
author:, category:大牟田ちょい自慢, 18:34
comments(0), -
Comment