RSS | ATOM | SEARCH
「豚しゃぶ鍋」と「ロールキャベツ 」

連休とて3日(金)から昨日5日(土)まで6年性のA3年生のが遊びに来ていた。

3Hは受験生らしく寸暇を惜しんで塾へ行き来れず。

 

いまここ大牟田は市政100年ということで盛り上がっている。

3日は三池港開港110年ということもあり港まつりが開催された。

記念行事の一つである三池・島原ラインの高速船を使った「三池港内外の60分間クルージング」に並んで運よく乗船できた。

 

初日の夜はAが力を合わせて「豚しゃぶ」鍋。

二日目の4日の夜はAが「ロールキャベツ」、Mが独自の味付けの「チャーハン」を作った。

なおロールキャベツは例の「深夜食堂」に登場するメニュー・レシピLIFE<なんでもない日、おめでとう!のごはん>で作った。どちらも美味!であった。ホントに。

 

写真

Aのロールキャベツつくり

 

写真

 Mのチャーハンの準備

 

写真

Mのチャーハンは出来て手持無沙汰

 

写真

Mが美味しくできたからとチャーハンを小皿に盛ってお供え  ちょっとビックリ

 

写真Aの吹き矢

 

写真

Aの的

 

 

写真Mの吹き矢

 

写真┌佑療

 

最終日5日は予ねて用意の「吹き矢」大会。

これが予想以上に二人に受けて、大いに面目をほどこすことが出来た。

 

次回の来訪は12月末のAちゃんの誕生日。

この日は「吹き矢」の道具一式を充実させて、もっと大がかりな賞品がある大会にするように、と要請された。

 

トホホではあるがマア嬉しいことではある。

 

 

 

*今日は何の日:GHQが財閥解体指令(1945)

*この日生まれの有名人:桂米朝(落語家・1925)

*今日の花:ふじばかま

*花ことば:躊躇

author:Jさん, category:身辺雑記, 16:39
comments(4), -
二度目の金木犀

玄関を出たとき強い花の香りに気がついた。まさか。

 

写真

 

たしか10月の初めに咲いた記憶がある。不思議なこともあるものだ。

そう言えば先月末の黙阿彌さんの「そばの会」で相席となった方が、ナンの花なのかは聞きもらしたが今年は二度咲いたと話しておられたことを思い出した。きっと金木犀のことだったのだろう。

 

花に詳しくないので何とも言えないが、ここ大牟田でも10年ほど前に12月に桜が咲いたこともあるのでこう言うことはママあるのだろう。

何かこれ以上悪いことが起きねばよいが、、、、、。

 

悪いことと云えば、すでに安倍自民党の大勝があった。

北の金王朝のトランプがらみの悪だくみもナンかありそう。

 

用心するに越したことは無いが、ナントカあらーとが「飛んできます」と教えてくれても何をどうすればよいのか見当もつかない。

 

もし誰かが「ごるご十三」を雇う時は、多少のカンパはしてもいいと思っているのだが、、、、。

 

 

 

*今日は何の日:文化の日(1948)

1946(昭和21)年、日本国憲法が公布されたことを記念して、1948(昭和23)年に制定された国民の祝日。「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としている。

 

*この日生まれの有名人:手塚治虫(漫画家・1928)

*今日の花:山茶花

*花ことば:困難に打ち勝つ

author:Jさん, category:身辺雑記, 23:24
comments(8), -
名刹「光徳寺」での蕎麦の会

秋空高く澄み渡り 穏やかにそそぐ柔らかい日差しの中、ここ荒尾の光徳寺での第1回の「蕎麦お食事会」が開催された。

 

もちろん十割蕎麦「そばやもくあみ」さんの出張「そば打ち」である。

集まったお客は運よく抽選に当たった20名。

 

お御堂に座して待つこと20分。「十割ざる」「ぶっかけ蕎麦」「とろろ蕎麦」「そばがき」「そば饅頭」が次々と運ばれてきた。

 

何れもかつて味わったことのあるものだったが、民家村の店をよんどころ無き事情で閉めて4カ月。

久しぶりに味わうこの十割蕎麦にみな感嘆の声を上げていた。

 

写真

写真

写真

写真

写真

写真

 

会が始まる前に、お寺の厨房を訪ね「麺棒の扱いのコツ」と打ち上げた「麺のたたみ方」を教えていただいた。

 

さっそく明日、忘れないうちに「コツ」を試みようと考えている。

 

 

 

*今日は何の日:オウム真理教に解散命令(1995)

*この日生まれの有名人:東海林さだお(漫画家・1937)

*今日の花:ロベリア

*花ことば:悪意

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 16:49
comments(4), -
久々のそば打ち

千葉からの双子ちゃん来訪時に打つ予定だったが、蕎麦アレルギーのチェックが終わっていないと知ってお流れとなっていた。

 

ただあまりに延び延びにしておくとそば粉が変質・劣化するので、早めに在庫を消化しようと久々にそばを打った。

 

写真

 

相変わらず延ばしがうまくゆかず60cm×80cmの長方形にはならなかった。

 

写真

 

結果、残念ながらいつものとおりの不揃いの麺が出来た。

キレイに並べればもう少しは旨そうに見えるのに、いつもの乱暴な置き方となったのは残念。

 

来週は十割蕎麦「木阿彌」さんの「蕎麦の会」が荒尾市のお寺を会場に開催される。

早めに行っていろいろこの間たまっている質問をさせていただこうと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:ハウス食品のカレーのCM「私つくる人、ボク食べる人」中止(1975)

*この日生まれの有名人: 大屋政子(1920・バレエ研究所理事長)

*今日の花:野ばら

*花ことば:詩

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 09:37
comments(14), -
どこで切るのか

昔、浪曲も講談も盛んであったころよく聞いた言葉に「きらほしのごとく、居並ぶ」があった。

 

家康招集の会議に拠点の大大名が参集する、あるいは真田幸村の作戦会議に十勇士がうち並ぶなどのさまを描写する際に盛んに使われた。

 

「綺羅星の如く」であるが、綺羅は、“あやぎぬ”と“うすぎぬ”のことで、美しい衣装のこと。美しい衣装、転じて華やかさをあらわす。つまりあでやかさは「星」のようだの意。

上記の武家集団であれば「あでやかさ」というより武人のオーラとでもいうべきものであろうが、、、、。

 

で、この文の切り方だが言うまでもなく「綺羅星、のごとく」ではなく、「綺羅、星の如く」でなければならない。

先日13日に「しかしながら」の切り方を記したので、引き続いて同じような話で気が引けるのだが、、、、。

 

今朝たまたま昔の「講談本」をパラパラとめくっていて遭遇したのだが、懐かしさのあまりここにアップすることにした。

 

 

 

*今日は何の日:ハンガリー事件(1956)

*この日生まれの有名人:土井晩翠(詩人・1871)

「つちい」か「どい」か?

生まれたときは「つちい」本名、後に詩人となって「どい」と改称。

 

*今日の花:ちょうせん朝顔

*花ことば:愛敬

author:Jさん, category:気になることば, 10:44
comments(9), -
加計学園、森友学園と原発ゼロ

通販生活2017冬号が届いた。

 

投票日は明後日1020日(日)。

大切な判断材料だと思い、安倍自民党の議席の減少を願ってここに掲載する。

 

写真

写真

写真

 

虚誕堂の「落選運動」の一つを紹介した。

 

 

 

*今日は何の日:リサイクルの日()

「ひとまわり」(10)「ふたまわり」(20)のゴロあわせ。

あまりいい出来とは思わないが、、、、、。

日本リサイクルネットワーク会議が1990年に制定した。

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:麻

*花ことば:運命

author:Jさん, category:身辺雑記, 07:57
comments(6), -
今日の川柳・俳句(毎日新聞 朝刊)から

まず最近かじり始めた「俳句」から、、、、、。

 

選者の櫂未知子さんが書いておられた。

この頃、気になっていることがある。それは、「とにかく心配性な句が増えたこと」。

場所も時刻も全部特定しないと不安である、というように。

俳句は新聞の記事ではないから、あれこれ情報を盛り込む必要はない。ただ、何をつかんでくるか、のみだろう。

俳句は情報を伝える手段ではなく、声高に自分をアピールするための舞台でもない。

 

こう主張される選者が選んだのが次の句。

春の月 良書に出合ひたるごとく  友岡子郷

 

次は「川柳」。

刑務所の五年は省く立志伝  川越 麦そよぐ

お上からかたじけなくもはした金 取手 崩彦

 

朝から「俳句」も、「川柳」も好きな句に出合えて何か得した気分となり、つい酒に手が出そうになったが、今日は近くの団地集会所での「囲碁」の日。

思い出してよかった。

 

 

 

*今日は何の日:天皇・皇后、戦後初の靖国神社参拝(1952)

*この日生まれの有名人:阿川泰子(じゃず・シンガー・1951)

*今日の花:こけバラ

*花ことば:無邪気

author:Jさん, category:気になることば, 17:26
comments(6), -
「しかしながら」

「しかし」に似たことばで「しかしながら」があるが、現在、この二つのことばは同じ意味で使われている。

 

そりゃそうだろう、「しかしながら」から「ながら」を省略しただけだから、、、、、と思って読み進めるとこれが大間違いだった。

 

写真

文春文庫 高島敏男 著

 

確かに「しかし」は「しかしながら」の縮小形ではあるが変な切り方の「縮小形」であり、それはtele-vision テレジョン を「テレビ」としたのにさも似たりであるとのこと。

つまり「しかしながら」は「しかながら」であり、「全部ひっくるめて」という意味となる。

「しか」は「そのように」の意。

「しながら」の「し」は「す」の連用形、、、、、、、などの文法の話が続くが省略する。

<詳しくは同書の304ページをご覧ください>

 

また「全部ひっくるめて」の「しかしながら」が「それはそうだけれども」の意味に変化するについても詳しく述べられているが、これも長くなるので省略。

 

面白いと思ったのは、上記の短縮のやり方と、「しかし」が必ずしも逆接ではない使い方もあり、即ち「しかしよく降るねえ」とか「会社やめたんだってね。しかしこれから何でメシ食うの?」などの使用例が挙げられていたこと。

 

「週刊文春」連載をまとめたもので、この他、面白いはなし満載である。お勧めする。

 

 

 

*今日は何の日:国民唱歌、放送を開始。第1回「海ゆかば」(1937)

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:しもつけ草

*花ことば:整然とした愛

author:Jさん, category:気になることば, 15:54
comments(8), -
「わび」と「さび」

この二つの言葉はよく聞く言葉だが、似た感じであり、何かしら近い言葉だとはぼんやりと理解していたがその意味は良く分かっていなかった。

 

辞書で「侘び」を引くと茶道・俳句が理想の境地として求める質素で落ち着いた趣とあり、おなじく「寂」は古びたものに感じられる、落ち着いた趣、とでる。

が、あまりピンと来ない。

 

ところが最近教えてもらったピンタレストPinterest をヒマに任せて眺めていたらたまたま遭遇した図解が良く出来ていた。よく理解できた。

 

写真

 

ということで虚誕堂の無知を、恥をさらしつつ、雑記帳にアップすることにした。

ところで「ピンタレスト」なるもの暇つぶしにはモッテコイです。雑学の宝庫です。

 

まだの方はぜひインストールされることをお勧めしたい。

 

 

 

*今日は何の日:革命家チェ・ゲバラ、ボリビア山中で射殺された(1967)

*この日生まれの有名人:ジョン・レノン(音楽家・1940)

ここ大牟田の虚誕堂事務所から徒歩10分のお寺にジョン・レノンの親戚のお墓がある。

 

*今日の花:ういきょう

*花ことば:賞賛

author:Jさん, category:-, 16:31
comments(4), -
最初の「柱のキズ」

千葉の双子ちゃん一行は29日(金)の夕方大牟田入りして3日(火)の朝、次の訪問先糸島市へ。

 

最終日の2日は満1歳を記念して最初の柱のキズを印した。ついでに体重も測定。

Tくん 70センチ 8.75

Uくん 73センチ 9.75

身長も体重も二人の差はなかなか縮まらない。

マアこれが二卵性双子の個性なんだろうと考えることにした。

 

写真

柱のキズ

 

昨日あたりから何やら肩に違和感が、、、、。

言うまでもないが、「ベビーサークル」に抱えて入れたり出したり、そして抱っこをしての外歩きの影響がジワリと出てきているようだ。

 

写真

Tくん

 

写真

Uくん

 

そのレンタルのベビーサークル『キッズランド』を朝から久留米市まで返却に行ったが、帰り道、筑後市に入ってすぐに気になるたたずまいのお蕎麦屋さん「蕎麦DINING・禅」を発見した。

もちろん素通りは出来ない。時計を見ると1220分。時分時。

 

カンは当たった。メニューに「十割そば」もあった。が、事前予約制だった。残念。

単品で「ザル蕎麦」をチェックするつもりで入ったが、猛烈な空腹感あり。つい「定食」を注文していた。

 

写真

そば定食

 

ところでその双子ちゃんたち、夕方、千葉から無事着いたとの連絡あり。一安心した。

彼らに長旅の疲れが出ないことを祈っている。

 

 

 

*今日は何の日:世界初のトーキー映画『ジャズ・シンガー』封切り(1927)

*この日生まれの有名人:孫文(中国の政治家・1866)

*今日の花:はしばみ

*花ことば:仲直り

author:Jさん, category:身辺雑記, 23:08
comments(4), -