RSS | ATOM | SEARCH
もぐもぐ蕎麦

カクテイシンコクを含めて煩わしいことがいくつか片付き、やっと蕎麦を打つ気になった。

 

127日以来の2回目だが手順は忘れていなかったし、前回の約2/3の時間で打ち上げることが出来た。少し前進。

ただ400gの「そば粉」と100gの「小麦粉」に215CCの水を用意していたのだが、何故かそば粉が纏まらない。仕方がないので追加の水20CCを加えて凌いだ。

 

写真

あるべき姿は長方形だが、、、、

 

写真

重い「蕎麦切り包丁」をまだまだ自在には扱えない  

で、等間隔には切れない

 

写真

等間隔に切れてもその幅が広い

 

写真

前回同様の麺の固さとなった

虚誕堂にとっては固すぎる  盛岡の「食道園」の冷麺並みの固さである  トホホ

「二八そば」の二に中力粉を使ったが、次回は薄力粉に替えてみよう

 

前回も記したが、麺の細さ(太さ)の問題そしてその固さも手伝い、お店の蕎麦のように“つるつる”とすすることは出来ず、今回もまた、もぐもぐとしっかり噛んで食べる蕎麦となった。

残念な気もするが、コレはコレで素人らしさ満載の、お店では味わえない「味」と言える。

とは、マァ負け惜しみではあるが。

 

蕎麦を美味しくいただくには、「挽きたて」「打ちたて」「湯がきたて」の“三たて”を良しとするが、自分で打てばそのうちの「二たて」までは手に入る。

まだ「そば粉」は残っている。引き続き明日も400gを打って見ようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:道昭和尚、わが国初の火葬に(700)

道昭和尚は、653(白雉4)年5月に遣唐使の第一船で渡航し、『西遊記』の三蔵法師のモデルになった玄奘三蔵のもとで法相宗を学び、多くの経典とともにこれを日本に招来した。

 

*この日生まれの有名人:渥美清(俳優・1928)

*今日の花:にれの木

*花ことば:高貴

author:Jさん, category:-, 14:18
comments(1), -
毎日新聞「はがき随筆」筑後版 表彰式

昨日は、標記の式典で達人二人が表彰された。

 

随筆仲間で作っているバーチャル家族「荒井家」から二人、「園田」さん、わがブログへのコメントでは「次男です」さんと、星野村の四女の「西田」さんが表彰されることとなり表彰式会場、久留米のホテルへ赴いた。

 

写真

 

 

写真

 

 

めでたい事である。

 

ではあるが、バーチャル家の長男である虚誕堂がこのはがき随筆への投稿を昨年3月の掲載を最後に、プツリとやめたのは将にこのお二人の存在があったから、、、、。

少しばかりお恨み申し上げる存在なのである。

 

上記の文章をお読みいただくとわかるのだが、起承転結の見事さそして余韻。

早い話がどうにも勝てないのである。

 

お開きの後は、六ツ門の有名パーラー「銀のスプーン」で荒井家の集い。

なんせ女性7名、男性は2名でのわいわいガヤガヤ。

話題は縦横無尽、喜怒哀楽。大いに疲れた3時間であった。

 

このお開き後、次男さん夫妻と、再来週20日にはるばる新潟から飛来なさる「姫」の歓迎会場探しへ。

焼き鳥の街として有名な久留米の中でも一番店へ案内していただいた。

絶品の焼き鳥がずらり、それも気になって気になって仕方がなかった焼き鳥の「ダルム」(医学用語で腸)を初めていただいたことも記念すべきことである。

また次男さんが「小さん」「枝雀」そして「小田和正」がお好きなことから、奥さんからのダメ出し頻発の中でも大いに盛りあがった。

 

このように大いに満足のお店であったが、飛来当日の20日月曜日は定休日とのこと。

祭日なのだが?と食い下がってみたが無駄な抵抗だった。アジャー!

 

と言うことで、この店に匹敵する存在感あふれる店を次男さんに探してもらうこととなった。楽しみにしている。

 

 

 

*今日は何の日:シャープが世界初のカラーファクシミリ発売(1990)

*この日生まれの有名人:春風亭小朝(落語家・1955)

*今日の花:ひなぎく

*花ことば:明朗

author:Jさん, category:-, 16:20
comments(3), -
「氷解」の手前

氷解と言っても分かりにくいが、氷解と言えば「疑問」のあとに続く言葉に決まっている。

 

「命に」続く「別状なし」と同じである。「別状あり」は見たことがない。

それはとも角として、虚誕堂の長い間の疑問が一つ氷解しつつある。

 

きわめてローカルな話題で恐縮だが、大牟田市の東部に、お隣の熊本県南関町との境に「大間山」と「三池山」がある。

この二つの山の名はたいていの地図に名前が載っている。

が、その二つの山に挟まれた低い山があるがこの山の名前が長く分からなかった。5万分の1の地図には記載されていないのだ。

 

大牟田に戻って10年、機会あるごとにひとに尋ねたが答えは決まって

イ)三池山の一部である

ロ)大間山の一部である

ハ)分からない

であった。

 

ところが今回、図書館にあった「ここが日本発祥の地だ」という、ここ大牟田市こそが「ニニギノ命」が下向した土地であるという、いわばトンデモ本のページをめくるうちに65ページにこの写真を発見した。

 

写真

真ん中に「大塔山」と記されている

 

もちろんトンデモ本の記述を鵜呑みにしてよいかどうかは分からないが、「大塔山」であると主張するひとがいたのである。やっと手がかりを得た。

氷解のチョット手前まで来ている。チョットうれしい。さらに探索を続けようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:桜田門外の変、井伊直弼暗殺さる(1860

*この日生まれの有名人:ナシ(・)

*今日の花:れんげ草

*花ことば:私の幸福

author:Jさん, category:-, 22:21
comments(5), -
梅と箸置き

午後、手こずっていたカクテイシンコクをやっと出してきた。

 

いろいろあって今年はいつもより大幅に遅れ気をもんだが提出が完了して少し気が楽になり畑へ。

何の手入れもしない我が家の梅にも花が咲きそろっていた。

 

写真

今年は梅酒が作れるくらいに実がなってくれるといいのだが、、、、。

 

写真

少し後ろがうるさいがマアいいか

 

写真

透過光 実際はもっとキレイだったのだが、、、

 

写真

思いついて箸置きに挿してみた

 

写真

箸置きついでに、、、、

 

さてカクテイ後の楽しみの第2弾は「そば打ち」。

明日やることにしてこれから道具、蕎麦粉を準備しよう。

 

 

 

*今日は何の日:国宝の松山城放火で全焼(1949)

*この日生まれの有名人:エリザベス・テーラー(女優・1932)

加山雄三の母、小桜葉子似の人。逆か!

*今日の花:おおあまな

*花ことば:純粋

author:Jさん, category:-, 15:41
comments(3), -
ごっちんめし

高額療養費の申請に来いと市のケンポ課から連絡があった。

 

いま確定申告書類作成にやっと手が付いたところだが、気分転換になるか、と出かけた。

手続きはものの5分もかからなかった。

せっかく街の中心部まで出てきたのだからと、市庁舎を出て、カメラを手に年金通り→大牟田駅→東洋軒→笹林公園と廻った。

 

写真

写真

写真

写真

写真

写真

 

年金通りでは、夜の徘徊では見つからなかった「碁会所」が健在だった。

大牟田駅の広場の「親子像」、笹林公園の「機雷」、そのどちらも説明版が無くなっていた。

機雷は確か日露戦争当時のものと記憶していたのだが、、、、、。

 

途中、大牟田ラーメン発祥の「東洋軒」の前を通ったので一瞬入ろうとしたが、念のためカメラバッグを探るとサイフは入っていなかった。カメラバッグを変えたのだった。

ウッカリ入らなくてよかった。

ただ、このラーメンのためだけにサイフを取に駐車場へ戻るのも業腹だ。

で、入店せず。

 

昼は、帰り道の、ゆめタウンの食堂「あげ天」に入ったが、これがいつもと違って不味いこと不味いこと。

イヤ、乗っている天ぷらはいつもの味だったが、ご飯が酷かった。「ごっちんめし」だった。

 

「ごっちんめし」は方言であるということは認識しているがどこまで通用する言葉であるかは分からない。で、念のため説明すると、ご飯に芯がある、生煮えご飯のことである。

 

たまたま今日だけの失敗だとは思うが、もう二度とこの店には入らないと決めた。

 

 

 

*今日は何の日:連続テレビドラマ「月光仮面」スタート(1958)

*この日生まれの有名人:なし

*今日の花:つるにち草

*花ことば:楽しい思い出

author:Jさん, category:-, 19:00
comments(6), -
気になる「予感」

虚誕堂は「テロ」「暗殺」を認めないし許さない。憎んでいるといってもイイ。

 

しかし、どこぞの国のやりたい放題の正気ではない「大統領」がある日「暗殺された」というニュースが流れてもさほど驚かないような気がしている。

 

かの国にはキャロラインちゃんのお父さんなど前例がいっぱいあるし、、、、、。

手のひらサイズの拳銃「デリンジャー」を有名にした事件もあった。

ついでに言うと最近、近くの「王朝」でもいろいろとあるようで怖い。

 

繰り返すが虚誕堂はテロを認めないし許さない。上記の来るべきニュースは「予感」ではあっても「期待」ではない。

とは言っても正直に言うと、少しは期待があるような気もして来ている。

これもコワイことである。

 

 

 

*今日は何の日:夏目漱石、文学博士号を断る(1911)

*この日生まれの有名人:長嶋茂雄(いわゆる一つの野球監督・1936)

*今日の花:カルミア

日本名:アメリカシャクナゲあるいは花笠シャクナゲ

*花ことば:大きな希望

author:Jさん, category:気になることば, 14:32
comments(4), -
木賃アパート

今読んでいる佐々木譲の小説に「木賃アパート」が出てきた。

 

もちろん江戸時代に「旅籠」が出現する以前の、自炊用の燃料代=木賃を支払って宿泊できたという宿、そして昭和の時代まであった湯治場などで見られた「木賃宿」は知っていた。が、木賃にアパートをつなげる「木賃アパート」は初めて見た。

 

木賃の語感からなんとなく「安」アパート、「ぼろ」アパートとして読み進んだが、どうにも気になって仕方がない。イメージがつかめない。困った。

 

で、その文庫本を放り出して調べにかかった。

分かったことは

  • 木賃は「キチン」ではなく「モクチン」と読むこと
  • モクチンは「木造賃貸」の略であること

 

なーんだそうだったのか。

であれば京都・乙訓は長岡町で独り暮らしを始めた時の国鉄「神足駅」近くの2階建てのアパート、その後移った立石オムロンの工場横のやたら玄関の広いボロアパートを懐かしく思い出した。

 

時々、京都時代を思い出すことはあるが、あの「モクチン」を思い出したのは何十年ぶりのことだろう。

また関連してスナック「バッカス」や阪急の長岡天神駅までの途中にあった洋菓子屋のショートケーキが1個70円だったことまで記憶がよみがえった。

 

さてこれから、佐々木譲に感謝しつつ、中断していた「代官山コールドケース」を再び読み進めることにする。

 

 

 

*今日は何の日:エジプト考古学者カーター、ツタンカーメンの墓を開ける(1923)

*この日生まれの有名人:島崎藤村(作家・1872)

*今日の花:野の花

*花ことば:自然のなつかしさ

author:Jさん, category:気になることば, 14:52
comments(9), -
玉をくわえた「狛犬」

虚誕堂はこれまで多くの師匠に教えを受けて今日に至っている。

 

PCおよびWEB”のI 山師匠はじめ“畑作”の、“陶芸”の、“剪定”の、そして“写真および写真機”の師匠には福岡のMさんがおられる。

 

そのM師匠のもう一つの顔は「狛犬」研究家であり、その分野では有名な方である。

で、M師匠の影響を受けた虚誕堂は神社に行くとお参りするより先に「狛犬」を撮るようになった。

その中でビックリの発見をしたのが近所、大牟田市白銀にある「天満神社」の阿吽の「阿」であった。

 

なんと!ここの「阿」はくわえている「玉」が動くのである。

しかし狛犬の口より中の玉が大きくて取り出せない。これには驚いた。ということは口の中に「玉」を彫り出しているのである。

 

熊本・大牟田地方の狛犬は大昔の阿蘇山の噴火で降った灰が固まった石で出来ているらしい。

従って、比較的柔らかく彫刻には向いているとのこと。

上記の「玉」造りもやってやれないことはないとは思うが、気が遠くなるような作業であることは間違いない。また、どういう技術が必要かは想像もつかない。

 

写真

 

写真

写真

動く様子を動画で撮ると分かり易いのだが、、、、、

 

というように、虚誕堂の狛犬への興味・関心はもっぱら狛犬「阿」の口の中の「玉」が動くかどうかという狭いものだが、今のところ、この狛犬にしか行きあたっていない。

 

もう少し暖かくなったら、神社巡りに精を出しもっと多くの動く「玉」を見つけようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:気象協会がスギ花粉の飛散状況の予報を開始(1990)

*この日生まれの有名人:矢野顕子(歌手・1955)

*今日の花:カナリーグラス

*花ことば:辛抱強さ

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 14:00
comments(6), -
今年初めての雪

朝起きて新聞を取りに玄関を出たら雪。

 

昨夜からテレビ報道で大いに覚悟はしていたのだが予想より少ない雪にちょっとガッカリ。

豪雪地帯の、国道で車が立往生する地方の皆さんには申し訳ないが、九州で雪となると子供たちばかりでなく大人も少しばかり心うきうきとなる。

 

でも昨年末のキビシイ寒さでウォシュレットの水が出ない事態と比べるとこの程度の雪でありがたいとしみじみ思う。

 

写真

写真

写真

写真

 

ただ九州ではこの程度の雪でもあちこちの坂道でスリップ事故が多発する。

今日の外出は控えることとしよう。

 

 

 

*今日は何の日:わずか1ページの論文がノーベル賞に(1934)

1934年の今日、「ネイチャー」誌にわずか1ページの論文が掲載された。

F・ジョリオとI・キュリーによる人口放射能に関する論文だ。

翌年2人はノーベル化学賞を受賞。一般に物理学の論文は、既知の内容を繰り返す必要はなく、新しい説を提示するだけでよいために比較的短いものが多いが、1ページというのは珍しいという。量より質の最たるものか。

 

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:じんちょうげ

*花ことば:栄光

author:Jさん, category:-, 13:40
comments(4), -
お世話になった「淳子」と遭遇

今日はチョットした探しものがあり「リサイクルショップ」を3店巡った。

 

探しものは見つからずガッカリして最後の店を出かけたが、出口近くのコーナーにレコードが並んでいるのに気が付いた。

見ると「ドーナツ盤1枚50円」のはり紙が、、、、。

 

安いのか高いのか分からないまま適当に1枚抜き出したら「気まぐれヴィーナス」桜田淳子 であった。4曲入っていて当時800円。今、50円。

 

写真

 

これを見て最近テレビで彼女が芸能界へ復帰か?と報じていたのを思い出した。

時の人となりつつあるようだ。

また虚誕堂は昔、彼女にお世話になっていたころもあった。買うことにしよう。

 

と言うのも、電話で氏名を伝える際に、姓の中山は簡単だが名の「淳貴」が難しい。で、桜田淳子の「淳」と説明していたのだ。

ただ、その桜田淳子も知る人が無くなり困っていたのだが、復帰してくれたらメデタイことであり、虚誕堂にとってもありがたい事である。

 

50円の支払いで店を出るのも気が引けたのでもう1枚を探した。

出てきたのが「およげ!たいやきくん」。迷わず購入。

 

写真

 

ただ買ったはいいが、「レコードプレイヤー」はとうの昔に処分して無い。

ということで明日からは「プレーヤー」探しのリサイクルショップ巡りを始めることとなってしまった。トホホである。

 

 

 

*今日は何の日:映画「何が彼女をさうさせたか」公開(1930)

*この日生まれの有名人:やなせたかし(漫画家・1919)

*今日の花:いわれんげ

*花ことば:家事に勤勉

author:Jさん, category:身辺雑記, 20:13
comments(4), -
新鮮な各駅停車での熊本行き

この10年、所用で、ほぼ毎月熊本を訪れたがそのすべてが車での往復だった。

今回、思い立ってJRで行くことにした。行った先で酒が飲めるのはありがたいカモと。

 

この10年の以前、福岡に住んでいたころはJRでの熊本行きもないではなかったが、その場合は特急を利用していた。

が、今回調べると、九州新幹線開通の余波で大牟田‐熊本の特急列車は廃止されていて無かった。

ということで、はからずも初めて各駅停車での50分間の旅を楽しむこととなったのである。

 

乗った列車は各駅停車にもかかわらず、たまたま「田原坂駅」での停車は無かったが、初めて「田原坂の古戦場」をゆっくりと眺めることが出来たのは有難かった。

 

♪ 雨は降る降る 人馬は濡れる
越すに越されぬ 田原坂
 

熊本行きの目的は「下通り」のある医院にあったが、クスリをもらって「下通り」を散策するうちに熊本城の真下へ出てしまった。

ただ復旧中の無残な熊本城を見るに忍ばず迂回して昼食の店を探した。

 

写真

写真

 

写真

 

帰りは、行きと反対の席に座り南荒尾にある子供のころ行った海水浴場の跡を懐かしく眺めることが出来た。

 

これからも熊本へはJRにしようと決めたことだった。

 

 

 

*今日は何の日:大岡越前守、江戸町奉行に(1717)

*この日生まれの有名人:メンデルスゾーン(作曲家・1809)

この名前を見るたびに思う。この人の名前、どこで切るのだろうか?

まさかメンデ・ルスゾーンではないとは思うが、、、、、

 

*今日の花:あわなずな

*花ことば:君に捧げる

author:Jさん, category:-, 20:06
comments(5), -
耳障りな言葉

昔から嫌いな言葉に「いきざま 生き様」がある。

これは嫌いというより間違いであり「許せない」ことば。

 

ところで歳の所為か最近気になってしょうがないものに「〜かもしんない」「わかんない」がある。

テレビで見る限り、今や老若男女を問わず毒されており、そしてその分布は今や全国区の言葉のようだ。

 

虚誕堂としては、上記の言葉も生まれた時から方言として使っていた人々は許せると思っている。方言は大切せねばと思っているから、、、、、。

許せないのはそうではない人たちの流行り言葉として安易に使うそれである。

 

ということから、九州それも福岡・ちっご弁ネイティブの男女には使ってほしくない言葉だと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:ドイツ首相にヒトラー就任(1933)

*この日生まれの有名人:長谷川町子(漫画家・1920)

*今日の花:りゅうきんか

*花ことば:必ず来る幸福

author:Jさん, category:気になることば, 14:15
comments(1), -
初めての蕎麦打ち

そば打ちの教室や観光地のそば道場での“介助あり”の「そば打ち」は何度か体験しているが、初手から独りで蕎麦を打つのは初めてであった。

 

道具やそば粉は年末に準備していたが、気にかかることが三つあり、それがそれぞれ片付いて、やっと打つ気になった。

結果はご覧の通り、蕎麦包丁と駒板をズラすタイミングが合わず、麺の幅が一定しなかった。ただ、これは想定内のこと。

また蕎麦粉を丸めよく練り、平たく伸ばす工程は陶芸の粘土練りの経験が役に立った様だ。

 

で、反省点の最大のものは時間がかかり過ぎたこと。

蕎麦粉と中力粉を混ぜてから、捏ねて広げて麺を切るまで35分を要していた。

工程がちゃんと頭に入っておらず、指南書を見ながら恐る恐るの作業であったことが原因。

時間はかかったが、乾燥しすぎて麺がぶつぶつ切れる事態にはならなかったのは幸いだった。

 

写真

写真

写真

 

作ったのは栃木産の蕎麦粉400gに小麦粉(中力粉)100gを混ぜたいわゆる八割蕎麦。

ざっと4人前出来た。

 

もちろん先日の蕎麦打ち体験教室のH先生の作には遠く及ばなかったが、それでも木曽福島の「くるま屋」の蕎麦に似た、ツルツルではなくモグモグ食べる蕎麦が出来ていた。

マアこれはこれで良しとした。

が、あくまで目標は香り高いツルツルの細麺を目指したい。

 

まだそば粉は600gある。手順の記憶が薄れないうちに明日にでも、作業時間短縮を課題としてチャレンジしたいと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:国旗制定記念日(1870)

明治3127日、太政官布告第57号によって、日の丸の旗を国旗と制定したことにちなむ。

なお、国旗の規格は縦横の比率は23、日の丸の直径は縦の長さの5分の3、そして日の丸の中心は風上に100分の1ずらすとしている。

これは大昔、ボーイスカウトに入ってすぐ暗記させられたこと。今でも上記の数字はスッと出てくる。

 

「日の丸」「君が代」には様々な議論があるが、虚誕堂はこの「日の丸」は世界に誇る素晴らしいデザインだと思っている。君が代はともかくとして、、、、。

 

戦時中の記憶から、日の丸の旗に違和感、嫌悪感を持つ人もいるだろうが、そんな人々ももうすぐ死に絶えるだろう。

この日の丸は大事にしてほしい。

 

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:ななかまど

*花ことば:怠りない心

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 16:30
comments(3), -
大切な書類が届いた

昨日は午後に来客があり、持参された3、4枚の書類に印鑑を押したが中の1枚には実印が必要とて探しに探したががなかなか見つからない。

 

結局、実印はあるべきところにあったのだが、何故か何度も見落としていて発見までに結構な時間がかかった。

最近この手の思い込みの強さから来るドタバタが多い。早い話しが「老化」のなせるワザ。困ったことだ。

その後、「印鑑証明書」も必要と分かり、今度はまたそのカード探しに一苦労。

 

へとへとになって押印が終わったのは18時で、外はもう真っ暗。

来客を送り方々、ご近所居酒屋「三菜屋」へ案内。

情けなさも手伝いついつい深酒となってしまった。

 

今朝は朝一番で市役所に行き「印鑑証明書」を取り、先方へ郵送し一段落がついた。

しかし、そんなこんなでX-PRO2の「取り説」熟読が遅れている。

 

明日こそは取りあえずのモノクロ「1枚」を撮りたいのだが、、、、、。

 

 

 

*今日は何の日:八甲田山で210人の兵士遭難。死者199人(1902)

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:がま

*花ことば:従順

author:Jさん, category:身辺雑記, 23:38
comments(4), -