RSS | ATOM | SEARCH
おたんじょうびのうた

千葉から双子のTくんUくんがやって来た。飛行機と新幹線を博多で乗り継いで初めての大牟田入り。

 

明日は彼らの満1歳の誕生日。

嬉しい楽しい誕生会の日とすべく、いろいろ準備を重ね指折り数えて待っていたのだがやっとその日が来た。

 

あす「誕生祝いの会」の席で歌う「おたんじょうびのうた」を彼らの大伯父である京都山科の「hama」さんから贈っていただいた

 

写真

おたんじょうびのうた

 

1番の○○○はTちゃん、2番の○○○はUちゃんと歌うことに、、、、、。

 

「楽譜」だけでなく、HAM兄妹のAちゃんMちゃんのピアノ伴奏もアップしたいところだが、演奏のMP3をいったんYou Tubeにアップしてそれをこのブログに取り込むという作業が必要とのことで、残念ながら虚誕堂のスキルでは叶わなかった

 

明日祝いの席にAちゃんMちゃん姉妹がいたらピアノで伴奏となるのだが、あいにく運動会との関係でムリ。といって虚誕堂もピアノはムリ。

となると、ショウガナイまだ人前で吹くのは恐れ多いことだが「篠笛」での伴奏となりそうである。

 

写真

到着直後の「ふたり」

 

歩き始めてすでに1カ月。彼らの手が届くところの危険物は取り除いたつもりだが、目は離せない。

 

明日は美味しい酒になりそう。もちろん虚誕堂のハレの日の酒「浦霞 禅」を用意している。

 

 

 

*今日は何の日:富士通ゼロックス初の国産電子複写機を完成(1962)

*この日生まれの有名人:林隆三(俳優・1943)

*今日の花:林檎

*花ことば:名声

author:Jさん, category:-, 19:56
comments(5), -
「深夜食堂」

いま「深夜食堂」にハマっている。

 

ことの発端は毎週金曜日にTSUTAYAは虚誕堂に(正確には60歳以上の人に)DVD1枚無料にしてくれるので、その1枚をどれにするか店内をウロウロしていて、たまたま「深夜食堂」のタイトルが目に入ったことからである。

 

それまで何の予備知識もなかった。ただ主演が好きな俳優 小林薫だったので借りた。

1枚はすでにシリーズの途中まで来ている(観ている)「刑事コロンボ」を決めていたので仮にこれが駄作であっても無料だから、、、、と気軽に借りた。

ところがこれがメッポウ面白い。

映画版の 正・続を観て、次にテレビドラマのシリーズのDVDを借り続けている。

 

店の主人は「小林薫」、常連さんに「オダギリジョー」、「不破万作」、「松重豊」などが脇を固めてのシッカリした作り。

毎回ゲストの客にまつわる話が展開されて、その客が注文する料理が美味しそうに出てくる。

一言で言って「三丁目の夕日」の世界。

 

少し調べたところ原作は「ビッグコミック」に連載された安倍夜郎「深夜食堂」。

ドラマはTBS系の、福岡ではRKBで将に「深夜」放映されていたようだ。

毎回客が注文する料理のネタ本が飯島奈美「『LIFE』なんでもない日、おめでとう!のごはん」と知った。

 

さっそくブックオフに走り「原作のマンガ」を、アマゾンで「レシピ本」を入手した。

 

写真

DVD「深夜食堂」

 

写真

原作のマンガ

 

写真

毎回紹介される料理のレシピ本「LIFE

 

毎週金曜日に、2枚(1枚は有料、1枚は無料)を借りているが、シリーズは4部まで製作されているので今しばらくは楽しめそうである。

 

未見の方には ゼヒお勧めしたい。

 

 

 

*今日は何の日:アイヌ文化研究家の更科源蔵、81歳で没(1985)

*この日生まれの有名人:石橋湛山(政治家・1884)

*今日の花:カラス麦

*花ことば:音楽が好き

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 19:38
comments(5), -
今年の栗

今日、もうそろそろかナと思って畑に出てみたら案の定、畑のアチコチにそれも、今年は落下する前に栗の木の下の草を刈らなかったので、草丈3040センチの雑草の根本にハジケタ栗のイガが落ちていた。だからパッと見には分からない。

 

よく見ると栗のイガは弾けているがその付近に栗の実は見当たらない。

何者かが持って行ったに違いない。

栗と云えば「リス」だが、この辺でリスが出るとは聞いたことがない。

毎年不思議に思っていたので今年はいよいよネットで調べてみた。

 

「栗を食べる動物」で検索すると同じような疑問で投稿した人があった。

 

『 リス以外にも栗を食べる動物はいますか?自然公園内に栗の木を植えて収穫ができるようになりました。
何者かが地面に落ちた栗か樹上の栗か分かりませんが、地面にイガだけの中身の無い栗が残されています。
中身をとったのは誰なのかしらと知りたいのですが、人間の他はリスさんでしょうか?
りすさん以外でも栗を食べる動物・鳥類はいますか? 』

 

いくつもの回答があった。

それによると犯人は

クマ、リス、イノシシ、タヌキ、サル、キツネ、ハクビシンなど挙がっていたがどうもピンとこない。我が畑で見たことがない。

引き続き探すとカラス、ネズミ、ネコがあった。これならあり得る。

特にネコは、畑をわがもの顔に歩く「ノラネコ2匹」、「飼い猫1匹」がいる。

 

で、今朝草をかき分け拾ったのはコレだけ。

 

写真

 

今後も落ち続けるだろうが、探すのに難儀するし今年は裏年のようで実も小さい。ということで今年の残りはカラス、ネズミ、ネコ達にプレゼントすることとした。

 

来年は早めに下草刈りをして、さらにブルーシートを広げていっぱい収獲することにしよう。

 

 

 

*今日は何の日:会津若松松城(鶴ヶ城)、降伏開城(1868)

その昔、雪の降る日に訪れたことがあった。

その時の写真を探しているが未だ見つからない。

 

*この日生まれの有名人:吉田茂(政治家・1878)

*今日の花:こばん草

*花ことば:興奮

author:Jさん, category:身辺雑記, 16:44
comments(3), -
葦ペン画展へ

今日は以前から気になっていた「葦ペン画」の展覧会があるというので会場の大牟田市石炭化学館へ赴いた。

 

行ってよかった。気に入った。

 

 

写真

写真

写真

写真

 

虚誕堂の趣味と言えば、写真、陶芸、そば打ち、刃物研ぎ、草木染め、篠笛、吹き矢、と数だけは多いが、そのどれも一定の域には達していない。

いわゆる「何でも来いに名人なし」の見本なのである。

 

したがって常々もうこれ以上趣味は増やさないと固く誓っていたのだが、今日は会場へ入ってすぐに電気ショックを受けた。会場の最初の作品に一目ぼれ。即入会の手続きを取った。

 

毎月、第一、三の土曜日13時から15時@荒尾中央公民館 がお稽古タイム。

これからどれだけ続くのかは分からないが来月から精進することに、、、、。

 

作品をこのブログにアップできる日が来るのか来ないのか。

マアとりあえずスタートすることとした。

 

 

 

*今日は何の日:日清食品がカップヌードル発売(1971)

*この日生まれの有名人:なし

*今日の花:あざみ

*花ことば:厳格

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 19:13
comments(1), -
うす切りJさん

今、人気が出つつあるアメリカ人の出稼ぎ芸人で「厚切りジェイソン」という青年がいる。

ときどきテレビで見かけるがなかなか面白いことを言う。

1 「一」「二」「三」と横棒続きなのに次がいきなり「四」と法則が変わる。

2 点をつけると元の漢字とまったく違う意味の漢字になってしまう(「大」に点をつけると「太」「犬」に変化する)

3 漢字とカタカナで同じ形をしている文字(例、工(こう)とエ(カタカナのえ)や口(くち)とロ(カタカナのろ)など)。

4 鯉のぼりは一番下から「子供、母、父」の順番で並んでいる、なら一番上は祖父になるのに吹流しを付けているのは何故か。

5 日本人は神社の参拝を非常に丁寧に行うのに、神様が乗った神輿を乱暴に担ぐのは何故か。

 

などなど。

 

アメリカ人が日本語を学ぶ過程でいろいろ疑問に思ったことを並べて笑いを取っているのだが、客の笑いは「そうだそうだ」という共感のあかし。

芸が下品ではなく、知的なので好感度は高い。

 

何故「厚切り」か?との問いに、日本人はなんでも、パンでもハムでも厚切りを好むから、、、、と答えていたが、Wikipediaに当たると神奈川県厚木市在住と出ていた。ナルホド。

 

ところで虚誕堂はかれこれ15年ほど前から、ネット上の登録の際、「パスワード」とともに問われる「ニックネーム」に氏名の「名」から「Jさん」を使って来た。

この他、居酒屋でキープした「酒のラベルに書く名前」としても使っている、、、、、。

 

で、この度、上記の「厚切り」氏の活躍にあやかるべく、単なる「Jさん」から「うす切り」の冠を載せて「うす切りJさん」と名乗ることとした。

お見知りおきのほど、よろしゅうおたの申しますです。

 

もちろん本家に敬意を表し一歩控えて「うす切り」としたこと言うまでもない。

 

 

 

*今日は何の日:徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍との関ヶ原の戦い(1600)

*この日生まれの有名人:アガサ・クリスティー(推理作家・1890)

*今日の花:ダリア

*花ことば:華麗

author:Jさん, category:気になることば, 09:22
comments(2), -
見たくない 聞きたくない

新聞を開くと「米朝」の文字が躍る。

 

ドキッとしてよく見ると、「三代目 桂米朝」師じゃあなかった。

国家名に略語を使うな!落語家と間違うではないか!

 

露国とか米国とかは×。許されるのは「中国」だけ。中国を許したくはないけど。

ついでに言うと、アメリカ国を表記するなら正確に少し長くはなるが「日本に原爆を落とした」アメリカと記してもらいたい。

 

テレビからは「いっせん」「イッセン」とかまびすしい。

「一線」と書くらしい。超えるかどうかが問題らしい。

どんな線かゼヒ見てみたい気もするが、まだその機会に恵まれない。

 

そもそも「不倫」問題でものが言えるのはそして非難できるのは不倫された当事者、即ち双方の配偶者だけであって、周りが特にマスコミが騒ぐことではないと思うのだが、、、、。 

 

マア週刊誌が、テレビが騒ぐのは日本の読者、視聴者に「ミーハー」即ち「バカ」が多いということなのだろう。嗚呼!

 

 

 

*今日は何の日:ロス疑惑の三浦和義容疑者逮捕(1985)

*この日生まれの有名人:サトウサンペイ(漫画家・1929)

*今日の花:アロエ

*花ことば:花も葉も

author:Jさん, category:身辺雑記, 08:19
comments(3), -
篠笛講座Δ終わった

この講座も残すところあと1回となった。

 

写真

写真

 

昨日の講座を含めて6回の講座で先生の熱心な指導のおかげで「春の小川」「海<うみはひろいなおおきいな>」「赤とんぼ」「雪<ゆきやこんこ>という春夏秋冬の4曲をなんとか吹けるようになった。

ただ高音の「ド」はまだマシだが、低い方の「ド」があい変らず不安定なまま。

 

講座が終わるころには、牛若丸ON THE 五条の橋 ばりの「優雅な曲」を吹きこなすつもりだったが、どうやら無理なようだ。

と云うことで、篠笛とのつき合いも残念だが人前で披露することも無いまま終わりそうである。

 

中学校のブラスバンドでトロンボーンを吹いていたころから早60年が経ってしまった。どうやら歌舞音曲には向いていないナと悟った虚誕堂は、いま三池公民館で開催の「燻製」講座の当選を祈っている。

 

こちらは他の人に音を合わせることもなく、単独作業。気が楽。

酒の「アテ作り」という実益もあり大いに期待しているだが、、、、、。

 

 

 

*今日は何の日:元号を「明治」と定める(1868)

*この日生まれの有名人:ピーター・セラーズ(?・1925)

*今日の花:からしな

*花ことば:無関心

author:Jさん, category:趣味・興味あること, 08:13
comments(6), -