RSS | ATOM | SEARCH
三池初市
大牟田の二大祭りの一つ、“三池初市”が今日、明日開催される。
その祭りからいま帰ったところ。

「三池」と云えば、まずは炭坑節の“三池炭鉱”であり、高校野球ファンなら“三池工業高校”であり、刀剣愛好家なら“三池典太光世”であるが、そもそもその頂上に三つの池がある“三池山”がそのすべての由来である。

初市とは、その三池山のふもとの三池の町の300年の伝統を誇る植木市なのである。

確定申告の書類の目途がついたので、少し遅くなったが出かけてみた。


祭りの定番「たこ焼き屋」さん


必ず見かける「お面屋」さん


本来の名物「植木屋」さん


大昔しから植木と並んで人気もの「ざる屋」さん

匂いにつられてつい「一本ちょうだい」の声を掛けてしまった。

「イカ焼き屋」さん

初市の呼び物、“刃物の競り市”は明日の13:00〜とのことであった。
明日も出かけることになりそうである。



*今日は何の日:暴力団対策法施行(1992)
*この日生まれの有名人:(・)
*今日の花:房咲き水仙
*花ことば:自尊
author:, category:大牟田ちょい自慢, 19:42
comments(0), -
架橋工事あり
いつも陶芸(陶楽)へ通っている道にいよいよ線路が、、、、、。正確に言うと線路を敷く土台がかかった。


この橋から左へ200m先が新大牟田駅。いまだ見た限りではどちらが表口かはわからない。



ついでに博多側のトンネル工事も見に行ってみた。
2008.01.05撮影


2008.10.20撮影

1月の時点では、きっと“切り通し”だろうと考えていたが、今日見ると、トンネルにして土をかぶせつつあった。
陸橋から石など投げられるのを恐れたようだ。
大牟田にはそのような危険な人物はいないのだが、マァ他所からやってくることは考えられるので仕方がないことかも知れない。

ところで、現在、博多へ出るのには、けっこうな時間がかかっている。
自宅から「大牟田駅」までバスで30分、大牟田−博多 JR特急で50分。
それが新幹線ではかなりの短縮となる。
自宅から「新大牟田駅」まで徒歩7分、新大牟田−博多 新幹線で約25分となる。

大いに時間が短縮されてありがたいことである。
2011年3月が完成予定。期待している。

ただ問題が一つある。
博多で飲んで帰るとき、徒歩7分の距離は、タクシーが嫌がる距離なのである。

とは言っても、有無を言わせず乗り込むつもりではあるのだが。



*今日は何の日:二宮尊徳、没。(1856)
昔、小学校の端にあった、まきを背負い、本を読む少年の像でお馴染。
「百万石の米といえども粒の大なるにあらず。万町の田を耕すもその技は一鍬ずつの功による」は、尊徳の言葉。けだし名言である。

*この日生まれの有名人:なし(・)
*今日の花:麻
*花ことば:運命
author:, category:大牟田ちょい自慢, 18:21
comments(0), -
三池初市
三池の町は昔、筑後の国と肥後の国の国境にある宿場町で、三池藩の陣屋もあり、地方行政の中心地であった。
その大牟田市三池地区に春の訪れを告げる恒例の「三池初市」(同実行委員会主催)が1日、2日三池地区公民館周辺で始まり、好天に誘われた大勢の買い物客でにぎわった。
初市は、宿場町として栄えた同地区で約300年前に始まった住民同士の物々交換が起源とされる。この日は、県道が約400メートルにわたって歩行者天国となり、沿道には名物の花てぼ(竹かご)や植木のほか、たこ焼きやおもちゃなどを売る露店約200店がずらりと並んだ。
2日も午前10時‐午後8時まで歩行者天国となり、刃物のせり市が開かれる。
=2008/03/02付 西日本新聞朝刊= をリライト。


植木市風景


刃物競り市前の演武 試し斬り−1


刃物競り市前の演武 試し斬り−2


刃物競り市の前の品定め


お祭りの屋台


刃物の競り市がお目当てで出かけた。
競り勝って1本GETした。行った甲斐があった。



*今日は何の日:野球用語、全面日本語化(1943)
戦時下、野球は敵性スポーツの烙印を押され、野球用語を日本語にせよ、との当局からの通達があり、1943年(昭和18)のこの日をもって、ルールから英語が消えた。ストライクワンは「よし1本」、フォアボールは「一塁へ」、アウトは「ひけ」、三振アウトは「それまで」などに変えられた。

*この日生まれの有名人:カレン・カーペンター(歌手・1950)
*今日の花:花きんぽうげ
*花ことば<美しい人格>

author:, category:大牟田ちょい自慢, 18:13
comments(0), -
おおむた ひまわりフェスタ
この間、大牟田ちょい自慢で大牟田のアチコチ、アレコレを紹介してきた。
もう自慢するタネは尽きたかと思っていたが、まだ一つ残っていた。

「ひまわりフェスタ」9月29日(土)〜10月14日(日)<開催中>
会場:大牟田市健老町 大牟田エコタウン横

呼びかけ文
「今夏、あの猛暑の中、いっぱいの太陽を浴びて、陽気で黄色い笑顔が2年ぶりに育ちました。そしていよいよこの秋満開を迎えます。
50万本の笑顔にぜひ会いに来てください。」

入場無料、駐車場完備、“50万本のひまわり”そして青空には白い雲
ここまで条件が揃えば出かけようという気になった。












行ってよかった。
会期中もう1回、銀塩モノクロフィルムを詰めた写真機を連れ出そうと考えている。



*今日は何の日:犯罪被害者支援の日
(全国被害者支援ネットワーク事務局 03-5280-8403)
犯罪被害者がおかれている実情と、社会による支援の必要性を知ってもらうために医師、弁護士、ボランティアグループなどにより、1998年設けられた。

*この日生まれの有名人:石田ゆり子(女優・1969)
ウイスキーのCMで艶然と「女房酔わせてどうするの」とノタマッタあのお方。

*今日の花:もみじ
*花ことば<自制 >

author:, category:大牟田ちょい自慢, 17:54
comments(0), -
画像で紹介?「大牟田市庁舎」祝市制90周年
大牟田を代表する、大牟田にしかない、多くの皆さんに知ってもらいたい、ちょい有名な、ちょい珍しい、ちょい変わった「風景」と「ブツ」をご紹介することにした。

今日は2回目「大牟田市役所」


大牟田市役所は旧国鉄大牟田駅の斜め前徒歩1分


左右対称の建物


大牟田市廰舎 右から読んでくだされ


市制90周年

塔がある。そして最初の写真の右端の白いモノはトーチカである。
ナントモ時代を感じさせる建物である。



*今日は何の日:同時多発テロで110階建て世界貿易センター崩壊
2001年のこの日午前8時45分(現地時間)の出来事。
ブッシュの自作自演説もある。恐ろしいコトだが、、、、、。

*この日生まれの有名人:オー・ヘンリー(偉大なる作家・1862)
*今日の花:アロエ
*花ことば<花も葉も>






author:, category:大牟田ちょい自慢, 16:42
comments(0), -
画像で紹介?「三池山」
大牟田を代表する、大牟田にしかない、多くの皆さんに知ってもらいたい、ちょい有名な、ちょい珍しい、ちょい変わった「風景」と「ブツ」をご紹介することにした。



手始めに今日は「三池山」

この「三池山」は、この雑記帳の大牟田ちょい自慢で、7月19日の三池典太光世、8月4日の山・川・海、8月18日の三池高菜と3回登場している。
せっかくだから、ぜひお姿をばご覧いただこうと、、、、、。

さて、この山の頂上には文字通り三つの池がある。
伝説によると、『村人を苦しめる大蛇を蟹がやっつけてくれた。その際、蟹の二つの鋏でエイとちょん切ったら、三つに切断された大蛇が、のた打ち回り、結果、三つの池が出来た』とのこと。

この話、たしかに「二つの鋏で、三つに切断」は理屈に合う、がしかし、現場で見ると池は三つとも同じぐらいの大きさである。とすると、大蛇をほぼ等間隔で切断したことになり、蟹も結構大きな姿であったろうと考えられる。

小学生であった虚誕堂は思った。
大蛇はいてもいい。錦蛇を見たことがあるから。しかし大蟹は想像しがたい!と。

ともあれ、山の形は見る角度で様々に変化するが、虚誕堂にとっては小、中学校への通学路から見た、この形こそが三池山と言える。



*今日は何の日:ダイアナ元妃、悲劇的な事故死
1997年のこの日、ダイアナ元皇太子妃がパリ郊外で悲劇的な交通事故死。原因はパパラッチと呼ばれる有名人のゴシップを追っかけるカメラマンたちの追跡によるもの。

*この日生まれの有名人:野茂英雄(野球選手・1961)
*今日の花:しろつめ草
*花ことば<約束>


author:, category:大牟田ちょい自慢, 18:35
comments(0), -
三池高菜
三池高菜は日本三大漬け菜の1つである。
で、あと二つは?野沢菜と広島菜というのが定説。
三池高菜の命名は大牟田市の三池山で栽培されていたことに由来する。
そもそも三池高菜とは、旧柳川藩主・立花氏が、明治期に現在の柳川市三橋町に設立した旧立花家農事試験場で改良された品種であり、中国の四川青菜と在来種の紫高菜を交配したもので、紫色をおびた葉が大きく、葉脈が厚いのが特長だ。

その特長を生かして、大牟田では、おにぎりは必ずこの高菜の葉で包んで食べると言う風習がある。大牟田以外の、三池高菜が手に入らない地方では、やむなく、おにぎりに海苔をまいたりしているらしい。たしかに海苔は色、形状こそ三池高菜に似ているが、味はまね出来ない。そんな代替品で育つ子供たちは不憫である。

また大牟田の高菜は、採炭地という地域の特色にも合った食材だった。その昔、炭鉱労働者たちは坑内で汗を多量に流した後、塩分が欲しくなるので、よく高菜の油いためを食べたもの。油で炒めることで高菜の風味が増し、程よい塩加減で食がすすむ。

最後に、この三池高菜および、その油炒めはチャーハンやラーメンにも合う!ことを強調したい。それが証拠に大牟田のラーメン屋のテーブルには、紅生姜、ゴマと並んで高菜の油炒めが必ず並んでいる。



*今日は何の日:戦国の武将、豊臣秀吉没(1598)

*この日生まれの有名人:城山三郎(作家・1927)
*今日の花:たちあおい
*花ことば<熱烈な恋>

author:, category:大牟田ちょい自慢, 15:15
comments(0), -