RSS | ATOM | SEARCH
#1200の出番

先日砥石を求めてきてそのままになっていたが、昨日の午前、予定の行事がキャンセルとなったので、いよいよ包丁研ぎに勤しんだ。

 

本当は早朝がよかったのだが、そう云う事情での時間の活用なので、直射日光を避けて、玄関の庇の下で実施した。ステンレスの作業台を動かすのに少々難儀したが、、、、。

 

写真

写真

写真

 

800に続いて#1200を使った。それなりには切れるようになったが、ピカピカ感が今一つ。

 

折を見て#5000あたりを手に入れようと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:ラーメン記念日 日清食品、即席チキンラーメン発売(1958)

*この日生まれの有名人:コシノジュンコ(服飾デザイナー・1939)

*今日の花:アンスリウム(別名 べにうちわ)

*花ことば:恋にもだえる心

 

author:Jさん, category:身辺雑記, 09:23
comments(0), -
吉野校区第3回「夏祭り」

昨日は標記の祭りに参加すべく吉野小学校へ赴いた。

 

この地域の祭り、今回3回目だが今回はいろんな意味をかぶせられていた。

1つ 吉野校区総合まちづくり協議会設立5周年記念行事

2つ 祝!吉野小学校設立60周年

3つ 大牟田市制100周年記念事業

 

それだけに、従来よりも予算が潤沢であったようで、子供たちが参加するゲームの「参加賞」も「賞品」もマア豪華になっていた。

また、それだけに、来賓の数も多く、即ちご挨拶も多く、16時とはいえども運動場で直射日光にさらされたのはチト辛かった。

 

写真

写真

写真

写真

写真

写真

 

橘中学校吹奏楽部の演奏を聴き、四つの「子どもみこし」を楽しむまでが限界で、18時には退散した。

その後の行事「吉野太鼓の演奏」、「のど自慢カラオケ大会」、「ふれあい盆踊り」、「お楽しみ抽選会」はパスとした。

 

来年は陽が陰ってからの参加としよう。

 

 

 

*今日は何の日:生麦事件(1862)

早口ことば「生麦 生米 生卵」をちゃんと言えなくて大変な事態を招いた

 

*この日生まれの有名人:五島昇(悪辣な実業家・1916)

当時の関係者は皆、彼を「強盗昇」と呼んだ。

*今日の花:きんみずひき

*花ことば:感謝

author:Jさん, category:身辺雑記, 18:05
comments(4), -
戻った安らぎの時間と空間

この夏休み2回目のHAMチャンズの襲来あり。812日金に来て15日月に帰った。

 

到着したその足で、TSUTAYAの開店時間10時まで、旧三池海水浴場へ。

短い時間だったがしっかり紫外線にやられてしまった。いま思えば日焼け止めクリームを塗ってやるべきだった。反省。

 

その後の四日間の出来ごと

 

外では

ツタヤでの長時間のDVD選びにつき合い、笹川良一のB&G海洋少年センターのプールでは屋内のプールサイドでの蒸し暑さに耐え、ショッピングモール内のゲームコーナーではあの騒音で内耳を痛め、好きだと云うサーティワンのアイスクリームにAちゃんと同じものを、と注文したらその量の多さに辟易した。

 

写真

旧三池海水浴場三人

 

写真

旧三池海水浴場Hくん

 

写真

B&G海洋少年センタープール@南関町二人

 

写真

B&G海洋少年センタープール@南関町一人

 

写真

生ハムを使ったAちゃんの創作料理

 

内では

リクエストの「じーじ炒飯」、「ソーメン」「蕎麦」を作った。

中でも銘々の「スキレット鍋」で焼いた「ステーキ」は好評であった。恒例になりそう。

味も、ビジュアルもよかったが忙しさにトリマギレついシャッターを押し忘れた。残念。

 

AちゃんMちゃんはそれぞれ5年生と2年生となり、ずいぶん手伝ってくれるようにはなっていたが、それでもいささか以上に疲れ果てた。

 

孫は「来てうれしい、帰ってうれしい」と言うが、年々、後者のほうが大きくなってきている。

コレが「老化」といものだろうと思っているのだが、、、、。

 

 

 

*今日は何の日:戦国の武将、豊臣秀吉没(1598)

*この日生まれの有名人:城山三郎(作家・1927)

*今日の花:たちあおい

*花ことば:熱烈な恋

author:Jさん, category:身辺雑記, 13:13
comments(1), -
買わされてしまった

芥川賞、直木賞は文藝春秋社の販売促進の手段であることから、長年、そんな手に乗るものかと思って来た。

 

が、今度ばかりは節を曲げて20169月号を買ってきた。

お目当てはイマイマシイがまずは「第155回芥川賞受賞 コンビニ人間 村田沙耶香」、そしてもう一つは「総力特集 天皇「生前退位」の衝撃」。

 

写真

 

小説はテレビで紹介された著者 村田沙耶香の「キャラ」が面白かったこと。

特集「生前退位」の方は、虚誕堂家は別に天皇家と何の姻戚関係もないので、何も虚誕堂が心配することはないのだが、この話のもっと先の「今後の天皇制」の行方には少し関心がある。

 

とは言っても、天皇制が「存続」しても「廃止」となっても、どちらでも構わない。

が、これから男系だの女系だのと様々な議論の積み重ねがあるだろうが、そこに興味があるのだ。

 

半藤一利VS保坂正康「我らが見た人間天皇」これから読み始めるとしよう。

 

 

 

*今日は何の日:世界初の完全自動化システムに住友銀行が成功(1967)

*この日生まれの有名人:なし(・)

*今日の花:ジャーマンダー

*花ことば:愛敬

author:Jさん, category:身辺雑記, 17:35
comments(4), -
初めて見た野菜

初めて見た、といっても単に虚誕堂が無知だと言われればそれまでだが、、、、、。

 

糸島の親戚からいただいた野菜のズッキーニ、サツマイモ、獅子唐辛子に交じっていたものなのだが、初めて見るもので、まず果物なのか野菜なのかがサッパリわからなかった。

聞くは一時の恥、お尋ねした。

 

写真

 

お答えは「フルーツゴーヤ」とのこと。

確かに肌はゴーヤだが、形や色はゴーヤから遠く離れている。

調理法は?には「ゴーヤとして食べてください」とのことだった。

 

一緒に送っていただいたマスカットがウィスキーに合ったので、これもウィスキー「白州」のアテとしていただいてみようと思っている。

 

果たして?

 

 

 

*今日は何の日:東京通信工業(現・ソニー)、初のトランジスターラジオ「TR56」を売り出す(1955)

*この日生まれの有名人:司馬遼太郎(作家・1923) 

*今日の花:やぐるま草

*花ことば:幸福

author:Jさん, category:身辺雑記, 14:54
comments(3), -
前歯3本

3本じゃわからない。

 

新しくなったのだ。前歯が3本。

前歯3本のうち真ん中の1本がポロリと抜けたのが6月26日。

ご近所の歯医者さんに行くと、土台である上あごの骨が劣化し割れている。ついてはもう差し歯は作れないとノタマッた。

でも策がないこともない。ブリッジを作りましょう、ということになり6月27日から数えて今日で39日目となるが、「仮歯生活」に終止符を打つことができた。

 

ただ、最初にいろいろ善後策を打ち合わせる中で、「あと10年この世にとどまる予定です」と言い、言外に10年もてば良いと伝えたのだが、医者はいとも簡単に「であれば、そのように作りましょう」とのお答えがあった。

 

医者が名人芸を示してお約束どおりジャスト10年もち、11年目には壊れるブリッジを作ってくれていたら、、、、、。ウッカリ長生きできないナといま気が付いた。

 

でも、まあその時はその時。いろいろ考えても意味がない。

今日は、あの歯を削る音と神経に触る痛さから解放された記念としてウイスキーは「白州」、清酒は「浦霞禅」で喜びたいと思っている。

 

 

 

*今日は何の日:岩波書店創立(1913)

*この日生まれの有名人:高杉晋作(幕末の十六・1839) 

*今日の花:エリカ    

*花ことば:孤独

author:Jさん, category:身辺雑記, 18:03
comments(2), -
無縁仏の墓

今朝の散歩は珍しく北コース(怒縄田以北)を進み里山へ。それもくねくねと細い道を進んだ先で見つけた。

 

初めてのコースではなかったが、これまで気が付かなかった。

里山の民家近くの道路わきの小さなスペースにそれはあった。

 

写真

里山の民家

写真

無縁仏の墓

 

ちゃんと花が活けてある。

おそらく個人ではなく、このあたりの地域住民が共同で管理しているのであろう。

 

無縁仏を墓まで作り、こうも手厚く祭っているのはこのあたりの住民のやさしさのあらわれ。素晴らしいこと。

おそらく大牟田市に併合される前の銀水村時代からのものではないだろうか。

「無縁仏の墓」の存在は、小説、映画では知っていたが目の当たりにしたのはこれが初めてのこと。ちょっと感激。

 

不信心の虚誕堂のこととて、手を合わせたり、念仏を唱えたりはしなかったが、何かいい心持ちになった。

 

 

 

*今日は何の日:東京五輪開催が決定したが、後に辞退(1936)

まだ間に合う!2020年の東京五輪も辞退あるべし!

*この日生まれの有名人:柳田國男(民俗学者・1875) 

*今日の花:かぼちゃ    

*花ことば:広大

author:Jさん, category:身辺雑記, 16:51
comments(3), -
熊本応援

先日、吉田類の「酒場放浪記」を見ていたら、とある居酒屋の柱に「しろ」を飲んで熊本を応援しよう!との張り紙があった。

 

そうだ、この手があったのだ。

そういえば、3年ほど前、熊本市の下通商店街で東北大震災応援の昆布などの海藻類を購入したことがあった。

 

「しろ」とは言うまでもなく熊本が誇る人吉市の高橋酒造の米焼酎白岳「しろ」のこと。

さっそく購入してきた。

 

写真

白岳「しろ」

 

虚誕堂は、いつもの焼酎は芋の「黒霧島」、ごくたまに「一刻者」、思い出したように「赤兎馬」なのだが今回、はあのテレビをみたからには「しろ」とした。

ただ、この「しろ」昔は飲んでいたことがあるが、ちょっとばかし“怖い酒”のイメージがある。というのも旨いのでついつい飲み過ぎるのである。

で、敬遠していたのであるが、これを契機に応援を続けようと思う。

 

さて、今日は日曜日、少し早いがくつろぎの時間としよう。

これから深酒に用心しつつ「独り宴会」を始めることに、、、、。では。

 

 

 

*今日は何の日:芥川龍之介、睡眠薬自殺(河童忌)。36歳(1927)

*この日生まれの有名人:谷崎潤一郎(作家1886) 

*今日の花:誕生花:えんれい草 (Trillum)    

*花ことば:奥はゆかしい心

author:Jさん, category:身辺雑記, 15:41
comments(2), -
揚羽蝶の幼虫なるらん

山椒の枝にきれいな青虫がいたとの家人のつぶやきを思い出して、確認に出てみた。

 

玄関への坂道の石垣の上。行った。見た。驚いた。

まさか一晩の仕業ではないのだろうが、かなりの葉っぱが食べられていた。そして犯人の姿はなかった。

 

その青や緑や紫を身にまとったお姿を撮りたかったのだが、、、、。

きっと揚羽蝶の幼虫だったのではないかと睨んでいるのだが、、、、。

 

写真

写真

 

せっかく出て空振りに終わってがっかりだが、玄関の前に亡父が愛でていたことから我が家での呼称「おじいちゃんの花」が咲いていた。

これは暑い日が続いて急に涼しくなると思い出したように咲く花なのである。正式な名前は忘れた。

 

写真

写真

 

PCが新しくなってサクサク動くようになったので気分よく撮りに出たが残念。

明日、天気が良ければ40ミリと80ミリのマクロレンズをもって近所の公園への散策と洒落てみたい。

 

 

 

*今日は何の日:ポツダム会議開催(1945)

*この日生まれの有名人:青島幸男(タレント・1932)

タレントいい加減な政治屋のはしり

*今日の花:まるばのほろし

*はなことば:だまされない

author:Jさん, category:身辺雑記, 17:59
comments(4), -
Y字路ご用心
昨日、文庫本片手にご近所喫茶店に出かけて驚いた。
事故跡は舗道を乗り越えて止まったことを示している。ゾッとした。
写真

写真

写真
信号の青(正確には緑)は昔から「進め」である。
そして大抵の信号機は「青」の場合、信号機の下は直進・通過出来る。
だがY字路の場合はそうは行かない。

 

交差点に入り、直進が無理だと判ったとき、瞬間、左すべきか右すべきか迷って、時間が無い、ままよ!真中にする!と突っ込んだのカモしれない。
で、そのまま突っ込んでガードの鉄柵を押し倒している。聞けば通行人はいなかったようだ。良かった。
今回のこの事故は、青信号を信じて直進したのだ。何が悪い?というものだが、Y字路で左折も右折も一つの信号機で処理しようとしたところに無理があるのではなかろうか。
左折と右折は時間差をつけて矢印の← と → で流してくれたらこんなことにはならなかっただろう。
この他、高齢者の事故で、アクセルとブレーキを踏み間違えたと云うのがある。
そんなことがあるだろうか?と思っていたが、運転手が身体をよじって後ろを向いてバックするときに多く発生するとのこと。
何の根拠もないが、今回の事故も高齢運転者であった様な気がする。
仲間と運転免許証の返納時期について話をしたばっかりなのでちょっとばかりショックであった。
*今日は何の日:エイズ発見とニューヨークタイムズが報道(1981)
*この日生まれの有名人:深作欣二(映画監督・1930)
*今日の花:けし(白)
*花ことば:忘却
author:Jさん, category:身辺雑記, 11:16
comments(3), -
うらめしや WINDOWS10

昨日の朝、また先日と同じ現象が出た。WINDOWSメールとGoogle CHROMEが動かない。


早い話がWINDOWS10を勝手にインストールされてしまったことからの不具合である。

4回ほどダウン&立ち上げを繰り返したが復旧しない。
で、先日の師匠の指示のとおり、BBIQ(九州電力の光)へTELした。
 

 

たまたま対応した窓口の担当者は推定46歳と6カ月の男性で、「自分もWindows 10にやられて10日ほど経って同じ目にあった。自分は元の7に戻しました」そして「これはBBIQとの接続の問題ではない10のイタズラなのでメーカー(富士通)へ相談された方がいい」とのこと。
その後、担当者氏からTELが来て「キャッシュクリアをしてみてください」のアドバイスだったが、コントロールパネル⇒ネットワークと共有センターをクリックしたが反応なし。
 

 

で、次は富士通のテクニカルサービスへTELしたところ、「お使いの機種はWINDOWS10との相性のテスト(動作確認)の対象ではなくその点は不明です」とのお答えあり。
「お勧めはリカバリーディスクを使って元の7にすることです」とのことでそのリカバリディスクはPC本体のどこかにありますか?と問うたところ「ご自分で作成さておられなければありません」と言われた。
「なお新しくお求めであれば「10」は最初から入っているので不具合はないと思います」とも、、、、、。
 

 

そんなこんなで、いま使っているPCは、富士通が「10」との相性チェックもしない古い機種だと思い知らされた。

が、このPC201111月に購入したものでまだ5年も経っていないのだが、、、、。
マアということで、いよいよ「新しいPC」に乗り換えねばならない。
 

 

が、その前に今度のPCのディスプレイは「艶消しタイプ」と「テカテカタイプ」があるらしく、実地・現物調査が必要となった。
撮った写真の見え方はどちらが好みであるかのチェックである。
 

 

たまたま来週の半ばに夕方、博多駅裏で用事があるので、博多まで出かけることに、、、、。
モノクロ写真にとってどちらの画面が見やすいのか、今から楽しみにしている。

 

 

 

*今日は何の日:わが国最初の元号「大化」制定(645)
*この日生まれの有名人:張本勲(ヒットメーカー・1940)
喝!の人
*今日の花:チューベローズ
*花ことば:危険な快楽

author:Jさん, category:身辺雑記, 07:50
comments(2), -
天下の笑い者もついに、、、、
12日(日)の朝から、祝い事で糸島市を訪れていた。
ちょっと目を離すうちに楽しみだった舛添劇場も終わろうとしている。

福岡の恥、日本の恥である「ケチジ舛添」もいよいよ追い詰められてきた。
それに少しはお役に立ったのではないか?と思われる、毎日新聞 「仲畑万能川柳」 6月9日、10日掲載分を転載させていただく。

弁護士も政治資金で雇いそう   北九州  黄昏桜
収入欄政治資金とある家計   神戸   芋粥
本人が金で集める第三者   東近江   別人28号
当事者が選ぶ公正第三者   さいたま   貸話屋
自腹って言葉が辞書にない都知事   神奈川   荒川淳
あの選挙(とき)は裏の顔まで見えなんだ   名張   単細坊信也
都合よく自分を語る人である   取手   崩彦
来年は何をしている舛添氏   武蔵野   竹とんぼ
舛添も地球も中は謎だらけ   さいたま   影無

しかし不信任は手ぬるい。百条委員会あるべしだったのだが残念。
今日の午後どうなりますやら、、、、。
100億知事となるのか?
もしそうなったら「ゴルゴ十三」氏に連絡を取らなきゃ!と考えている人は多いと思う。



今日は何の日:「上を向いて歩こう」がアメリカのヒットチャート第1位に(1963)
*この日生まれの有名人:細川たかし(歌手・1950)
20年ほど前のこと、北海道は真狩村の彼の記念館にある銅像に手を合わせてきました。
*今日の花:カーネーション
*花ことば:情熱
author:Jさん, category:身辺雑記, 09:17
comments(6), -
「世界」は無かった
過日、京都は「山科」からNHKクローズアップ現代の元キャスター国谷裕子が岩波の「世界」5月号に書いた文章「インタビューという仕事『クローズアップ現代』の23年」が面白いとの情報が、ここ「吉野」に届いた。

さっそく、5月号ならまだ書店にあるだろうと中型書店「積文館」へ走った。
無かった。であればショーガナイその足で市立図書館へ。

開架の棚に1月号、2月号、3月号はあった。
が、当該5月号は無かったので館の職員に訪ねたところ、4月号は貸し出し中、5月号は入荷していないとの答え。

エッ!4月ならともかく5月も11日になって5月号の「入荷ナシ」は解せない。
ナゼ?と聞くと、担当者では分からないと云う。
ならば誰がわかるのか?館長に聞いておきます。
聞いておきますでは時間がかかる。館長をここへ呼んでください。出張中です。

このやりとりを聞きつけて中堅職員が出てきた。
説明させていただきます。実は数年前に「市立図書館」の予算が削減された際に、利用の少ない雑誌を購入停止にしましたが、「世界」はその対象となりました。
しばらくその状態が続きましたが、ある利用者から私が毎月読了後に寄贈しますとの申し出でがあり、その後、その「寄贈本」を棚に並べています。
で、現在開架式の棚に並べていないのは、当該5月号は今日現在、未だ寄贈されていないからなのです。

説明は十分納得できるものだった。大いに納得した。
が、驚いた。「世界」を寄贈に頼るとは!

いま大牟田市は「世界遺産登録」に浮かれているが、「世界」を購入しない「市」なのである。
来年3月は市制施行100周年に当たりいろいろ行事が企画されているようだが、是非、市立図書館の蔵書充実も考慮してほしいものである。



*今日は何の日:間宮林蔵が宗谷海峡探検(1804)
*この日生まれの有名人:安部譲二(元懲役今作家・1937)
*今日の花:チューリップ
*花ことば:愛の表示
author:Jさん, category:身辺雑記, 14:52
comments(5), -
「こどもの日」の決意
今朝起きぬけに、ある写真家さんのブログを読んだ。5月5日の出来事。

タイトル「こどもの日なので・・・」
『お子様ランチを頼んだ。
旗を立ててくれといったのに
籏が無いからと、麦のジュースをつけてくれた』

この3行にシビレタ。なんともほのぼの。

面識はないが歳のころなら虚誕堂のチョイと上、毎日その日出合った人をブログにアップしておられる方。
この日の主人公(被写体)は街のレストランの頑固そうなオヤジ。
きっと写真家Dさんの幼なじみといったところか、、、、。
こういう友人が近くにいると云うのはナントもうらやましい限り。


ところで虚誕堂の「子どもの日」は朝、開店と同時にご近所スーパーに飛び込みテナントの洋菓子屋Kで「ちまき」「柏餅」を求めたことから始まった。
思えば、HAM兄妹が揃って端午の節句に大牟田に居るのは珍しい事。始めてかも知れない。

「ちまき」「柏餅」を持ってレジで支払いを待っているとき、見知らぬ年配のご婦人から、「昔は、チマキも柏餅も家で作ったものです。あなたも作ってもらったでしょう」と問いかけられた。
とっさに昔をアレコレ思いだすのに時間がかかったが、残念ながら家で作ってもらった記憶はなかった。やっぱり近所のお店で買ってきたものだったのだろう。

持って帰って、HAMちゃんズ3人に勢い込んでサァ食べなさいと袋ごと渡した。
喜ぶはずだと思い込んでいた。
が、エー?チマキ?カシワモチ?とあっさりとウッチャリを喰らった。

結局、強く勧めて、それでもなんとか食べたのはAちゃんだけ。
一緒に買って帰ったスイカの人気に負けたようだ。


もし、来年の「こどもの日」にHAM達が大牟田にいたとしても、「ちまき」「柏餅」は絶対に買ってこない!と決意した日となった。



*今日は何の日:ワープロ時代のさきがけ「マイ・オアシス」(75万円)発売(1982)
*この日生まれの有名人:フロイト(精神医学者・1856)
*今日の花:あらせいとう
*花ことば:永遠の美
author:Jさん, category:身辺雑記, 14:15
comments(4), -